プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


昨日は、気温が20℃以上まで上ったにもかかわらず、何となく肌寒さを感じ、夜はストーブに火を入れましたが、今日は25℃を超える夏日となり、暖かさを実感しています。
朝一で今週後半に使う我喫茶きまぐれの看板豆たる『モカ・イルガチェフ・G1・コチャレ』を200g焙煎しました。
先ず、生豆を200gジェネカフェのチャンバードラムに計り入れ、240℃20分にセットし、焙煎開始。
機器の温度が100℃以上にあがる時間を確認。
1分以内なら室温が高め、1分を超えるようなら、室温が低めと判断し、焙煎時間を調節します。
今朝は100℃まで上昇するのに1分6秒かかっていますから、チョット気を付けましょう。
その後順調に温度が上昇し、13分後辺りで一爆ぜの音が確認できました。
その頃にはこの豆特有のフルーティーな香りが排気口から漂い始めます。
14分12秒でヒーターを切り、冷却開始。
余熱で僅かに焙煎が進み、粗予定どおりのミディアムからハイローストに仕上がった模様。
このヒーターを切るタイミングが重要で、前述のように余熱の事も考えねばならないわけです。
キリマンジャロと云う銘柄は、通常タンザニア産のコーヒー豆を差しますが、モカは、国ではなく、イエメンの地名であり珈琲豆を出荷する港なのだそうです。
wukiによると、ここから運ばれる珈琲豆にはイエメン産のモカ・マタリ、エチオピア産のモカ・シダモなどがあるそうです。
けさ焙煎した『モカ・イルガチェフ・G1・コチャレ』は、モカ・シダモの中でも特に良質なイルガチェフ地区の最上級豆。
その芳醇なフルーツを思わせる香りと旨み、そして爽やかな酸味は、一度それを味わうと虜になってしまう程のすばらしさです。
難点は、品薄と少々お高い事。
年金生活で糊口を凌ぐ私には、贅沢ではありますが、もうやめられませんなぁ。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog