fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


4月29日は大型連休の始まりとか、私も3年前までは世間並でしたが、定年退職後の今は金曜日以外ほぼ全て連休中。
皆さん、どこかに観光に出掛けないと済まない気持ちらしい。
ここ山梨は、はっきり言うと観光地ですよねぇ。
両足にガタが来ている私でさえ、10分も歩けば近県で絶滅が危惧されている植物に道端で出会えるのですから。
どこぞの管理された花畑に出掛ける必要など全くありませんが、嫁達に言わせると私が愛でるような野生植物はつまらないのだそうです。
そりゃぁ、色鮮やかな栽培種の花壇には敵いませんが、ひっそりと咲く野生の彼女達だって負けていませんとも。
そろそろキンラン、ギンランが咲くかなぁ?と思い、いつもの小さな谷間に出掛けようとした処、嫁に咎めれ、ついでに資源ゴミをリサイクルステーションまで出してくるように申しつけられた次第。
生憎肝心な野生蘭には会えませんでしたが、春を謳歌するヤマツツジやガマズミのお嬢さん達に会う事ができました。
ヤマツツジのお嬢さん達 ガマズミの白い花
若葉の雑木林
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
先週の心もとない姿と違い、朱色の花が見事に咲き誇るヤマツツジ。
ルビー色の実を実らせようと必死に花開くガマズミの白くて小さな花。
そして林床にはミツバツチグリを始めとしたバラ科の黄色い花達。
雑木林には若葉が茂り、太陽の恵みがいっぱい。
しかし現実の私は、不整地を歩くのに足の痛みをかばうため、相当疲れてしまい、予定の折り返し地点以上遡る事は困難になりました。
車に戻るころ、マニアックな捕虫網を持った方が歩いておられました。
やはり、私達のような人種にとって、ここはかけがえのない自然豊かな観光地なんでしょうね。
現実に戻り、市のリサイクルステーションで資源ごみを分別して昼前に帰宅。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog