プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


先ず、先日皆さまにお教えを願った植物ですが、やっと今日同定が完了いたしました。
実は、対象となる植物の丈が低かったのは、倒木に押し付けられて枝が林床すれすれに曲がっていたためでした。
倒木を外すと、私の背丈と同じくらいの樹高で花の大きさも再度確認すると10mm程あり、葉の形、花弁の状況などから判断し、やはり「カマツカ」だったことがわかりました。
ご連絡いただいた皆様、誠にありがとうございました。
カマツカ   残ったホタルカズラ
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
この連休中、晴天に恵まれるのは今日が最後と考え、いつもの谷間に咲く雑木林のお姫様達に謁見しようと目論んだ次第。
その前に立ち寄ったご近所道端のホタルカズラも田植準備に余念がない農家の皆さまに刈られてしまい、上記カマツカの画像の右隣のように残っているのはごく僅かでした。
道すがら火砕流台地の崖に咲くフジの花も見事です。
フジの花
谷間に入ると、入り口近くにホタルカズラが咲いていました。
この谷間の奥の崖にも自生地があることは確認済みですが、やはり拙宅近くのほうが観察は容易です。
天候が悪化する前触れなのか、膝関節の痛みも増しており、谷を何処まで遡れるか心配な処。
そんな心配をしながら倒木を跨いだり潜ったりしていると、目の前に純白のお姫様が・・・・。
一番逢いたかったギンランの清楚な姿。
更に遡ること暫しで、キジムシロかウマノアシガタかと見紛うように、黄色の花弁の先端に朱を纏い静かに微笑むキンランのお姫様。
今年もやっと逢えましたね。
ギンランのお姫様   キンランのお姫様
来年もその清楚な姿にお会いできるのを楽しみにしております。
キンランは北海道と沖縄県を除き全国で、また環境省指定の絶滅危惧植物としてレッドデータブックに記載されています。
ギンランも全国37都府県で絶滅危惧植物に指定されています。
この谷の上には住宅地、横には新しい道路もできました。
来年、お姫様達だいじょうぶかなぁ。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog