プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


未明から雨が降っています。
久しぶりのお湿りです。
我喫茶きまぐれ、先程在庫が底を着き始めたモカ・イルガチェフ・G1・コチャレを煎豆屋さんへメールで発注。
おそらく今夕ご主人が帰宅がてら、お届けいただける事でしょう。
今週お薦めのスペシャリティ―珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
一昨晩ジェネカフェで200g焙煎しました。
焙煎温度と時間を240℃20分に設定し、チャンバーの温度が100℃に達するまでの時間、豆の色、排気の匂いなどを考慮(笑)しながら、一爆ぜが終わって一呼吸置いた13分48秒でヒーターを切り、以後60℃まで冷却運転。
先程朝餉の後確認した処、ハイロースト程度に仕上がったようです。
先日も投稿したように焙煎後5日目辺りが一番美味しいそうですから、エージングの後が楽しみですが、その頃はだいぶ減っている筈。
いくら珈琲好きでも自家焙煎まで手を染める方はそれ程多くないと思います。
今回は、そんな成り行きを少しお話しようかと考えました。
以前も一部投稿した事がありますが、ご容赦ください。
今から四半世紀近く前、それは某生活協同組合の共同購入からはじまりました。
大手ではない、珈琲会社の各種焙煎豆を取り扱かっておりました。
ある時、本物志向と云う触れ込みで、珈琲豆を自分で焙煎してみませんかと云う案内広告がはいりました。
焙煎用の小さな手網とキリマンジャロ生豆がセットになり、1,000円で充分お釣りがくる程度でしたから、やってみようと即注文。
手網焙煎も初めてみると結構面白く、焙煎直後豆を挽いてドリップすると感慨深い思いもして悦に入ったものでした。
以後暫く同生協から生豆を取り寄せておりましたが、いつしか注文書に珈琲生豆の欄が消え、その小さな珈琲会社の製品の代わりに某大手珈琲会社の焙煎豆に替わっておりました。
もちろん手網があるわけですから、珈琲豆の焙煎をしたいわけですよね。
同生協曰く「注文が少ないから取り扱いを止めた」との事。
私の勤務先であろうと、普通そのような場合、それなりの代替措置を講ずるか、きちんとした説明を消費者にするのは、メーカーとしての最低ルール。
それを一方的に何の前触れも無く反故にした生協に腹が立ち、その後生協と云う業種を信じられませんでした。
最近、私も丸くなったのか、嫁が再び別の生協から食品等を購入したいと云うので、やむなく了承しましたが、心の何処かに生協に対する不信感は残っています。
珈琲豆については、ご近所筋向いに煎豆屋のご主人がお住いだった事を思い出し、お店で焙煎する生豆を分けて欲しいとお願いした処、快諾していただき現在に至るわけです。
その後20年近く手網焙煎を続けておりましたが、キッチンにチャフが大量飛散する事が嫁の逆鱗に触れ、ジェネカフェを用いた機械焙煎に切り替えたわけです。
手網焙煎を続けていたお蔭で、珈琲豆の焙煎についても多少拘りと持つ事ができ、今も試行錯誤ですが、美味しい仮想自家焙煎珈琲店、「喫茶きまぐれ」を目指しております。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog