プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


いよいよ6月夏が来たって喜んでいますが、昨日5月31日は県税たる自動車税の納付期限。
私のAZオフロードは、軽自動車ゆえ、同じ地方税ですが、市町村民税にあたります。
一月位遅れて支払い隷書が参ります。
車齢14年目にはいるので、恐らく税金も高くなる事が予想されます。
4月には車検が有って、自動車重量税とやらも取られましたし、自動車保険も・・・・。
オマケに任意保険も・・・と、自動車関連でこれだけ多くの税金やら保険料とか取られます。
かと言って、当地田舎ゆえバスも電車も来やしない。
唯一自家用車が足ならぬ杖代わり。
医者に行くにも買い物も同じ事。
自動車関連費用を必要経費として計上できるようにして欲しいですね。
都会では、メトロもE電も数分間隔で走ってますもの、絶対不公平です。
タクシーったて、少ないし、第一田舎じゃ都会みたいに流していませんよ。
だから道路を整備して楽に車で移動できるようにして欲しいもの。
それを無駄な道路だと一刀両断に決めつけられたら敵わない。
ならば、道路の代わりにメトロを縦横無尽に数分おきに走らせてくだい。
遥かに無駄だと云われる道路作った方が安いでしょ。
自動車は必需品、お飾りじゃないんだから、長く使って費用を抑えねばなりません。
その方が新しい車を作るより遥かに環境負荷も少ない筈。
しかるに車齢13年を超えた車の自動車税を上げ、環境負荷の小さな新車への買い換えを促すとか・・・自動車業界と結託した御上の仕打ちは酷すぎる。
きちんと自動車を整備して使えば、環境負荷も少ない上、整備費は地元に還元されるから経済効果も大きいのです。
そうそう、車の整備よりも我身の整備を忘れておりました。
眼科の精密検査(眼底検査)を3カ月毎に受診するのですが、既に4カ月目に入っております。
幸い、今日は曇りがちで、良い天気(眼底検査なので曇り空が良い天気)。
両眼の瞳孔を開き、網膜が剥離していないか、その兆候を調べます。
眼科クリニックは拙宅より坂を下った割と近い場所ながら、歩いて行くわけにはゆかず、当然車の運転が必要になります。
眼底検査の場合、終了後半日程瞳孔が開いたままになるので、眼に入る光の量を調整できず、大変な思いをしますが、運転する場合更にキツイわけ。
そこで登場するのが、クリップタイプのミラーサングラス。
これで短距離短時間なら、何とか運転が可能なんですよ。
だって、上記の如くタクシーもメトロもバス、電車なんてあるわけないじゃない。
杖君1号に頼って歩いてるんですからねぇ。
肝心の検査結果、左目の白内障が進んでいるが、両眼とも網膜の状態は安定しているとの事。
次回も3か月後に眼底検査を行うそうです。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog