プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


時々日も差し、蒸し々してても、思ったより気温も上がらず、そんな梅雨空の一日。
嫁は、38度線南側の国のDVDドラマを視ている間に掛けるレコードは、ブルックナーの5番。
クナのブル5
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
ハンス・クナッパーブッシュ指揮、ウィーンフィルの演奏。
「四万十のみっちゃんえっちゃん」さまのブログを拝見していて、久しぶりに私も聴いてみようと思った次第。
1956年の録音だそうですが、今でもCDに復刻されているそうです。
ブルックナーが残したスコアは、何度も改訂が繰り返されていて、現在は皆こぞって原典版回帰だそうで、より第1稿に近い演奏を求めているそうですね。
指揮者のクナッパーブッシュは、あくまで作曲者の意志を重んじて、あえて原典版ではなく、改訂版を使うのだそうです。
この演奏に使われた楽譜は、シャルク版と言い、第4楽章が大幅にカットされているそうですが、シロートの私にはどうでも良い事。
彼が指揮したブルックナーのレコードは、この5番の他、3番、4番が拙宅にもあります。
何れも悪名高き、改訂版(笑)ですけどね。
この辺りの曲は後期の8番や9番に比べ比較的分かりやすいのも魅力の一つ。
クナの5番全曲がみつからなかったので、オットー・クレンペラー指揮の演奏をYoutubeから貼っておきます。

1968年ウィーンフィルとの演奏だそうです。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog