プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


昨日我嫁宛にこんな葉書が届きました。
「総合消費料金に対する最終告知のお知らせ」だそうで、法務省管轄支局 民事訴訟管理センターだぞうです。
そう、もちろん詐欺行為を働く不逞の輩からの葉書なんですが、嫁は相当焦ったらしいわけです。
どうする?と聞くので、一応警察に電話させましたが、やはり先方は詐欺じゃないかと云う回答。
但し、はっきり詐欺だとは言わなかったとの事。
警察ダイジョウブ???。
法務省管轄云々でググるとここに辿り着きました。
皆さまにも、ご注意いただきたく、其の文面を公開いたします。
詐欺葉書
サムネイル画像をクリックしていただき、大きな画像でご覧ください。
昨日到着で期限が今日までとなっています。
身に覚え??が有る方など、焦って電話を知っちゃったら向こうの思う壺。
宛先にしっかり拙宅の住所、嫁の名前がプリントされています。
どう見ても市販の宛名ソフトとインクジェットプリンターで出力した物の様です。
何処ぞから嫁の個人情報が流れているんでしょうねぇ。
こりゃ完全に名簿として、年齢までも掌握されちまってますなぁ。
60代の女性相手にこんな文書を送りつけるわけですが、元手も葉書代62円、プリントするインク代、作業に要する手間賃・・・?相当な枚数でしょうが、これでもしかすると、一人ぐらい引っ掛かれば、儲かる仕組みかなぁ。
この作業に費やす時間を真面に働けば、直ぐに稼げる金額だと思うのですが。
世の中暇な方が居られるんですね。
毎回手を替え品を変え、このような詐欺の手口を働く頭の良い方が、沢山いるそうです。
皆さま、くれぐれもご用心ください。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog