プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


雨が降る中、9:00から拡張型心筋症月一の定期予約診療を受診。
血圧130/78、PTINR値2.6、心音他異常なし、と云ったいつもと同じような判定。
ワーファリンが良く効いています
ワーファリンが良く効いている証拠がこの画像。
先日は右手首辺りでしたが、今回は左上腕部、夏は袖が短いので私本人が気づかない内に内出血を起こしたようです。
大分癒えてきましたが、チョットミットモナイ青痣。
こんな痣の痕が体中に有ると思います。
公序良俗上これ以上の画像は、ご勘弁ください(笑)。
現状維持が大切なので、これで良いのでしょう。
今月中旬、県に提出する特定疾患受給者証更新手続きに用いる診断書、臨床調査個人票ができ上り、主治医よりいただきましたが、診断項目が従来よりだいぶ多くなったため、料金が以前の3,000円から5,000円に値上がりしました。
これも全てアベ首相の責任なのですぞ。
ご自身が難病と闘っておられるため、難病患者を広く救済しようという考え方は良いのでしょうが、それに伴う予算が余り増えなかったため、従来からの患者をふるいに掛けて、その分患者の自己負担を増やそうという魂胆。
月曜日は一緒に提出する住民票や所得証明書を市役所に赴き、発行して貰います。
この費用は、全額公費負担になるのですが大した額じゃありません。
膝関節症による痛みが増してきたため、循環器科クリニックでの診療が終わった後、拙宅に近い整形外科に寄りました。
膝関節の水腫も少し引いているようなので、もう暫く様子を観ようという診断。
いずれ人工関節置換術を受けることになるのですが、70歳頃まで待った方が良いとの話。
循環器科主治医は、それなりの段取りを踏めば上記手術も問題ないと仰りますが、執刀する整形外科の方は・・・・・やはり??らしいのです。
気分を替えて、今週後半から来週に向けての珈琲は、喫茶気まぐれ一押しの「モカ・イルガチェフG1コチャレ」を焙煎して淹れています。
ジェネカフェを240℃に設定し、焙煎豆の焼色、爆ぜる音を頼りに比較的浅煎りに焙煎します。
焙煎開始13分過ぎ、一爆ぜが最高潮に達した頃、この豆特有の香りが漂い始めた処を見計らい、余熱で焙煎度合が進む事も勘案して・・・・???。
焙煎後一日置いて、昨日朝のテイスティングでは、目論見どおりの酸味と香りでした。
今日になると更に旨みが加わり、商売敵のプロの店にさえ引けを取りません。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog