プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今日は、金曜日なのでリアルなオシゴトで出勤日。
何時ものように勤務先近くのコンビニでアイス珈琲を買い、国道沿いの駐車場で一休み。
収獲を待つ桃の袋
春、沢山の花を付けていた桃の木には、実一つづつ紙の袋が掛けられ実が熟し収穫の時期を待っています。
木の下には摘果された桃の実が沢山落ちています。
桃の木毎、枝一本ずつ、成らせる実の数を制限して、高品質の桃を育てています。
ヒルガオ
ラボ近くの駐車位置にAZオフロードを停め、辺りを見回すとヒルガオの花が幾つか。
先週まで、大量の作業標準を担当者や担当課長に回覧し、押印を求めたモノが帰ってきましたよ。
これを必要な個所に配るために、私も確認印を押印し。必要なだけコピーを取ります。
コピーには正式に配布する旨の朱印を押し、現場用にラミネートフィルムで包みます。
半分壊れかけているラミネーターを宥め賺し、何とか終了と一日仕事。
ルーティン作業に嫌気がさした頃、急いで帰途に付けど一時間以上の通勤時間は堪えます。
ショパンのエチュード
やっと帰宅すると、先日ポチッたショパンのエチュード作品10と25全曲が届いていました。
エチュード10と20のレコードはウェルナー・ハースの弾くレコードを聴いていますが、お手軽に聴こうと、CDを物色。
ショパンならルービンシュタインが好きなのですが、彼はエチュードが嫌いらしく、ショパンの全集版にもこれがありません。
手元にゲザ・アンダやバックハウスが弾く作品25のCDは、ありますが作品10が無かったので・・・。
アンドレイ・ガブリーロフの古い演奏ですが、中古CDが149円で某通販サイトに在りました。
もちろん送料の方が遥かに高く350円也、トータル499円とチョット???ですが、昔のレコ芸推奨盤はさすが、テクニックも音の粒立ちも良い演奏。
少しケースの片側の縦面の印刷が、日焼けで消えかかっていますが、CD本体には全く損傷ありません。
いつか私の亡き後、CDコレクションも中古市場に並ぶと良いのですが。

Youtubeから作品10の全曲演奏を貼っておきます。
月並みですが、10-4好きです。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog