プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


昨日の生ゴミ絞るお話、皆さまからコメントをいただき、「乾燥させて捨てている」と云う実践報告をいただきました。
生ゴミの種類によって向き不向きもありそうですが、とても良いコメントをありがとうございました。
そして、もう一つ、生ごみを絞る際、切っておいた古新聞の上に置いて絞ると、手にゴミがつかず、きれいに絞れるそうですよ。
本当に皆さまありがとうございました。
いずれにせよ、Reduce(リデュース・ゴミを減量)する事は、Refuse(リフューズ・ゴミになる物を買わない)、Reuse(リユース・容器などを再使用する)とならび、環境負荷を軽減する生活を送る場合、重要な事です。
これは、3Rと呼ばれています。
これにRecycle(リサイクル・他の用途で再使用する)を加えて4Rとしていますが、はっきり云って、逆に環境負荷が増大する事がありますので、あくまでも私の考えでは、推奨できかねない事があります。
今日は、そんなRecycleについて考えてみましょう。
なぜ私がリサイクルを嫌う???のかを申し上げたいと思います。
例えば、ペットボトルですが、リサイクルして再利用するにしてもフリース素材程度、或は縫いぐるみの中綿に使う程度です。
ペットボトルを分別して洗浄後、加熱して溶かしますが、そのための燃料も多く必要ですし、作業中に発生するガスも怖いですね。
ペットボトルも洗って再利用(リユース)すればよいのですが、一部生協や一部スーパのクローズサーキットで試行されている程度です。
ドイツでは、結構プラスチック容器のリユースが行われているそうですね。
コーラや清涼飲料水の販売も以前は、リユースが前提のガラス容器で成されていましたが、消費者も重くて割れやすく、リユースしなければならないガラス瓶を嫌いました。
メーカー側も回収費用が掛からず、ゴミとして処理できるため、現在は殆どペットボトルやアルミ缶等のワンウエイ(片道利用)容器に変貌しました。
元々、ゴミとして捨てられる物をリサイクルするのには無理があります。
本来燃やしてサーマルリサイクル(熱源として利用する)方が環境負荷も小さい筈だったのですが、燃やしたときに発生するダイオキシン等のため、あえてリサイクル・・・??らしいですね。
このブログでも、もう何度も取り上げた問題なんですが、新しいお客様もいらっしゃいますから、投稿させていただきたいと思います。
と云うわけで、次回に続きます。

何の脈絡もありませんが、急に聴きたくなったのは、メンコン?と云ってもバイオリンじゃなくピアノですけどね。
この曲、メチャカッコいいのです。
小菅優さんの演奏でいかがでしょうか。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog