プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


昨日の続きです

今日も昨日の続きでリサイクルのお話。
リユースとリサイクルを混同されている方が多いようなので、説明いたします。
着れなくなった衣類や、読み終わった本を、集め再販売するのはリユースショップ。
ハー〇オフ、ブッ〇オフは、リサイクルショップじゃなくて、リユースショップですね。
空の牛乳パックを集め、トイレットペーパーに再生するのがリサイクルです。
リユースとリサイクルの違い、全者は再利用する、後者は全く別の物に加工して使う。
この違いです。
リユースとリサイクルとでは、掛かるコストや環境負荷が全く違います。
例えば、ガラス製のビール瓶なら、何度でも洗ってそのままビールを詰めて販売できます。
しかし、缶ビールを飲み終えて、リサイクルしても同じ缶ビール容器には再生できません。
ビールなどのアルミの空き缶を集めて、電気炉で溶かしてから、アルミサッシなどの建材に使われます。
紙類も同様です。
上質紙、ミックスペーパー、段ボール、新聞紙など、種類毎に分けてから薬品で溶かし、パルプを作ります。
しかし、再生紙を溶かして作ったパルプは繊維が短いため、100%再生紙は、強度が弱く、バージンパルプと混合して使われることが多いそうです。
強度が落ちると、同じコピー用紙でも紙詰まりの原因になったりして評判が悪いですね。
再生プラスチックも同様にいろいろなプラスチックが混ざっているため、どうしても発色が悪かったり、強度が落ちてしまいます。
そのため、強度を必要とする部材に使う事はできません。
紙やプラスチックを再生する時、前述のように薬品を使ったり、高温で溶かしたりするため、環境負荷が増大する恐れもあります。
それ以上に、リサイクルする場合、多くの人手や工程も複雑になりがちなので、コスト(お金)が掛かります。
一番酷い例は、核廃棄物のリサイクル(再処理)・・・プルトニウムを取り出して・・・????。
みなさん、どうでしょう、ペットボトルやアルミ缶に入った清涼飲料水、缶ビールどうしましょう。
できるだけリユース容器を使いたいですよね。
でも、リユース容器は、重いので、輸送に費やすエネルギーや人手更には、輸送中に発生する二酸化炭素も増える事も懸念されます。
結局リユースとリサイクル、その捉え方によって、どちらが良いのか変わって見えてしまいます。
さて、お口直しにYoutubeから、スビャトラ・フリヒテルの十八番、ベートーベンのピアノソナタから、熱情を貼っておきます。

私が所有するレコードの録音と違い、1960年、当時のレニングラードで録音されたライブ音源だそうです。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog