プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


昨日焙煎した「ポピュラーなブレンド」、フルシティ・ローストに仕上げましたが、今朝モカ・シダモG4の残りを全てドリップした後にテイスティング。
フルシティですが、余り煙たい感じも無く良い仕上がりです。
はっきり言って、すっきりと飲みやすい珈琲に仕上がりました。
少し濃い目に淹れると、爽やかさが増してくるのでは?と思います。
生豆200gあたり、200円以下(税込)ですから文句を言えません。
この処、暑さが増してきている山梨県地方。
そのためかどうか分かりませんが、この一月余り「おとぼれ」が多くなりました。
この「おとぼれ」は、甲州弁(山梨の方言)の標準語で、葬儀等の事を差す言葉。
今日ネットをググって初めて絵知ったのですが、「おとぼれぇ」とも云うそうです。
語尾の「ぇ」の有無、これは「れ」の音を伸ばすのではないかと・・・・。
つまり、この処葬儀が多く年金生活者にとっても、余り義理を欠くわけにもいかず、物入りです。
今もアルバイトでバーチャルおよびリアルなオシゴトを続けている勤務先同僚の父親や奥様の葬儀。
ご近所で生前の父がお世話になった方、そして義兄(嫁の兄)の義父の葬儀が立て続けにありました。
一番「すさまじかった」のは、上記ご近所と義兄宅の事。
同じ葬儀社の同じ担当者が仕切っているようで、葬儀の日程表に????のエラーを発見。
ISO9001の事務局などを営業しておりますと、チョッとした文章のあら捜しが日常となっております。
昨日喪主(義兄)よりいただいた日程表、斎場へのバス送迎サービスの欄に明らかに、ご近所の葬儀と同じ日付が明示されております。
こちらの葬儀日程表、明らかにテンプレートが用意され、これを書き換えて使っているものと思われます。
その際、前回使ったご近所の葬儀日程を上書きする形で作成したのでしょうが・・・・。
一応義兄に伝え、訂正を依頼するように要請いたしました。
最後に再度上記甲州弁「おとぼれ」の解説。
同甲州弁標準語では、消える、命が尽きる(死ぬ)、蝋燭や線香が燃え尽きる等の事象を「とぼれる」と表現します。
死と葬儀の関係、ここから派生した言葉であろうと思われます。
しかし、最近では、「おとぼれ」或は「おとぼれぇー」も私達の年齢以下の皆さんには通じない言葉になってしまいました。
方々皆、お葬式と仰います。
核家族化が進み、古老よりの地域文化の伝承が途絶えてしまった事を、また一つみつけてしまいました。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog