プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日は山の日

今日は8月11日山の日と云う祝日ですが、2016年つまり今年で2回目なんですね。
ちょうどお盆休みの前なので、今日からお休みの企業も多いそうです。
私が定年退職後も扱き使われているアルバイト先ですら、きょうから盂蘭盆会の休暇。
尤も16日からは通常業務に戻ります。
私も18日金曜日から、いつものように週一出勤し、16日からバーチャルな環境でのオシゴト再開と云った処。
さて、山の話ですが、以前山屋さん(山岳関係者)の皆さんとも自然保護関係でお付き合いがありました。
以前何度も投稿した事がありますが、1985年から18年間に渡り、山梨県知事委嘱自然監視員と云う肩書(笑)を戴き、ライフワーク?である、山野を彷徨う活動を行っておりました。
その折、当時山岳県である山梨の各山岳連盟の精鋭達がこの活動の目付け役??というような形で参画されたわけです。
それ以外のメンバーには、私のような野生動植物に関心がある者など、様々な自然保護関係者、そして、唯自然が大好きと云うシロートの皆さん。
これらの人々が山梨県自然監視員連絡協議会と云う組織を作り、年に二度程合同で啓発活動をする以外は、各々がパトロール等を行えばよいと云った、いたってユルイ活動でした。
山屋さん達と酒を酌み交わしながら、いろいろな遭難事例とその対応策、ザイルワーク、等をお教えいただきました。
山岳遭難した方のご遺体(原型を留めないような)を山中より搬出する方法など、と云った悲惨な事細かな事例も知り、私は絶対遭難すべきでないと、悟りました。
山岳救助に於いて、体が雨に濡れた場合は、遭難したものとみなす。
雨で体が濡れると、体温を奪われ、生命の危機に陥るからだとか。
15:00には、全ての活動を終了しなければならない(冬季等直ぐに気温が低下し暗くなる)。
書面に注意事項が明記されずとも、野外活動では、行動食、雨具の用意は必須である。
私達は兎も角、「フツーの唯自然が好き」と云う皆さんには、理解できない事が多く、文句ばかり言われる始末。
結局そんな皆さんは2年の任期が終わると止めてしまいます。
残ったのは、私達のようなチョット毛色が変わった、各方面のセミプロ??ばかり。
林道を一年中走る山岳ライダー、キノコ等菌類を研究して博士号まで取得した人、大酒飲みのプロ?、医師、などいろいろな方がおられました。
そんな皆さんとのお付き合いで、いろいろな事を教えていただいた事が、今も役に立っています。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog