fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


今朝の韮崎アメダス、最低気温は16.5℃と昨日よりだいぶ冷え込みました。
さすが暑がりの嫁も窓を閉め、冬のカーテンも閉め切っています。
そのため、鳥の声もあまり聞こえず、静かな朝で少し寝過ごしたり・・・・・。
これも放射冷却現象のなせる業。
朝から久しぶりの青空が広がる山梨の初秋。
もちろん日中は真夏日ですが、湿度も低く快適な空気。
最高気温は30.7℃と日格差は、14.2℃もありました。
これから秋が深まると、更に日格差が広がり、20℃以上になる事もあります。
もう暫くで、山梨の主要白ワイン原料の甲州種も糖度を上げ、今年も良い白ワインが期待できると良いですね。
こんな昼下がりに聴こうと引っ張り出したのは、ハイドンのピアノソナタ集。
ワルター・オルベルツによる古い全集から、3枚目冒頭のソナタ第20番、変ロ長調Hob.XVI-18を聴いています。
IMG_5651.jpg
第1楽章アレグロモデラート、第2楽章モデラートと2楽章構成の小さな曲ですが、病み上がりには、心地よいピアノの音色。
ドビュッシーの前奏曲も聴こうとプレーヤーのトレイに載せましたが、最初の1小節目でギブアップ気味。
で結局ハイドンに成った次第。
この曲をしっかり耳に刻むべく、何度も繰り返し聴くわけですね。
折角聴くのですから、BGMに終わっては、勿体ない。
2楽章併せても8分20秒程なので、繰り返し聴く内に段々とその曲の良さが分かります。
レコードと違い、CDですから、リモコンで簡単操作。
弟子のベートーベンさんのソナタに比べると、単純で面白みに欠けるように思えますが、良い曲ですね。
Youtubeにリューボフ・チモフェーエワさんの演奏がありましたので貼っておきます。

お暇ならお聴きください。
とても愛らしくて素敵ですよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog