FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


風邪にご用心

ハロウィンなので、孫達のお菓子を用意しておりましたが、彼らのパパが熱を出したようで、今夜はオアズケ。
そしたら、我嫁も風邪を引いてしまったようです。
雨の中、ハサカケした実家の稲束にシートを掛けた事が災いしたとの事。
寒暖の差が激しさを増しています。
今日の韮崎アメダス、今朝の最低気温は1.5℃と、今期一番の寒さでしたが、日中の最高気温は、15.7℃まで上りました。
風もなく、室内はポカポカでした。
甲府の気象台からは初霜の便り、皆さまも寒さ対策と風邪にご用心ください。
さて、今週後半の珈琲は、タンザニアエーデルワイスをミディアムローストで、ご用意しましたよ。
タンザニア・エーデルワイスをミディアムロースト
いつもは、シティからフルシティで焙煎しているのですが、たまには軽めに煎ってみました。
一杯のんでみると、これも良いんじゃないかなぁ。
がツンとくる苦味は、弱いのですが、何となくフルーティな酸味と軽い苦味が溶け合っていますよ。
やっぱり明日以降が楽しみ、と云った塩梅。
外孫1号
こちら、生後2ヶ月が過ぎた初の外孫の画像を娘がウェブアルバムにアップしたので、お借りしました。
もう滅茶苦茶可愛いと、爺婆二人喜んでおります。
スポンサーサイト
今朝の新聞の一面を見て驚きました。
私も主治医に処方していただいている、背中やお腹に塗る痒み止めに使う保湿ローションなどの話。
ビーソフテンローション0.3%
以前web上で、検索した結果、このローションを化粧水代わりに使っている女性の話は良く知っていました。
しかし、新聞報道までされる程、問題視されているとは、思いもよらない事です。
だいぶ前の話でしたが、この保湿剤の効果は、1万円以上の化粧水の何倍もの有効成分が含まれているので、皮膚科で乾燥肌の治療薬として処方してもらい、常用していると、云った内容でした。
先発医薬品の名称は、ヒルロイドと云う名がついています。
価格は1,185円、これが健康保険適用で、360円だそうです。
前述のように価格対効果がすこぶる良いため、本来の処方目的ではなく化粧品として使っている方がおられるそうですね。
私の場合、毎月一度の処方でローション1本だけですが、化粧品として不正使用されている方は、沢山処方してもらっているとか。
私が使っているローションの価格は、ジェネリック医薬品ですが、健康保険適用で160円位らしいですね。
問題は、これによって93億円もの健保財政や税金への圧迫が生じるそうです。
必要に迫られて、このような保湿ローションを使う私達にも制約が及んではかないません。
絶対に化粧品として保湿ローション等を使わないでいただきたいものです。
そして、保湿効果が高いと云う事は、それだけ医療用成分が多く含まれているわけで、化粧品として、一度に大量使用した場合、非常に危険を伴う事を承知しなければなりません。
化粧品なら、それなりに成分を緩和したりするための成分も添加されているわけで、その分高価にもなりますし、保湿成分も少なくなっている事でしょう。
時々投稿するように、私の場合、ワーファリンを服用している関係で、保湿ローションの主要成分であるヘパリン類似物質が、相乗効果を表し、PTINR値を押し上げるために血液の凝固作用を更に低下させ、体内に内出血を生じさせる危険を伴います。
内出血を起こしたら、ねぇ・・・・・血が止まらないから死んじゃうわけです。
私は、風呂上りと朝の着替えの際、一日二度患部にこのローションを摺り込んでいます。
これ以上だと問題が発生しかねないのです。
塗り薬と、安易に考えるとエライ目に遭う事必至。
くれぐれも化粧品として、常用していると、取り返しのつかない結果になりかねませんよ。
4ヶ月前に蓄音機に耳を傾ける犬印の通販サイトで、ポチッたシベリウスピアノ作品全5枚のCDが先程やっと届きました。
ナクソス盤ですが、発注してからプレスしたのでしょうか。
IMG_5737.jpg
作品24-9や75-5、99-3あたりは、メチャ有名で、メロドラマなんぞのBGMに使われることがある程メジャーですが、その他いろいろ全部聴こうなんて物好きは、そうそう居ないようで、現在なんとか全曲演奏として入手可能なCDは、こちら「ホーヴァル・ギムセ」さんと仰る方の演奏のみらしいのです。
この方、ノルウェー出身の若手ピアニストだそうです。
ナクソスさん、結構若手の演奏家を集めて、マイナーなCDを沢山作っているようですね。
ついでだから全部聴いちゃえって、浅はかに考える私のような人間には有難いメーカー。
チーユンさんが弾くペンデレツキのバイオリンコンチェルト第2番メタモルフォーゼなんぞ、作曲家から献呈を受けた、アンネ・ゾフィー・ムターさんと双璧を成すような(私は勝手にそう思っている)演奏も持っております。
4枚目
AZオフロードや、キッチンのCDラジオで聴くため、全5枚全曲をMP3データに編集した後、デンオンのCDプレーヤーに入れて聴いているのは、こちら第4集のCDです。
作品75の樹木の組曲もこの1枚に入っていました。

Youtubeから舘野泉さんの演奏で作品75-9樅の木を貼っておきます。
当地山梨に台風がやって来るのは、今夜だそうです。
雨が降らないと困りますが、こんなに降り続くのも珍しい事。
日照時間が少ないので農作物の管理も大変です。
そろそろお日様に頑張ってもらわないと困りますね。
サンアウグスティンスプレモ、昨日から飲んでいますが、そろそろ本来の味。
シティローストでしっかりした苦味、その中からほのかな甘みを感じる事ができます。
やや深煎りですが、豆をケチらず使う事が美味しく飲む秘訣。
今朝から小雨が降ったり止んだりを繰り返しています。
気温も10℃をやっと超えて程度で、エアコンが活躍中。
沖縄近海には台風22号サオラ―さんが頑張って、北上する機会を狙っているとか。
月曜日30日頃には当地に近づくかもしれません。
先の21号に比べ勢力自体は弱そうですが、秋雨前線への影響は変わらず雨が心配。
22号
こちらが気象庁からお借りした、サオラ―さんの台風情報。
今日も朝から孫達3人が拙宅にやってきましたが、そんなサオラ―さんの影響で降る雨のため、表で遊べず、屋内で大騒ぎ。
1番

2番と3番
彼らが帰宅した後は、まるで台風が過ぎ去った後のような静けさと、一抹の寂しさ。
まあ、近くに住んでるからまたすぐやって来る(笑)。
週一のリアルなオシゴトとその通勤に疲れ、帰宅途中珈琲で一休み。
4ヶ月も前にポチッた、シベリウスのピアノ作品集5枚がやっと揃ったから金を払えと、蓄音機の朝顔に耳を寄せる犬印の通販会社。
慣れぬ支払伝票を発行するため、牛乳缶印のコンビニに寄った後、最後の試練は、イ〇ン系列の廉価スーパーでインスタント麺を買おうとした時でした。
レジがプッツンして、一台の手打ちレジのみ稼働らしい。
店の中グルグルとレジ待ちの列。
途中で、やめて帰ろうかと何度もおもったけど、ここまで並んだからには、引き下がれません。
結局行列1時間近くと、人件費が高く付く高いインスタント麺。
嫁も実家の手伝いや孫達の世話で、お疲れモード。
結局夕食は20:00を廻り、私、嫁、二男3人で外食と相成りました。
行きつけのオサレな中華屋「中華ごはん かんざし」へ。
いつものように「きょうのごはん」と云う定食メニュー。
回鍋肉、黒酢酢豚、鶏肉の甘辛炒めをシェアしながら食べてお腹いっぱい。
お手洗いにはボサノバが流れ・・・・・。
シェフは踊るように、忙しく跳ね回る????オープンキッチン。
ごちそうさまでした。
一昨日焙煎したばかりなのに、つい美味しくて、モカイルガチェフG1コチャレを飲みすぎてしまい、豆が底をつきはじめました。
明日からは、別の珈琲豆を用意しなければなりません。
選んだのは、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモを200g
いつものようにジェネカフェを240℃に設定し、一爆ぜが終わった辺りから、豆の色、匂いを確認しつつ、二爆ぜの音が始まり、最高潮に達する前にヒーターを切り冷却しました。
僅かに油が浮く豆もありますが、これでいけそう。
コロンビアサンアウグスティンスプレモ
久しぶりの青空、郡内の河口湖測候所から富士山が「初雪化粧した」と云う発表を聞き、二階のベランダから富士を仰ぐと中腹から山頂に掛けて白く雪化粧しています。
気象台からの「初冠雪」は、良く聞きますが、「初雪化粧」は、初めて耳にする言葉でした。
初雪化粧
相変わらず電線が横に何本も走り、見にくいのですが、このように雪化粧した富士山を観る事ができました。
なぜか、脳裏に浮かんだのは、韮崎の「うさぎ屋」さんの大福餅が食べたいと云う誘惑。
韮崎市繁華街にある小さな和菓子屋さん。
ここ山梨で、なんと駐車スペースが2台分しかない小さなお店。
兎に角、車が無いと何処へも行けぬ山梨県。
「うさぎ屋」さんに行くのも勿論、皆車。
案の定、小さな店の前の県道は、多くの違法駐車の車で両側一杯。
皆さんお目当ては、もちろん大福餅あるいは餡ドーナツ。
ウイークデイにも拘わらず、考える事は皆同じでもうタイヘン。
駐車場が丁度上手く空いたので、AZオフロードをねじ込みお買い物。
うさぎ屋さんの大福餅
保存が効かない大福餅ゆえ、二つだけ買って帰り、既に我腹中に収まりました。
因みに嫁は、歯に付くのが嫌いらしくダメだとか。
そして、キッチンのCDラジオから流れるのは、菅佐知子さんのセカンドアルバム、「デディケイション」とファーストアルバム「月の光」です。
dedication.jpg

月の光
Ama〇onで探すと、デディケーションの新品は何とプレミアが付いてる?なんて凄い!!。

そんなワケで、セカンドアルバム「デディケイション」のアルバムタイトルにもなっている、
彼女が弾くシューマン作曲、リスト編曲のデディケイションをYoutubeから貼っておきます。
珈琲の美味しい飲み方。
皆さんそれぞれ好きな珈琲があると思いますが、チョットだけ基本をおさらいしませんか。
一番大事なのは、珈琲カップ、珈琲サーバー、ドリッパーなどを熱湯で温めておく事です。
次に新鮮な豆を使って珈琲を淹れましょう。
皆さんが馬鹿にするインスタント珈琲でも、封を切ったばかりで、初めて淹れた時、これがインスタント??と、驚かれる事がありますよ。
私だって、リアルなオシゴト中のお茶の時間は、もちろんインスタント珈琲をもっぱら愛飲しています。
個包装されたスティック状の製品をその日の気分に合わせて選びます。
焙煎された珈琲豆をお求めになる場合、できるだけ回転が良いお店で買うのが必須条件。
今は、生豆を選び焙煎度合まで指定できる珈琲豆店もありますから、それを利用されても良いでしょう。
本当は、珈琲を淹れる時に豆を挽いて使う事をお勧めしたいのですが、珈琲ミルが無いと挽けません。
珈琲を飲むたびにミルで豆を挽くのもたいへんですね。
お店で挽いてもらったり、挽いて販売されている粉の珈琲をつかう場合、数日で飲み切ってしまう量をお求めください。
珈琲豆を挽くと、粉になった分だけ豆の表面積が広がるため、直ぐに劣化してしまう事を覚悟する必要があります。
珈琲を淹れるお湯は、先ず良く沸騰させましょう。
これにより、次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒薬剤の臭い(塩素臭)も減ります。
前述のように器具や珈琲カップを湧いたお湯で温めましょう。
器具やカップが暖まった頃、沸騰していたお湯の温度も下がっている筈。
珈琲を挽いた粉をドリッパーに人数分入れたら、お湯を粉が湿る程度に注ぎ、蒸らします。
蒸らし終わるまで少しの辛抱。
あとは、カップの数に合わせたお湯を注ぎ珈琲を抽出するだけ。
使用する豆の量は10g程が良いとされていますが、メジャーカップ擦りきりじゃなく、少し多めに贅沢しましょう。
そして、ドリッパーの底の珈琲が全て下に堕ちてしまう前にドリッパーを外します。
この作業に寄り、美味しい珈琲をいただけます。
ベートーベン先生、大の珈琲好きだったそうで、以前も投稿した事がありますが、毎回珈琲豆を30粒数え、それで珈琲を淹れていたそうです。
30粒の豆なら、大体10g位になります。
珈琲を淹れたら、冷めないうちに召し上がれ。
お砂糖はお好きなだけ、お使いくださいね。
でも、ミルク等を入れずに先ず一口味わった後は、好きなだけミルクを使っても良いですよ。

告別
折角珈琲を愛するベートーベン先生が登場しましたから、ピアノソナタ第26番変ホ長調作品81a 『告別』を、キッチンのCDラジオに入れた宮沢明子さんのCDから編集したMP3データで聴いています。

Youtubeにソン・ヨルムさんの演奏がありましたので、貼っておきます。
とても綺麗なピアノタッチです。
今日は、月一の拡張型心筋症定期予約受診日でした。
昨日の人間ドック結果報告書を携えての通院です。
循環器系で指摘をうけた、「縦郭部心陰影の拡大」について、確認を求めました。
先ずX線による胸部撮影を行い、9月に撮影した同画像と比べていただきましたが、特に拡大している兆候は無いという回答を得て、一安心。
主治医は、昨日人間ドックを受診した総合病院の循環器科医長だった方で信頼に値する医師です。
血圧、138/80、PTINR値:2.2と管理範囲値内で、心音他異常なしだそうです。
昨日の人間ドックで、受けた上部消化管検査(通称胃カメラ検査)の受診条件に合わせるため、PTINR値を調整するため、昨年指示されたのと同様に4日前からワーファリンの服用を通常の4mgから1mgずつ減らし、3mgに落とした事。
また、受診後元の4mgの服用量に戻した事を報告し、事後ですが了承を得ました。
インフルエンザワクチンの接種が必要なのですが、取り敢えず来月の受診日に受ける事にしました。
インフルエンザ01

インフルエンザ02
こちらが接種補助を受けるための書類です。
私は拡張型心筋症患者として、ワクチン接種対象者になるため、補助対象となります。
院外薬局で薬を受け取り、途中買い物をしたりして11:00頃には帰宅。
総合病院の循環器科ではなく、循環器科開業医が主治医であるため、診療はスムーズで無駄がありません。
昼までに少し間があるので、今週用の珈琲を焙煎。
先週水曜日に焙煎したマンデリンG1は、既に今朝飲み終え、昼からの豆を用意しなければなりません。
選んだのは、喫茶きまぐれが誇る一押しのスペシャリティ珈琲たるモカイルガチェフG1コチャレ。
ジェネカフェを、いつも同様240℃に設定し、一爆ぜが最高潮に達する手前を見越して冷却を開始し、余熱も考慮しました。
浅煎モカイルガチェフG1コチャレ
少し浅煎りなので、焙煎ムラも少しありそうですが、良い塩梅。
早速一杯淹れて、この豆特有な柑橘系と僅かなナッツ系の香り、そして爽やかな軽い酸味を味わいました。
このフレッシュな味は、数日で消えてしまうため、早めに使い切るのが鉄則。
午後から嫁も昨日の人間ドックで指摘された腎臓関係の異常について、近場の腎臓専門医を受診。
私同様数値では、判定しがたい事もあり、問題ないと云う診断。
一応尿の検体を取り、精密検査に回し、一件落着。
これで嫁も一安心。
やはり、専門外来の開業医が近くにあるので、ド田舎ですが当地はその点便利です。

台風一過と云えど、朝から強い風が吹いていました。
韮崎アメダスによると、7:00頃には風速14メートル以上の風が吹いていたとか。
拙宅地域は、四方を遮るものが無いため、更に強い風だったのでよう。
この時刻、私と嫁二人で仲良く人間ドックの受診にで出掛けました。
受診先は12年程前、拡張型心筋症による心不全で入院した事がある病院の検診センター。
先方は甲府市内ですが、風が強く、足元がおぼつかない私など、前に進めず押し返される程。
強風や台風の影響もあり、受診者の出足が遅いのか、私達の受付は3番と4番でした。
やはり私達同様ご夫婦で受診される方が多いようです。
前回は10月31日に受診したため、今年も同じ日に予約を入れたのですが、先月になって先方より一週間受診日を早くして欲しいとの要請があり、それに従ったわけです。
また新たな病変が見つかるのではないかと、畏れておりましたが、メタボ検診の指標ともなる体重も2キロ落ち、腹囲も4cmマイナスになっているとの事。
眼科関係で新たな指摘もありましたが、掛かり付けの眼科クリニックを間もなく受診する予定なので、その時対応していただきます。
一つ気になったのは、縦郭部心陰影の拡大との所見。
もちろん、拡張型心筋症を発症しておりますから、この病変は当たり前なのかもしれませんが、発症後暫く後には、心臓の拡大も治まり、正常になったと云うことでした。
今頃になって、心臓拡張と指摘を受けてもねぇ。
明日は、月一の拡張型心筋症の定期受診のため、掛かり付けの循環器科クリニックを受診しなければなりません。
そんなわけで、今回の人間ドックの結果報告書を主治医に見ていただく予定です。
やはり、嫁も私と学年は一つ下ながら、同じ歳、今回もイロイロ指摘を受けて落ち込んでおりました。
彼女につきましても、塩分制限や運動が必要らしいです。
長男

二男

三男
そんな夫婦二人が落ち込んだ夕方、保育園帰りの孫達3人をチョット預かって欲しいと、彼らのママからの要請。
もちろん二人の爺婆のご機嫌も直ったのは、いうまでもありません。

嫁と二男を伴って、衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票に出掛けました。
11:00前、アメダスにしっかり記録されるだろう本降りの雨の中、指定された投票所の駐車場は一杯。
例え近くても家族一同、車で投票所に向かうのは当地の常識。
雨ならなおの事ですもの。
投票の受付には列ができるほどの混み方で、投票台も空き待ちの状態と盛況。
私達国民が、三権に対し干渉できる唯一の機会ですから、雨が降ろうが槍が降ろうが・・・ですね。
なんと、この悪天候の中、総務省の発表によると11:00現在の投票率は、12.24%と、前回の平成26年と比べ、1.16%も高いそうです。
また、期日前投票を済ませた有権者数も過去最高を記録したそうです。
台風の影響が少ない内に投票を済ませようと云う有権者の皆さんが多いんでしょうね。
もしかすると予想以上に、土建屋さん、某巨大カルト宗教団体、大企業労組系などの組織票以外の票の割合が多くなる可能性がありそうですね。
選挙結果、今夜ゆっくりテレビの特番で拝見しましょ。
昨日朝、急に思い立ったのは、S&Gのサウンドオブサイレンス。
DVDレンタルショップから卒業のDVDを借りてきました。
レコードが何処かにある筈なのですが、17cm盤の山から発掘するのを諦めました。
Youtubeからサントラ?を貼っておきます。

さて、問題は明日に控えた人間ドック。
嫁と仲良く夫婦で受診。
二人とも新しい病気が見つからない事を祈るだけ。
明日22日は、衆議院議員総選挙と、最高裁判所裁判官国民審査。
台風が近づき、全国的に雨脚が強まりそうです。
台風情報
上の台風情報のサムネイル画像をクリックして、大きな画像でご覧ください。
画像は、気象庁からおかりしました。
期日前投票も連日の雨で、出足を心配しておりましたが、前回より投票数が伸びたそうです。
明日は、選挙の投開票日。
投票率が、どの位になるのか心配です。
私達の民意を立法府と行政府、そして司法に反映させるための唯一のチャンスです。
できるだけ雨でも投票に行きましょう。
でもね、台風接近の大雨の中、危険を冒してまで無理をなさり、投票所に向かうのは禁物。
今回ダメでも参議院議員選挙も2年後、衆議院議員総選挙なんぞ、この調子じゃあ参議員議員選挙と同日選挙、或は更に早くなるかもしれません。
ア〇さん、なんか見透かしたように日程を選んだように思えるんですが・・・・・。
確かに北の将軍さま、今の処小康状態ですから、チャンスだったのだと思います。
先ず台風関連で被害が少ない事を祈るばかりです。
投票所が避難所になってる地域も多いそうです。
先ず、生命の維持が最優先されるべきですね。
やはり、この天候では、某巨大カルト宗教団体系や土建屋さん、大手企業労組系など、組織力を持つ集票マシンが活躍する事でしょう。
もちろん私は、投票所に出向き、投票しますとも。

親会社のお話

今日はいつものように週一のリアルなオシゴトの出勤日。
相変わらず作業標準やら手順書の管理で、手一杯。
この、私のアルバイト先である田舎の小さな会社。
一応親会社は、日本人のオトナなら知らない方は居られないと思われるほどの超メジャーな企業で、江戸時代からの長い歴史を誇るそうな。
先日、総務課の偉いさんからメールが入り、各自の端末パソコンの操作方法や、エラーなどについて、「総務のシステム担当者に一々尋ねるな!」と言う内容。
そして、パソコンについて何でも困ったことがあったら、「親会社のシステム担当ヘルプデスクにお伺いをたてろ」と云うことらしい。
このパソコンを含め、すべての端末は親会社からの貸与品。
コンピューターナンバーを告げ、遠隔操作の了承をクリックすると、ポータルサイトから、遠隔操作ができる設定になっています。
ホントは、私が自分でヤル方が効率的なのですが、お達しどおりヘルプデスクに電話して、アチラからリモートで確認して頂きましたよ。
依頼したのは、セキュリティ関係の処理ですが、私がプライベートで使うPCと異なり、何ぞやブラックボックス的なシステム構成になっているらしく、MSからのアップデートプログラムも全て行うわけじゃないらしい。
遠隔操作ほか、そんなブラックボックス的システムが結構重いらしく、このPCが遅いのもこのあたりに原因がありそうです。
今夜は、その親会社が束ねるグループが、近代的会社組織としての創業???年記念パーティと云うことで、全国各地31ヶ所?で開催されるとのこと。
挙句の果ては、東京会場のようすを各地会場にリアル配信。
私なんぞ、すでに退職しているにも拘らず、アルバイトOB社員としてご招待に預かるしだい。
会場は、某リゾートホテル。
フルーツからデザート、中華洋など美味しいモノがいっぱいありましてお腹イッパイ。
唯し、アルコール類を含む飲料を摂取すると、わが命にかかわるわけで・・・・。
ちょっと寂しいですね。
そして一つ気になったのは、食べ残りの量が半端じゃなかった事。
何時も投稿しておりますが、食品廃棄の増加は、一番考えなくてはならない環境破壊。
先だって取り上げた、バーチャルウォーターの輸入にも係り合いがある事なんですが、難しいですね。
「四万十のえっちゃん・みっちゃん」さま、例のアイスの話題で、ベートーベンのピアノソナタフリードリッヒ・グルダの演奏で、31番をお聴きになったそうです。
ベートーベンピアノソナタ
拙宅にも遥か昔、清水モノで買い込んだグルダの全集がありまして、久しぶりに31番へ針を落としました。
CMにも使われた第2楽章ですが、グルダのピアノは1楽章から殆ど切れ目なく、冒頭より速いタッチでの力強い演奏。
来るべき第3楽章前半の嘆きを強調するかのような演奏に聴こえます。
やはりグルダさん、第3楽章のフーガをメインに据えておられるようで、2楽章冒頭は、アイスの方が遥かにインパクトを感じました。
レコードはグルダだけですが、CDには、イヴ・ナット、グレン・グールド、アンネオランドの演奏があります。
って、わけで手持ちの演奏を全て聴いちまおうと云う企画を企ててみました。
一番新しい録音は、アンネ・オランドの全集ですが、31番だけじゃなく、他のソナタにしても何となく、固い音なんですね。
2楽章、緩急をつけたグルダに比べ、明らかに遅めな演奏。
最近一番多い回数を聴いていると思われるグレン・グールドの演奏。
そのせいか、なんとなく普通に聴こえてしまう。
おそらく彼の演奏ですから、それなりの事があるのでしょうが・・・・。
最後に残ったのは、イヴ・ナットのCD。
拙宅にある31番の内、最も古い録音の筈。
恥かしながら、今日初めて聴くCDになっちゃいました。
全集なので1951年から55年頃の録音でモノ―ラルですが、音質的には、全く問題ないレベル。
グルダ同様、1楽章と2楽章が休みなく演奏されます。
特に2楽章冒頭、強烈な何かに立ち向かうような気迫を感じざるを得ない演奏。
グルダの演奏と比べ、とても対照的。
31番を纏めてこれだけ聴いたのは、初めての経験。
演奏家によって、ここまで変るのかと思いました。

折角31番を取り上げて演奏が無いのは寂しいので、Youtubeから、エレーヌ・グリモーさんのピアノ演奏を張っておきます。
次はアパッショナータ辺りが楽しそうですが、きっと疲れちまう。
オマケに私の手元にどの位の枚数のレコードとCDがあるか判らないのが怖い・・・・。
久しぶりに最低気温が一桁まで低下した、韮崎アメダス。
午前中少し晴れ間は見えましたが、やはり午後から雲に覆われ、20℃目前の最高気温。
また雨が降り続くそうです。
喫茶きまぐれ、今週後半のスペシャリティ珈琲は、マンデリンG1を200gシティローストで焙煎しました。
話は替わり、心配なのは、22日日曜日の天候。
衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査ですもの。
左寄りのお友達からは「今回の国民審査に掛けられる7人の裁判官には、は全員×を付けましょう。」なんてFBで連絡がありましたよ。
たぶん左側の人達が気に入らない判決を下したんでしょうね。
私達日本国民は、三権全てに対し、それを監視する義務と責任を負っています。
だから、選挙、絶対棄権しちゃだめですよ。
さて、天気の話に戻りますと、どうも今度の週末にかけて、台風が接近するんじゃないかと云う予報が出ています。
台風21号予報進路 15時の天気図
こちらが台風21号の予想進路だそうです(どこかからかお借りしました)。
15:00天気図と一緒に貼っておきますから、サムネイル画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
今度の台風、直接的な影響も心配ですが、問題は停滞している秋雨前線を間違いなく刺激し、大雨をもたらす事。
長雨続きで地盤が緩んでいますし、まだ刈り取りが済まない田圃も残っています。
そして、この悪天候が日曜日の選挙の投票率に影響がでる事が予想されるのが一番の問題。
投票率が上がらないと、土建屋さん、大企業労組、某巨大宗教団体、違法公務員労組の皆さん達の組織票が、政治を動かすことになり、私達のような一般の有権者の意見が反映されない恐れがあります。
何とかみんなで投票所に赴き、国民の権利と義務を行使しましょう。
台風のせいで、投票率が上がらないなんて、チョット悲しいですね。

もう、開き直っちゃって、あの雨だれも入ってる、ショパンのプレリュード全曲、ユリアンナ・アヴデーエワさんのライブがYoutubeにありましたので、お急ぎじゃなかったら私と一緒に聴きませんか。
選挙にもゆかず、後で幾ら政権批判したところで、負け犬の遠吠え。
あんたが、投票しなかったのが悪いんでしょ!ってね。
グアテマラ・アンティグア・カペウ、焙煎後二日目にやっと味を見る事ができました。
ミルで引いてみると、ナッツフレーバーが立ち上がり、期待が持てる感触。
挽いた豆を濾紙に移し、ゆっくり蒸らした後、お湯を注ぐと・・・・・・。
如何にも「珈琲を淹れているんだよ」と云う雰囲気が辺りに漂います。
味は、爽やかな酸味と柔らかい苦味の奥に潜む僅かな甘みが楽しめます。
この豆も大当たりですが、今回はサンプル豆を戴いて焙煎したわけで、通年メインメニューに載せるには、無理がありそうです。
この豆、チョット品質的に落ちますが、グアテマラ・アンティグアとして、某大手焙煎チェーン「何とか問屋」で、10月のおすすめ限定豆として、100g税込330円で扱っているようです。
よろしければ、お試しあれ。
さて、昨日気になったベートーベン、ピアノソナタ31番第2楽章のアイス、ご近所の牛乳缶マークのお店で138円也(238円でした)で購入し、冷凍庫に仕舞い、先程食べてみました。
31番第2楽章のアイス
もう少し温めてからの柔らかな方が良かったようですが、固いままでもまあ美味しい。
しかし、コマーシャル費用に相当持ってかれてるようで、コスパはチョッと低そう。
まあ、何とか坂46とか云う可愛いお姉ちゃん達が美味しそうに食べてるコマーシャル。
それに乗せられて私も味見したわけですねぇ。
このコマーシャルは、こちら→ピアノソナタ31番第2楽章冒頭
ごちそうさまでした。
我喫茶きまぐれ、あくまでもウェブ上に私がでっち上げた仮想自家焙煎喫茶店に過ぎませんが、一応ホントに珈琲豆を焙煎して主人と常連客を演じております。
ググると、リアルな「喫茶きまぐれ」も存在しているようですが、そちらとは一切関りがありませんので、念のため。
自家焙煎なんて、それ程面倒じゃありません。
今を去る事四半世紀前、このギョウカイに足を突っ込んだのが運の尽き。
それまでは、焙煎豆を購入し、ドリップして飲んでいたのですが、某生協の陰謀に陥れられたがため、自家焙煎なんぞと云う分不相応な趣味を持つように至りました。
用意するのは、焙煎用の器具。
一番安価なのは、手網焙煎と云う方法。
手網
このような手網(銀杏や胡麻も煎れます)を使い生の珈琲豆を底に重ならないように入れ、コンロ等の上で強火の遠火で、焙煎します。
この間、手網を均一に振り、焙煎むらが無いようにします。
尚、最近流行りの電磁式コンロは、使えません。
直火のガスコンロ或は、炭火等の七輪で焙煎します。
焙煎を始めると、豆表面の皮が剥がれ、辺り一面にまき散らす事になります。
つまり、キッチン等の掃除が大変であることを、前もってご承知おきください。
暫く煎り続けるけ、豆の色が青みがかったグレーから、褐色に変わり始め、パチパチと云う爆ぜる音が聴こえます。
これが一爆ぜです。
なおも焙煎を続けると、爆ぜる音が一時止み、まめの色の褐色が濃くなってゆきます。
この辺りが、ミディアムローストでしょうか。
火から降ろし、急いで平たい皿に豆を移し、団扇で冷まします。
これでミディアムローストの完成。
その後、更に焙煎を続けると、小さく再度爆ぜる音がしますが、これが二爆ぜになります。
二爆ぜが始まる処で、火から降ろし、冷ますと、シティローストでしょうか。
更にこのまま焙煎を続け、二爆ぜが最高潮に達する辺りで火から降ろし、冷ますとフルシティーロースト。
更にすすむと、煙が多く立ち上り、豆の表面に油が大量に浮き始めます。
ここまで焙煎が進むとフレンチロースト、イタリアンローストになります。
これ以上煎り続けると真っ黒な炭と化し、飲用不可ですね。
費用的には、豆煎器(珈琲豆、銀杏、胡麻)が1,000円前後。
珈琲生豆は、ネット販売もありますし、自家焙煎の珈琲豆を販売しているお店と交渉する事もできます。
私は後者のプロの煎豆屋さんから、豆を購入しています。
豆によって価格は、ピンキリ。
先ず、安い豆を少しだけ買って練習あるのみ。
珈琲豆の焙煎は、手網を振り回すので、体力勝負です。
2,000円も予算があれば、充分遊べますよ。
私だって、ジェネカフェなんてエレキテルな装備を導入する前20年近く手網焙煎で、煎っていました。
先ず手網焙煎で、自家焙煎の楽しさを知ってから、機械を使って本格的に遊ぶのも良いと思います。
今週、喫茶きまぐれのスペシャリティ珈琲は、グアテマラ・アンティグア・カペウ。
先日焙煎した、グアテマラ・アカテナンゴ・テフヤ同様グアテマラの高地,アンティグア地区の小規模な農園から集められ、厳選された珈琲豆だそうです。
グアテマラ・アンティグア・カペウ
ジェネカフェを使い、240℃に設定し、二爆ぜが始まって直ぐ冷却を始め、余熱で更に焙煎が進むのを見越し、何とか100gをシティローストに仕上げました。
グアテマラ・アンティグア・カペウ焙煎後
前回同様、甲府市の煎り豆屋さんから、グアテマラ・アカテナンゴ・テフヤ同様に戴いたもの。
今、来年学齢を迎える一番上の内孫が、軽い風邪を引いて熱を出し保育園をお休みして、拙宅でお昼寝中。
彼を起こさないようにしないと困りますから、この豆を挽くのはもう暫く後。
先週末から、雨が降り続いている当地山梨県地方。
未明から、しっかり雨量の数値がカウントされる本格的な雨模様。
購入後14年目に入り、走行距離155,400キロを走ってる、我杖代わりの(以前はトレッキングシューズ代わりだった(笑))AZオフロードの半年点検をマツダディーラーに依頼した今日午前中。
日中になっても12℃台前半が続くと云った初冬の寒さ。
ストーブに火を入れ嫁と孫はヌックヌク。
そろそろ雨水のお話も鼻に付いてきた頃でもあり、次は何のお話にしようかと思案中。
そうそう、今日驚いたのは、ベートーベン作曲ピアノソナタ第31番の第2楽章冒頭がカップに入った、アイス?かヨーグルト?のCM(何度か見たら美味しそうなアイスだった)に流れていた事。
CMなら、悲愴の2楽章とかショパンのプレリュードやバラード辺りが定番だろうに、31番それも2楽章だなんて、ねぇ、余程ディレクターさん、好きなんだ。
私も好きな良い曲ですから、他の皆さんにも好きになって欲しいですね。

Youtubeから「仲田みずほ」さんの31番、全曲演奏を貼っておきます。
雨の月曜日だったら、カーペンターズのカレンの歌だろうって、外野席から聞こえてきます(笑)。
夜のサスペンスドラマ、3時間もやってたけど、それなりに楽しめました。
BGMは、亡くなった方の場合、バーバーの弦楽四重奏曲第2楽章(通称バーバーのアダージョね)やブラ3の3楽章はセツナイ恋の定番メロディーと、通俗的。
やっぱりアイスのコマーシャルに31番の2楽章は、絶対エライ(笑)。

水は戦略物資

今日は、気温15℃前後の寒い雨の一日。
しかし、昨日投稿したように少ない雨量は計測されないので、韮崎アメダスのデータ上では、8:00頃1mm、そし15:00頃0.5mmとなっています。
昨日は、お伝えしたように私と嫁との初外孫(長女の長男)の初宮参りでした。
初外孫の初宮参り
昨日に比べ、遥かに多く雨が降りましたが、データ上では、未明の雨の他、多少纏まった雨のためか今日の雨量の方が少ない結果です。
さて、昨日の続き、バーチャルウォーターについて、もう少し考えてみましょう。
17年前のデータでチョット古いのですが、日本が輸入したバーチャルウォーターの量を図示したものがありますので、サムネイル画像をクリックしてご覧ください。
日本の仮想水輸入量
当時日本で使われていた灌漑用水量と比較し、それ以上の水をバーチャルに輸入している事になります。
わが国で育てている家畜類と云えども餌として与えている穀物など、その多くを輸入に頼っているのが現状です。
北米大陸に雨が降ると、世界の相場に影響が出ます。
先ず、シカゴ穀物市場のトウモロコシや大豆の価格が下がります。
これは、雨が降ると、北米の穀物の収量が増えるからです。
そして、WTI(ウェスト・テキサス・インターメディエイト)などの石油先物市場の価格も下落します。
石油価格が雨と関係があるのは、穀物を原料として「バイオ燃料」を製造しているからです。
最近は、シェールオイルの絡みもあるので、以前よりだいぶ関係が薄くなっていますが。
そして、遠い我が国の豚、牛、鶏、鶏卵など畜産価格にも影響があります。
大豆、トウモロコシ・・・・豆腐、食用油、果てはマヨネーズの価格も同様です。
そのため、様々な商社が北米の天候をリアルタイム或は、大型コンピューターを駆使して長期の天候予測をしています。
このように今は、「風が吹くと桶屋が儲かる」のように「北米に雨が降ると世界中が大騒ぎ」と云う構図も冗談ではないようです。
他に中国などの天候も同様です。
このように食糧戦略が重要視され、この場合最も重要なのが雨の降り方なのかもしれません。
つまり、今や雨は戦略物資に他ならないのです。
人工降雨の研究も進んでいるそうですしね。
現実的には、核兵器が使えない今、降雨をコントロールする事により、飢餓状態を・・・・。
SF的誇張が強すぎるかもしれませんが、雨を最終兵器に使うなんてねぇ・・・・・。
今日は、初外孫(嫁した娘の長男)の初宮参り。
降雨を予想して覚悟をしていましたが、僅かにパラパラした程度で、降雨と計測されない雨。
おかげさまで、初宮参り、本人も元気で泣きもせず、終始ご機嫌で可愛い限り。
少し肌寒かったけれど、久しぶりにネクタイなんぞ締めていれば、大丈夫でした。
昼餉を娘の嫁家の皆さんと一緒に摂って、両家の弥栄を祈念いたしました。
その間も孫は余り愚図りもせず、良い一日でした。
そんな雨の話・・・。
今日の当地(甲府気象台)データによると、やはり未明頃までの降水は記録されていますが、それ以降夜明けから日没までの雨量は0mmとなっています。
確かに時折雨が降り、車のワイパーも活躍したのですが、1時間の降水量が1mm未満の場合、気象庁としては、雨と認めていないのが現状。
皆さん、日本では、大量の水を輸入している事をご存じですか。
ミネラルウォーターなどの飲料水など、僅かなもの。
一番多いのは、食料の形をした水なんですよ。
例えば、食パン一斤に使われる水の量を調べてみましょう。
食パンの主要原料である小麦の多くは、北米地域から多く輸入しています。
食パン1斤に使われる水の量は、576リットルが必要だそうです。
その殆どが、小麦を育てるために使われる水の量です。
北米ですから、アメリカとカナダに降った雨から、食パンが作られていると考える事ができますね。
食パンを作るのに必要な水の量、牛丼、焼き鳥など、あらゆる食品の元になっているのは水。
水が無いと小麦もお米も育ちません。
牛や豚、鶏などの家畜だって、餌が無いと育ちません。
家畜の餌となるのは、穀物や牧草。
これを育てるのに必要なのは水。
水の元はその地域に降った雨に他なりません。
この食品の元である水の事をバーチャルウォーターと呼びます。
漢字で表すと『仮想水』と表記します。
面白いサイトがありますのでご紹介します。
環境省が所管するウェブサイトで、「仮想水計算機」と云うページです。
これを使うと、食品の原料別とその量によって仮想水として、どの位使っているかが判ると云うすぐれもの。
お子さんの自由研究にも使えますし、日々の献立を見直すのも一興。
以前、気象庁のデータについても投稿しましたが、お役所もイロイロなデータをウェブ上にアップしています。
高い税金を払っている私達消費者、これらを使わない手は無いと思いますよ。
さて、今日はこの辺りまででしょうか。
次はどうしよう???。
雨水タンク01
これは、一番カッコいい雨水利用タンクです。
容量は、200リットルですから、ドラム缶と同じ容量ですね。
この中にブランデーを入れて、外国から運んできたようです。
しかし、ワンウエイ容器のため、今までは手間を掛けて廃棄処理していましたが、雨水利用タンクとして再利用(recycle)しました。
この容器の特徴として、食品(酒類)を入れて長時間保存して来たと云う実績があります。
他にもこのようなプラスチック廃容器もありますが、薬品を入れていた物もあります。
この場合、食品を扱っていた容器と違い、雨水を貯留した時、薬品の成分が溶出する可能性もあります。
ブランデーなら良い匂い(オイオイ)程度ですみますものねぇ。
こちらをクリック→雨水タンク設置助成金制度を設けている自治体も多く有りますので、ご参考になさってください。
行政も雨水を利用するメリットを認めています。
以前も投稿したように・・・・
先ず、水不足の解消・・・・・・花壇や家庭菜園への散水なら、雨水で充分ですもの。
洪水の抑制・・・・屋根等に降った雨水が一度に川等へ流れないので洪水を防ぐことが期待できます。
もしも助成金等が無い自治体へは、雨水利用の効用を薦めてみましょう。
他の自治体では、雨水利用に補助金が支給されるのに、どうしてココはダメなのですかってね。
今回のような国政選挙じゃ???だけど、地方選挙なら、演説会等で候補者の方たちに質問するのも良いかもしれませんよ。

今週後半のスペシャリティ珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
いつものようにジェネカフェを使って200g焙煎しました。
IMG_5708.jpg
240℃に設定し、二爆ぜが始まって最高潮に達する前に冷却を開始。
時間にして、約16分頃。
これで、シティーローストのでき上り。
IMG_5709.jpg
今日一日経過して、甘い香りと上品な苦味が口中に広がる上品な仕上がりになりました。
韮崎アメダス、最高気温28.4℃と今日も夏日を記録。
その後、一気に気温は急降下、
これからの当地一週間、雨が降ったり止んだりの天候が続くと云う予報。
14日土曜日には、8月に生まれた外孫の男の子、少し遅い初宮参りが予定されているのですが、チョット残念。
雨水の話で盛り上がってる間に季節は、10月も中旬になりました。
未だ夏日もありますが、最低気温が10℃を下回ることも。
そろそろ孫達ようにハロウィンのお菓子を用意しなくてはなりませんねぇ。
当日ギリギリだと、楽しそうなお菓子がなくなっちゃいます。
先日投稿したように雨が水道の水源と云うわけですが、世界中には雨水をそのまま溜めて生活用水にしている地域が多い事をご存じですか。
また、我が国のように飲料用に使える水道水をそのまま手洗いの流し水に使っている国は余りないそうです。
以下、簡単に屋根に降る雨水を集める方法をご紹介します。
これは、私達が作ったパンフレットをスキャンしたデータです。
以下のサムネイル画像は全てクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
パンフ1 パンフ2 パンフ3

収水装置
天樋(縦樋)に斜めに切れ込みを入れ、そこに集水金具を差し込み、水ホースを雨水を溜める容器に繋ぐだけ。
現在多くのご家庭で使われている天樋(縦樋)はプラスチック製なので、鋸で簡単に切れ込みを入れる事ができます。
雨水集水金具(レインキャッチ)は、こちら風大地プロダクツから購入できますが、500mlのペットボトルの首部から下を斜めにロート状に切って、簡単に作る事もできます。
雨水利用タンク01
現在私達が推奨し、リサイクルフェア等で、原価でお分けしているのがこちらの雨水利用タンクです。
輸入ワイン原料が入っていた廃プラスチックドラム缶容器をリサイクルしています。
昨日の続きは、湯水のように??。
本来の意味は、おしげもなく、あるいは無駄に使うと云ったような意味だそうですね。
でもどの位、この地球上に水があるかご存知ですか。
地球上にある水の量
先ずこのグラフのデータをご覧ください。
昔作った牛丼プログラムから引っ張って来た、スライド1枚。
サムネイル画像をクリックして、大きな画像でご覧ください。
このグラフで表した地球上にある水の量は、13.86億立方メートルある事になっています。
ある事になっていると表現したのには理由があり、内97.47%が海水等、塩分を含むため、そのままでは灌漑用や工業用に使えず、もちろん飲料として飲む事ができません。
残り、2.53%が淡水になるわけですが、まだまだ、その中には1.76%の氷河、0.76%の地下水、最後に河川や湖沼にある地表水として、地球上の水の内、僅か0.01%、量にして、約0.001億立法メートルに過ぎません。
つまり、絶対「湯水のように」水を使う事は許されないのです。
ならば、地下水を汲み上げたり、海水の淡水化もできると仰る向きもありますね。
しかし、この場合多くのエネルギーを消費します。
コストに見合う利益が無ければ、経済活動は成り立ちません。
石油資源が豊富でも水がない国。
これらの場合、エネルギーコストが低いので、海水を淡水化する事もできます。
しかしエネルギー資源が少ない地域の場合は、無理なわけです。
北米大陸では、乾燥した広大な農地の灌漑用に地下水を大量に汲み上げているそうです。
それでも、水が足らず、農産物に影響がでているそうです。
日本は、山紫水明の国で、水資源は豊富だから水の心配なんかしなくても大丈夫。
そんな考えをお持ちの方が大部分でしょうね。
最近気候変動とか云う話をよく耳にします。
雨が降る時は、大雨となって、1時間に100mm近く降る事もあるそうです。
かたや、雨が降らず水不足に陥る地域も有ります。
自然現象だから仕方がないと諦めていませんか。
私が住む地域には、農業用溜池が沢山あります。
先人が水不足を解消しようとして、艱難辛苦の末、作られた溜池です。
そのおかげで、今も少しぐらい雨が降らなくても困らないようになりました。
また、大雨の際、洪水が起きないように、雨水が一度に流れないよに調節する役目もあります。
でも、各個人のお宅で、そんな溜池を作り、雨を溜める事なんかできないと思っていませんか?。
実は、各お宅で雨水を貯め、それを家庭菜園や庭木の灌漑用水にりようする方法があります。
今日も長くなりました。
次回は雨水を貯める事について投稿しようと思います。

雨水と瑞穂の国

さて、水の話。
ちょっと視点を変えてみます。
昨日長男の田圃から、新米が届きました。
こちらが精米した新米。
IMG_5707.jpg
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
彼の田圃は、県北部南アルプスと八ヶ岳を見上げる韮崎市最北部、円野町にあります。
ここでは、良質な水質を誇る小武川の水を引き、水稲を育てています。
小武川ならびに大武川の水は、甲斐駒ヶ岳を水源とする切れの良い水。
甲斐駒ヶ岳は、深成岩である花崗岩が地殻変動により地表に現れて出来た山。
この付近に降った雨は、花崗岩質の土壌を浸透し、長い年月を経てこれら河川を流れ、この地域の田畑を潤す命の水、通称古くから「武川米」と呼ばれる県内一のブランド米。
長男曰く、他の地域の米との違いは、この水にあり、言わば花崗岩で磨かれたミネラルウォーターで育てているような米だと、自負しております。
つぶら野米表   つぶら野米裏
更に、この武川米の中でも、細分化した、狭い地域のブランド米確立の機運が高まり「つぶら野米」として、このようなパンフレットも用意したとの事。
因みに、長男が作付けしている水稲は、農林48号と云う品種。
どんな米??と説明するより、このご時世ググっていただくのが一番だと思います(笑)。
お弁当やおにぎりなど、炊き立てじゃなく冷めても美味しいと云うのが売りだとか。
瑞穂の国と美称するように、稲作が盛んでお米が沢山つくられている我が国。
その元になるのが、豊かで清らかな水。
そして、その水は雨がもたらしてくれる天からの贈り物。
米などの農産物だけじゃなく、工業製品にも清らかな水は欠かせません。
工業用水としても、製紙業、高度集積回路の洗浄、そして、全く相反するような鉄鋼生産、その他全産業に於いても水は不可欠。
もちろん水力発電にもね。
ですから雨が降らないと、食料生産だけじゃなく、工業生産も大きく落ち込んでしまいます。
つまり以前申し上げたように、雨は、我が国が誇るべき、一番重要な資源なんですよ。
報道等によると、昨今某国が、我が国の大事な資源である水源地域を買い漁っていると云った話を聞きます。
私達も水、そしてその源である、雨の事を深く考えてみる必要がありそうですね。

雨の話、まだまだ続けましょうか??
ネタは幾らでも「湯水のように」尽きませんからね(笑)。
そうだ、次は「湯水のように」を考えましょう。
空を見上げると、ウロコ雲がちらほらと、当地晴天は今日まで???。
少し無理をしても折角の秋を見つけにゆきました。
そんなわけで、雨水の続きはチョッチィ延期(笑)。
昼少し前から、ご近所里山の奥にある小さな谷間を遡上。
今日狙う獲物は、そろそろ終わりに近づいている筈のオケラ(虫じゃなく植物ね)、そしてアキノキリンソウ。
倒木を除けながらも何とか上りますが、一番がっかりしたのは、セイタカアワダチソウの侵入でした。
ご近所里山も稲刈りが殆ど終わり、一番目に付くのは、大好きなセイタカアワダチソウのクロームイエロー。
でも、この谷間に入って来るとは思いませんでした。
近種のアキノキリンソウと棲み分けて欲しかったからです。
セイタカアワダチソウの侵入
まだ、辺り一面とまでは侵入してきませんが、それも時間の問題。
相変わらず倒木を避けながら、膝関節を労わるわけで、無理は禁物。
先ず幸いにオケラは、割と入り口近くに群生。
昔は、「山で美味いはオケラとトトキ、嫁に食わすは、おしゅうござる。」と、謳われた程の美味しい山菜だったそうですが、今や全国22都府県で絶滅が危惧されている植物だそうです。
オケラ
そして、更に驚いた事は、まだキキョウの花が咲いていた事。
この辺りでキキョウの花を見つける季節は、通常7月下旬のオオムラサキが舞う季節の筈。
キキョウ
それが10月上旬に、こんなに立派に花を咲かせているなんて思っても見ませんでした。
キキョウは、キキョウ科の植物で、いまや環境省が指定する全国レベルでの絶滅危惧植物。
山梨県でも準絶滅危惧植物に指定されています。
どちらかのブログでも、ヤマホトトギスが未だ咲いていたそうですから、今年の季節シーケンスは侮れません。
更に倒木も多くなり、足元も危なくなったので、今日のフィールドワークは、おしまいにして、デポしたAZオフロードまで慎重に下る決断。
おそらく、更に遡上すれば、アキノキリンソウにも出会える筈ですが、オケラとキキョウに逢えた事で満足する事にしました。
お馴染みの秋の花シラヤマギクも今が盛りです。
シラヤマギク
次回は雨の続きをお伝えする予定です(もちろん予定ですからねぇ)。
私が本年度も環境省へ提出した「環境カウンセラー活動報告書」には、SNSやブログなどweb上での環境教育の発信に努める旨の記載があります。
そのため本来相当いい加減な、この喫茶きまぐれですが、そんなわけで、たまにはマトモ??に環境保護関係のお話を投稿しなければなりません(笑)。
昨日も投稿しましたように、何年か前、山梨県が渇水に見舞われ、消火栓の水を盗んで田圃に引き入れるなんて事や、SMショーさながら、コンセイサマを甚振る事で雨乞いを行う60年ぶりの儀式が行われた事がありました。
当時、民放ローカルテレビ局のディレクターさんが、山梨県のホームページを漁り、節水や雨水利用についての講演プログラムを用意している私に白羽の矢を立て、節水のプロフェッショナルと云う触れ込みで山梨ローカルの報道番組に引っ張り出され、晒し者にされたりもしました。
殆ど夏に雨が降らず、県都甲府市の水瓶だった、荒川ダムの水位が低下して底を付いた状況だったそうです。
山梨県は、内陸性気候の上盆地を形成しているため、年間降水量が1,000mmに満たないような年もあります。
先日こちらに投稿したように台風シーズンの今年9月でさえ、112mmがやっとでした。
では、皆さまの雨に対する見方考え方をお聞きすると、雨水は汚いとか、雨が降ると洗濯物が乾かないなどのご意見があるようです。
さて、雨が降るメカニズムは、皆さまご存じのように地上の水分が蒸発して水蒸気となり、空に昇り、それが冷やされて、飽和状態に達すると、雲が生成され更にそれが凝集して、地上に降るのだそうですね。
水蒸気が冷やされて、雨になって降るわけで、これは、蒸留水を作る工程と同じ事になります。
雨の降り始めこそ、空気中の不純物を含んだりするそうですが、暫く経つと、全く不純物を含まない水になるそうです。
水が綺麗であることを証明する場合、電気伝導度計と云う装置を使います。
雨水の電導度を計ると、水道水の方が多く不純物を含んでいるため、高くなるそうです。
これは、極端な例かもしれませんが、雨水を水槽に溜め、メダカを飼っていたら、全て死んでしまった事があったそうです。
どうも「水清ければ魚棲まず」の例えのように、余りにも綺麗な水(ミネラル等を全く含まない)では、魚も育たないとか。
それ程、雨水は綺麗なんだそうですよ。
雨水の話、まだまだ続きます。

Youtubeから雨の歌を選びました。
皆さま、この曲ご存じでしょうか。
水曜日に焙煎した、グアテマラ・アカテナンゴ・テフヤですが、100gだったので、そろそろ底を付いてきました。
さて、何を煎ろうかと思い巡らし選んだのは、久しぶりにタンザニア・エーデルワイスAA 。
いつものようにジェネカフェを240℃に設定し、目標はフルシティー・ロースト。
タンザニアエーデルワイス
一爆ぜのあと、チョット間があり二爆ぜが始まる。
二爆ぜが最高潮に達したころ、冷却開始。
一寸遅かったか?排気口から少し煙が立ち、焙煎豆に油が滲みはじめましたよ。
まあ、ぎりぎりフルシティ・ローストに仕上がったと思いたい(笑)。
フルシティー
煎豆のようすは、こんな処でしょうか。
水曜日のグアテマラ・アカテナンゴ・テフヤに比べ、チョットだけ色が暗く油の滲みが判るでしょうか。
久しぶりの昨日の雨、時間数ミリ以下の雨でしたが、夜半過ぎに6mmと少し音を立てていましたね。
韮崎アメダスに於ける昨日から今朝未明までの合計雨量は、約54mm程と、結構な雨量でした。
拙宅では、降った雨水全てを、樋から雨水桝に流し宅内処理をしています。
側溝に流すお宅も多いようですが、これだと全て河川に直接流れる事となり、降水量が多い場合、洪水の要因になりかねません。
雨水なんて、と仰る方も居られますが、雨水こそ本邦に於ける重要な資源に他なりません。
一応、私事ですが、雨水利用に関するプロフェッショナル???と、以前本県ローカルテレビ局に認定(笑)していただいた事もありまして、少し雨水にツッコミを入れたいと思います。
先ず、住宅の屋根に降る雨の量を考えましょう。
例えは、1メートル四方(1平方メートル)に1時間に1mmの雨が降ったと仮定します。
計算しやすいように、1平方メートル=100cm×100cm=10,000平方センチメートルになりますね。
毎時の降水量が1mmの時、1平方cm辺り、0.1mlの雨が溜まる事になります。
と、すると10,000平方cm×0.1mlとすると、1,000mlの水が溜まります。
つまり、1m四方の面積に時間降水量1mmの雨が降ると、1リットルの水が溜まる計算になります。
時間1mmの雨なら、近くのコンビニに行くのに傘を差そうかどうか考える程度の雨だそうです。
但し、気象庁発表の1mmの雨は、1mmから2mm未満の雨を示すそうです。
時間2mmの雨が降ったら、絶対傘が必要でしょうね。
屋根に於ける雨が降る面積は、真上からの、建物の投影面積と見積もって差し支えないでしょう。
例えば毎時1mmの降水量があり、屋根が 10平方メートルの投影面積の場合、屋根に降る雨量は、10リットルになります。
朝から夜までの半日12時間1mmの雨が降った場合、10リットル×12時間ですから、120リットルになります。
これは、家庭用お風呂に半分チョットの水量になりますね。
10平方メートルと云うと、割と小さなお家ですが、これが10棟集まると、1,200リットルにもなります。
この雨水を、そのまま側溝に流したら、どうなるでしょう。
もちろん12時間の水量ですから、一度に流れるわけじゃありませんけどね。
ですから、できるだけ側溝にそのまま流さず、拙宅のように溜枡の中に雨水を貯め、時間を掛けながら宅内処理する方が良いと思います。
だいぶ長くなりました。
更にこの雨を資源として考える、雨水利用については次回投稿したいと思います。

お口直しにYoutubeから観ず繋がりで、ヘンデルの水上の音楽を貼っておきます。
この曲、アラ・ホーンパイプの辺りが十八番ですよね。
15:00を廻った頃、時折降っていた小雨が、本降りになりました。
杖君1号を頼みに歩いているので、雨が降ると傘をさすのも一苦労。
特に車に乗り込むときがねぇ。
昔は雨が好きでした。
大雨じゃなきゃ、花崗岩の尾根歩きなんか、人が居ないのでルンルン気分でした。
小雨で濡れても、体温で乾かす自信もありましたからね。
でも、先輩の山屋のプロ?(山岳救助のベテラン)の話によると、「雨に濡れた登山者は、遭難者とみなす」のだそうです。
確かに濡れた服を着ていると、低体温症に陥りやすいのは確かですしね。
韮崎アメダス、22時を廻り、気温は13℃前後、降水量は毎時3mmから4mm程。
これだと、傘が無いとチョット辛い降り方。
IMG_5685.jpg
週一のリアルなオシゴトから渋滞を抜けてやっと帰宅すると、嫁が石油ストーブに火を入れていました。
日曜日、灯油の移動販売車が来たら、ストーブ用の灯油も準備しなければなりません。
昨日も投稿したように、皆さん灯油の確保に余念がないようです。

Youtubeを漁っていたら、アレンスキーのピアノトリオ1番がありました。
一寸気になったので、貼っておきます。

お寒うございます

韮崎アメダス、今朝の最低気温は、8.6℃と一桁の気温。
時折陽は差すものの、20℃に届かずじまいの寒い一日。
ほど近いホームセンターに出掛けましたが、暖房用の灯油を購入するのかポリ容器をぶら提げている人が目に付きます。
理髪店で散髪しても、ペットクリニックで、犬のペットフードや薬を購入する時の話題は、全て、この急な冷え込みの事。
昨年同期なら、最低気温も18℃程で、日中は夏日の筈ですが・・・・・。
今年は10月に入り、連日のように最低気温一桁の朝がつづきます。
例年の場合10月半ばになると、最低気温が10℃以下の日があります。
季節の進み方が昨年比で、半月程早いようです。
暖房用の灯油が気になるのは、毎年10月下旬になってからなのにねぇ。
これも地球温暖化の影響により、活発化した気候変動だって言うんでしょ(笑)。
18:00の韮崎アメダス、17:00に比べ1℃以上気温が下がり、13.9℃。
この調子で、気温が下がると明朝も最低気温一桁台は、ほぼ確定。
17100515.png
移動性高気圧が本州上空を通過中。
この天気図、本州付近の高気圧が足早に西に抜けた後、停滞している大陸の高気圧との間が広がり、そこへ低気圧ができそうですよね。
って事は、明日は天気が下り坂になって・・・・・雲に覆われやっぱり寒い???。
金曜日のリアルなオシゴト。
それだけでも憂鬱になるけど、こんな不自由??な体ながら未だ仕事があるだけ有難いと思わないといけないとか。
気持ちだけでも暖かくなりたいと云った願望で、シマノフスキの変奏曲ロ短調作品3なんぞいかがでしょうか。
シマノフスキ
こちら手元のCDは、マーティン・ラスコーの4枚目のアルバム。

Youtubeから、演奏されている方のお名前が読めないのですが、貼っておきます。

今週後半の珈琲は、グアテマラSHB・アカテナンゴ・テフヤを使います。
中米グアテマラ共和国の首都グアテマラシティから西へ65キロ程離れた、アカテナンゴ地域にあるテフヤ農園で生産された珈琲豆との事。
SHB(ストリクトリーハードビーン)とは、標高により7等級に分けられた内の、標高1,350m以上の高地で生産された珈琲豆だそうです。
今回使うのは、煎豆屋さんから以前戴いたグアテマラ産のサンプル豆3種類の一つです。
100gあるので、ジェネカフェで焙煎できます。
240℃に設定しシティローストを目標にして焙煎開始。
一爆ぜが終わり暫く経ってから、ようやく二爆ぜが始まり豆の色を視ながら16分後辺りから冷却します。
焙煎前と後の画像は、こちら。
グアテマラアカテナンゴテフヤ生

焙煎後
午前中に焙煎を終え、昼食後一杯試し飲みしましたが、酸味より苦味を強く感じました。
本来の味を試せるのは、明日以降になります。
プロコフィエフ作曲チェロとピアノのためのソナタハ長調作品119を久しぶりに聴きながらのブログ更新。
プロコフィエフ
プロコフィエフ晩年の1947年から1949年に掛けて作曲されたそうですね。
初演は、1949年ロストロポーヴィチのチェロ、リヒテルのピアノで非公開で行われたとの事。
ショスタコ辺りの同作品とくらべ、とても親しみやすいメロディーです。
マイクル・グレバニールのチェロ、ジャネット・グッゲンハイムのピアノ。
このナクソスのCD、プロコのSQ全部と唯一のチェロとピアノのためのソナタが収録されていて、お得感抜群。

Youtubeを漁ったら、1950年公開初演と思われる、ロストロポーヴィチとリヒテルの演奏がありましたので、貼っておきます。
お二人とも若々しい頃のようですね。

冬が来る前に

オシゴト用A5ノート、あら不思議。
昨日まで、Outlook2007で使っていた古いメールを同365にインポートしたものの、保存フォルダー他にもなく、何処かに行方不明だった古いメール。
先程、保存フォルダーを覗いたら、そこに居りましたよ。
重要なメールは、WordやTEXT、添付ファイルも別フォルダーに保存してあるので、全く問題ありませんが、システム担当者も勿論私自身も首を傾げるばかり。
良く判りませんが、これでよい事にしましょう。
今日午前中は、孫達が登園している保育園で行われた、祖父母交流会に参加。
私と嫁の爺婆だけじゃなく、他の御祖父母の皆さまにとっても、目を細める程可愛い存在。
一緒に触れ合いをしたり、マジックショーを観たりと楽しい時間でした。
保育園祖父母交流会
保育園にほど近い、韮崎の和菓子司うさぎ屋さんに立ち寄り、久しぶりに大福餅を買って帰り、嫁と一緒に食べたりした一時。
韮崎アメダス、久しぶりに27.2℃と文句なしの夏日を記録。
おかげさまで、今も半袖ポロで過ごしています。
17100318.png
しかし、16:00を廻る頃、急に風向きが北寄りに変り、強く吹くようになりました。
前線を伴う気圧の谷が東に抜け、大陸から強い高気圧が近づいてきたようで、冬型の気圧配置になったせいでしょうか。
今朝の最低気温は、比較的暖かな16℃でしたが、明朝は少し冷え込みそう。
ビーソフテンローション
いつもの事ですが、冬が近づき、空気の乾燥が強まると、私の皮膚特に背中が乾燥に寄り痒くなるため、こちら「ビーソフテンローション」と云う、この塗り薬のお世話になります。
掛かり付けの循環器科クリニックで処方してもらっています。
問題はこの塗り薬、ワーファリン同様ヘパリン類似物質が主成分のため、血液凝固作用を抑える効果があります。
この作用により、血行を促進して、肌の乾燥による痒みや凍傷の治療に効果を発揮するそうです。
つまり、ワーファリンの作用を増強するわけで、PTINR値が上昇しやすくなる事も考えられます。
膝関節の痛み止めに貼っている、ロキソプロフェンNaテープと云う湿布薬や、アセドアミノフェン系鎮痛解熱剤のカロナール・・・・と、いろいろ服用したり、貼ったり、塗ったりと、ワーファリンとの相乗効果に気を付けないと・・・・ね。
この薬「ビーソフテンローション」が必要になる頃、毎年冬の足音が聞こえてきます。

Youtubeから、懐かしい紙風船の「冬が来る前に」を貼っておきます。
オシゴト用A5ノートのメールアカウント設定をしなきゃならないのだそうです。
いつもお伝えしているように現在オシゴト用として使っているA5ノートは、親会社からレンタル支給されているブツ。
このご時世、サイバー攻撃も頻繁に行われているようで、メールサーバーを完全に親会社管理にする???らしいのですが、いつものように右往左往で設定がコロコロ変わる相変わらずのパターン。
そもそも、その連絡自体がメールで行われているため、詳細マニュアルも更新されず、古いままのマニュアルで設定していたら、結局いつまでたっても途中でプッツン。
堪らずシステム担当に電話をいれて問質すと、午前中にメールサーバーの設定を新たに切り換え、サーバーの共有フォルダーにマニュアルをアップするので、それを使い対処してほしい旨の話。
1時間程苦労したのはナンジャイと文句も言いたくなるが、一応オトナの対応。
その後、結局共有フォルダーには、新しいマニュアルがアップされず仕舞い・・・・?。
16:00を廻り、システム担当者から、電話が入り、直接電話で指示するとの事。
今までのOutlookmailをOutlook365に切り替える作業らしいのです。
無事設定が終了しましたが、以前のアカウントのメールをインポートしたにも関わらず、古いメールは、消えてしまいました。
この辺り私のノートだけで、生じた問題との事。
結局今日一日、オシゴトにならなかったわけで、もう滅茶苦茶。

Powered by FC2 Blog