プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


南岸低気圧が明日頃からやって来るそうですね。
先日関東地方では大雪だったようですが、当地は数センチの積雪と大した事はありませんでした。
南岸低気圧と雪で思いだされるのは、先日も投稿した社員旅行で山梨に帰れなかった事、川俣川東沢に滑落した事、そしてもう一つ。
時はバブル最盛期の頃でした。
夜明け前の大雪に大喜びして、当時乗っていた某社ジーゼルのFFファミリーセダンに最新型スタッドレスタイヤを装着し、ルーフには,雪遊び用にカルフのクロカン鱗板を載せ、目指すは観音峠大野山林道から木賊峠。
しかし、スタッドレスタイヤを履こうが所詮FFセダンでしたので、観音峠遥か手前で雪に行く手を阻まれタイヤは空転。
それでも何とか脱出して、これ以上林道を登るのを諦めて帰路に付いた途端、別の車が側溝にタイヤを捕られ横になっておりました。
手伝って車体を上げようにも人手が足りず・・・・・。
そこにやって来たのは、大きなマッドタイヤを装着した大型クロカンタイプの四輪駆動車。
手伝うように要請したところ快く・・・・でしたが、その風体は凄い姿。
ビッシっと上質のスーツと革靴で極めた兄ちゃん二人、そして同じくドレスアップした若いお姉ちゃん達二人。
雪深い林道に相応しくない出で立ち。
どうも六本木辺りのディスコバー辺りから流れて来たと思われる風体。
それに引き換え我身の姿は、山梨県より支給された自然監視員の上着、それに合わせた作業ズボンを覆うアノラック、足元はゴム長靴ですよ。
真新しい四駆はウインチ付きなのですが、何と使った事がないと仰る。
そこで、自転車を車体に括り付ける時使っているシャックルを取り出し、件のウインチのワイヤーと要救援車を繋いで無事救い出す事ができて、一同満足顔。
何たって、初めて車載の電動ウインチが役に立ったと粋なカッコの兄ちゃん達は、大喜び。
そこで彼らとは別れましたが、そのまま雪の林道を登って行く流石、大型四輪駆動車。
なるほどねぇ、世の中いろいろな人々がいるものだと、思いましたよ。
今から思い返してみると、あれがバブルの頃だったんでしょうねぇ。
街中じゃ全く意味を成さず、燃料をまき散らすだけの高価な大型クロカン四輪駆動車。
金を掛けてドレスアップした兄ちゃんや姉ちゃん達。
当時20歳ぐらいに見えましたから、今は既に50歳ぐらいでしょうか、今はどんな暮らしをなさっているのでしょう。
私はあの頃と全く相変わらず、嫁と慎ましく暮らしております。
スポンサーサイト
今日の韮崎アメダス、-4℃の最低気温じゃ暖かい方??、最高気温も6℃まで上ったそうな。
これで暖かく感じるんだから、今年はホント寒冬なんですね。
今週も火曜日に出勤してリアルなオシゴト。
ようは、WordやExcelで、でっち上げたファイルをプリントアウトして社内の各担当者に回覧して、押印やサインを求め、それをコピーしたり、ISO書類として正式配布版とスタンプを押し、オンボロラミネーターでラミネート後現場へ配布。
サーバーにファイルを登録したりも結構面倒。
終業17:00にAZオフロードに急いで乗り込み、渋滞が激しくなる前に甲府市中心部を走り抜けて1時間。
我慢の子で帰宅し、嫁が夕餉の支度をしている間にバスルームの掃除。
グアテマラ・アンティグア・カペウを一杯淹れて人心地。
某珈琲屋さんのキャンペーンでも一ランク下(カペウが付かないアンティグア)が結構良い値段で売っています(勿論焙煎豆)。
手元の生豆も残り200gと、来月中旬には再度この豆を煎豆屋さんへ発注する予定。
まあ、こんな贅沢な豆を使った自家焙煎なんて分不相応ですが、今更ランクを落とすわけにもいかず・・・・。
孫の近況
娘一家のウェブアルバムを覗いたら、孫の可愛らしい画像がありましたので、皆さまにも自慢したくなった爺馬鹿です(笑)。

今週の珈琲、モカシダモG4に続いて焙煎するのは、グアテマラ・アンティグア カペウを200g。
今回はハイローストを目指しました。
ジェネカフェに生豆を200g入れ、235℃に設定し、一爆ぜが終わって暫く後、焙煎開始から15分40秒でヒーターを切りました。
先程一杯飲んでみましたが、柔らかな口当たりです。
もう少しエージングが進むと更に良い味わいになりそうな塩梅。
IMG_5969.jpg
この処週二日リアルなオシゴトで出勤していますが、明日火曜日もその予定。
さて、何か聴かねばならぬと引っ張り出したCDは、初めてプレーヤーに挿入するショスタコービチ作曲交響曲第6番ロ短調作品54。
レオポルド・ストコフスキー指揮シカゴ響、1968年2月の録音。
ショスタコービチ№6
第1楽章ラルゴが、17分を越える長大で重厚な深刻な香り??、そして第2楽章アレグロは、軽快なリズムと管楽器の織りなすユーモア??とでも表現したい処。
第3楽章プレスト、絢爛豪華な音のデパートとでも表現しても遜色ないオーケストラ作品、各ソロパートの演奏はとても難しそうですね。
交響曲第5番のようにスリリングではありませんが、充分オーケストラ演奏を楽しむのは最高。
この交響曲のアメリカ初演もストコフスキーだそうですが、さすがにお上手。
それ以上にシカゴ響の演奏も凄い。
前述のように3楽章構成の30分を少し越える程度ですが、相当難しそうな演奏を強いられるそうです。

youtubeにレナード・バーンスタイン指揮ウィーンフィルの演奏がありましたので 張っておきます。


外孫のお泊り

ダンナが消防団の新年会と芝焼で留守になるとかで、娘が孫を連れて一晩だけの里帰り。
初の外孫も生後5ヵ月が過ぎ、寝返りをするようになりました。
IMG_5968.jpg
昨日は、長男宅の内孫3人もやって来て、そりゃあもう大騒ぎでした。
今日の午後、泊っていた娘も帰宅し、いつものような静かな日々に戻った処。
今週木曜日頃、恐ろしい南岸低気圧が再びやって来るそうです。
今の処、雪が降るのか雨が降るのか良くわかりません。
翌日金曜日もリアルなオシゴトで出勤しなきゃならないわけで・・・・・。
雪道ドライブも楽しいのですが、チョット疲れるのが心配。
おまけに利尿剤の影響もあって、長時間の運転だと御手洗いもね。
以前某珈琲豆メーカーの特売で購入したモカシダモG4が未だ400g残っており、これを何とか有効活用しようと、ジェネカフェで焙煎。
いつものように200gをジェネカフェのチャンバーに入れ、235℃に設定してミディアムローストを目指しました。
一爆ぜが終わった直後にヒーターを切り冷却しました。
ほぼ目論見どおりのミディアムローストに仕上がり、酸味も充分楽しめます。
イルガチェフコチャレには到底およびませんが、モカフレーバーも感じる事ができました。
今夜で丸一昼夜経過しましたが、少し豆を多めに使い、挽きかたも少し細かめにしたところ、比較的良い味と香りが楽しめます。
まあ、この辺り私の勝手な思い込みがありますので、あまり参考にはなりませんぞ。
一度に生豆の状態で200g焙煎しますが、使う豆の量と淹れる回数も多いため、今週後半には、グァテマラ アンティグア カペウを焙煎します。
焙煎度合の調整をどうしようかと考えています。

毎日寒いよね

今日は金曜日なので、リアルなオシゴトの出勤日。
この処火曜日も出勤しているので、結構疲れます。
昔は毎日だったのですが、3年もこんな生活を送っているとねぇ。
まあ、片道1時間から2時間掛かる自動車通勤時間が効いているのは間違いない処。
IMG_5962.jpg
月曜日の雪がまだ残るラボの駐車スペースに停めた、我AZオフロード。
今朝の韮崎アメダス最低気温は-9.9℃を記録し、今期一番寒い朝。
昨日は、季節風が強かったため、放射冷却が起きなかったようですが、今朝は風が弱くウインドウガラスにも霜が・・・・。
東電さん、家庭での暖房用電力使用が多く、電力不足で他社から供給を受けているそうです。
暖房設定温度を下げるように要請しているそうですが、寒いものは寒いのです。
暑ければ、窓を開け風を入れるたり、みどりのカーテンで木陰を作る事もできますが、寒さは防げません。
幾ら着込んで着膨れても寒いのですからね。
早く暖房要らずの季節になって欲しいものです。




「お寒うございます」で全ての挨拶が済んじゃう程寒い今期の冬。
今朝は、大都会東京都心でも最低気温がマイナス4℃と、48年ぶりの寒さ。
都下府中市では、観測史上最低の8.4℃を記録したそうですね。
拙宅に近い韮崎アメダスも-7.5℃とマアマアの寒さでした。
しかし、昨夜より季節風が強く放射冷却現象が起きにくい筈なのですが、この気温。
風による体感気温は実際より-10℃は低く見積もった方が良さそうな今朝の気温。
そんな季節風で思いだしたのが、先日二男に作り方を教えた凧の話。
このブログでも度々ぐにゃぐにゃ凧の話で取り上げている、ぐにゃぐにゃ凧。
これを二男が作って、甥っ子達と遊ぶ計画を考えたようです。
おそらく本人の方が本気で遊びたいと思うのですが(笑)。
IMG_5961.jpg
黒い凧の上に在るのは、風呂掃除用のブーツです。
大きさを比べてみてください。
レギュラーサイズの450mm×600mmでは、子供の遊びになりますので、900mm×1200mmの大きな凧を作ります。
これは、以前孫達の父親達のために作った伝説の凧。
凧のラインを伸ばすと1,200メートル程の長さ、実際その姿がトンビと間違われた威容な凧でした。
ぐにゃぐにゃ凧
これが寸法ですが、太い部分が全長900mmの竹ひごを使った骨組みです。
道糸は1200から1600mm程度で調整します。
竹ひごは、文房具店や模型店などで手に入りますが、100均にもありそうです。
これにゴミ袋90リットル用辺りの深さ90cm×高さ100cmなら、1つ作る事ができます。
タコ糸も上記店舗或は玩具店等で入手可能です。
ネットなら、確実に手に入ります。
ぐにゃぐにゃ凧でググると、市販のモノから私のような手作りのものまで、沢山ヒットします。

今日も寒いですね

今日は、余裕を持ってのモーニング珈琲、サンアウグスティンも焙煎後2日経過し、だいぶエージングが進み柔らかな味わいになりました。
少し細かめに豆を挽き、抽出温度を少し低め、そして蒸らし時間も少し長めに取りましたよ。
フーフーしながら飲む珈琲も寒い時はごちそうですが、少し低めの温度もその分味の余韻が増すようで、美味しいものです。
今朝の韮崎アメダス、-7.3℃と今年の冬じゃ当たり前の寒さ。
風も弱く陽が射す居間はエアコンを止めても大丈夫。
Youtubeで選んだ曲はプロコフィエフの2番のソナタ。
狭い庭には昨日の雪がまだ残り、暫くそのまま。
取り敢えず午前中は、在宅ワークの続きを熟しながらのんびりと。
AZオフロード運転席側ヘッドライトのバルブが切れたので、マツダディーラーへ予約を入れ16:00頃に入庫を予定。
長男も一応プロなので彼に頼んでも良いのですが、時間が掛かるので専門店にお任せ。
昔は、自分で交換したのですが、無理な態勢だと怪我をする恐れもありますので、気を付けています。
先日から右手上腕が何となく疼痛があり、何処か筋でも痛めたのかと思ったら、知らぬ間に肘の裏側に比較的大きな青痣が????、チョット何かに当たったりするとねぇ。
IMG_5958.jpg
これもワーファリンが良く効いている証拠ですから、極力無理はできませんなぁ。
嫁が出掛けましたので、久しぶりにニールセンの弦楽四重奏曲のCDを聴いています。
IMG_5955.jpg
昼前から雲が広がり、寒くなりました。
再びエアコンのスイッチを入れて寒さを凌ぎます。
エアコンが活躍しているため、電気代の請求書が・・・・昨年の2倍・・・???・・降雪予報もでたようです。
朝は冷えて昨日の雪が残っていました。
我AZオフロード、パートタイム4WDの特性を生かし雪が残る路面をトランスファーの切り替えで楽しく・・・・・???。
渋滞もなく、スリップもせず何の問題もなく・・・・全くつまらないのでして。
不謹慎ですが、折角の雪道が思ったほど滑りませんなぁ。
気温は-ですが、大量の塩化カリウムが撒かれていたようで、凍ってもいません。
但し、お約束のように橋梁部分は雪がカチカチに凍っております。
明朝の冷え込みも厳しいそうですね。
明日と明後日は、いつものように在宅ワークが続き、金曜日は再びリアルなオシゴト。
報道されているように急が付く運転操作は絶対に危険です。
車間距離をできるだけ取る事が大事。
そして時間に余裕を持ってくださいね。
特に気を付けなければならないのが坂道で止る事。
これも車間距離を充分取っておかないと危ないですよ。
そうそう、前述の橋梁部分ですが、前後が坂道になっている箇所もあります。
ここだけは絶対注意してくださいね。
凍りついた歩道を避けて車道を歩かれる歩行者の方が居られますし、滑ってフラフラの自転車も走ってます。
気を付けましょう。
先日焙煎したタンザニアエーデルワイスを飲み終え、昨夜煎豆屋の社長さんに届けていただいた、コロンビアサンアウグスティンスプレモを200g焙煎。
ジェネカフェを使い235℃の設定でハイローストを目指します。
二爆ぜが始まる手前で冷却工程にはいり、ハイローストを目指しました。
IMG_5952.jpg
ふくよかな香りと柔らかな苦味が味わえますが、エージングが進むと更に滑らかな苦味を味わえることでしょう。
昼過ぎから当地は雪模様。
昼は嫁と甲府市内で外食、市内の雪はそれ程ではありませんでしたが、坂を上り拙宅付近まで戻ると大雪模様。
瞬く間に田畑は白くなり道路にも積雪が・・・・・。
18012212.png
こちら、気象庁からお借りした今日12:00の天気図。
南岸低気圧は、時速65キロと比較的早く移動しています。
この速さなら、長時間雪が降り続く事は無い模様また天候の回復も比較的早そうです。
明日は雪が凍り、通勤は緊張が伴いますが、久しぶりの雪道です。
不謹慎にも少しだけ心躍るのを感じざるを得ません。
我AZオフロード、頼もしい相棒。
IMG_5953.jpg
当地今日が初雪だけど、だいぶ積もってきちゃったねぇ。




明日は南岸低気圧が太平洋岸を通過するそうです。
これは、関東甲信地域に大雪を齎すとの事。
少しぐらい降った処で、我AZオフロードの性能をもってすれば???なのですが、問題はその積雪量。
以前もこのブログに投稿した事がありましたが、2014年2月の豪雪の事もありますから油断は禁物。
あの時、勤務先の社員旅行に出掛けた朝から降り始め、120cm越えの豪雪となったそうです。
伊勢鳥羽一泊二日の社員旅行は、翌日未明に宿泊先に辿り着いたものの山梨に戻る事ができず、焼津で3泊足止めとなりました。
以来、南岸低気圧には神経を尖らせています。
付き物の降雪に関しては、降ってみなけりゃ判らない要素も多く、困りますねぇ。
明日の天気予報は曇りのち雪だそうです。
翌火曜日は、週一の金曜出勤だけでは間に合わず、リアルなオシゴトにアルバイト先に向かわねばなりません。
昔は南岸低気圧による降雪予報があると、血が騒ぎ遊び狂ったのは昔の事。
大雪にならねば良いと願うばかりです。

もう開き直って、雪の進軍です(泣)。


今日は大寒のはずながら、最低気温も珍しく僅かながらもプラスの気温、日中も気温が上り最高気温も久しぶりに二桁の10.2℃まで。
午前中は嫁と娘宅の孫初節句用に五月人形などを見に行きました。
ちょうど桃の節句用の雛人形を探す、私達同様な爺婆様が多くいらっしゃっておりました。
そのため五月人形は、まだ余り陳列されておりませんでしたが、大体の兆候は掴めました。後は、予算の問題ですなぁ。
昼食は餃子のチェーン店で、美味しくいただきました。
先日焙煎したタンザニア・エーデルワイスもだいぶエージングが進み、苦味の中の甘みが更に増してきたように感じます。
そんな午後、聴きたくなったのはチャイコフスキー作曲バイオリン協奏曲第1番。
俗にチャイコンで通じる超有名曲。
いろんな方の演奏がありますが、一番のお気に入りは、1990年チャイコフスキー国際コンクールバイオリン部門で第一位に入賞した諏訪内晶子さんのガラコンサートのライブ音源。
IMG_5951.jpg
拙宅にも後年アシュケナージ指揮の録音もありますが、私はこのガラコンサートの方を推します。
ドミトリー・キタエンコ指揮モスクワフィルの演奏です。





Youtubeにコンサートの映像がありましたので張っておきます。
週末金曜日は、アルバイト先でもリアルなオシゴト。
内部監査が終わり大量の文書改訂に追われております。
web上の仮想空間では、相対での意思疎通が難しく、手間が掛かり過ぎます。
芋蔓式に文書を作りましたので、アッチコッチと、難しい作業が続きます。
来週も今秋同様火曜日にも出勤する予定を組みました。
ネットワークで作業していても結局最後は紙文書を回覧押印。
前世紀の仕事が続きます。
沈んだ気持ちを上げるには、やっぱり何か楽しい音楽が一番。
そこで、ブログを更新しながら聴いているのはモーツァルトの41番ジュピター。
IMG_5949.jpg
チャールズ・マッケラス指揮、プラハ室内管弦楽団の全集から最後の曲。
好きな処は、第1楽章の第2主題の冒頭ですが、全体が豪華絢爛。
これぞモーツアルトですよね。
実は、今朝某半国営放送局のFM番組で久しぶりにこの曲を聴き、気になっておりました。
恥かしながら、このチャールズ・マッケラスのジュピターのCDですが、今夜初めて聴いております。

Youtubeに1956年録音のワルター指揮ニューヨークフィルの演奏がありましたので、張っておきます。


この「喫茶きまぐれ」も今月で開店11周年を迎える事ができました。
間もなく延べ79万名のお客様にご来店いただく事になりそうです。
相変わらず、分不相応な自家焙煎珈琲と音楽をネタとしての仮想営業中。
今週後半用の珈琲は、タンザニア・エーデルワイスのシティローストを200g.用意しました。
東アフリカ、タンザニア連合共和国の象徴たるキリマンジャロ山の山麓、標高1,700メートルに広がるエーデルワイス農園産の豆だそうです。
ジェネカフェを235℃に設定し、二爆ぜが始まった辺りでヒーターを切り冷却を始め、シティーローストに仕上げました。
苦味の後にほのかな甘みを感じる事ができる力強い特有な珈琲が楽しめる筈。
IMG_5942.jpg
一杯淹れてみましたが、エージングが進む明日以降が楽しみな珈琲豆です。
昼前、娘が孫を連れてやってきました。
IMG_5943.jpg
おんぶ紐を使い、背負う練習開始。
この孫も生後5ヶ月を迎え、寝返りを打つようになったため、おんぶしながら家事をせざるを得ないようです。
IMG_5946.jpg
やはり新米ママは大変ですねぇ。
頑張りましょう。
嫁がご執心な東京キー局の天気予報。
「今日は雨が降るけど暖かい」そんなの信じちゃいけません。
韮崎アメダス、いつもより暖かな朝でもマイナス気温(-0.6℃)でした。
問題は、最高気温が4.6℃と、5℃に届かない冷たい雨が降っている事。
もちろんエアコンのお世話になりながら居間におります。
ブラームスの弦楽四重奏曲から2番を聴こうと、取り出したのは東京SQのレコード。
40年程前に購入し、ブラームスの初めて交響曲以外を知った想い出の廉価盤レコード。
ビニールの外袋は、時々取り換えていましたが、レコードをジャケットから取り出す際
底が抜けてしまいました。
IMG_5940.jpg
セロファンテープでジャケットの底を補強して一件落着。
まあ、紙なので仕方がありませんなぁ。
ネットワークで親会社のサーバーに繋ごうと、昨日新たに設定したパスワードを入力すれど、赤いバッテンが・・・・・?。
2ヵ月毎にパスワードを設定しなきゃなりませんが、毎回てこずります。
古いパスワードが未だ有効なようで、これでログオンして再度新しいパスワードをダイアログボックスに入力。
これで良しと思いましたが、もう一度赤バッテン。
パスワードを保存するという処に✓しなかったのがダメで、再度やりなおしして、無事終了。
また2か月後に再度・・・・・その頃にゃ段取りも忘れている事でしょう(笑)。
IMG_5941.jpg
既に解散した東京SQですが、好きな弦楽四重奏団でした。
バーバーからハイドンまでと、幅広い演目を熟し、何れも素晴らしい録音が残っています。
東京SQではありませんが、アマデウスSQによる同曲の演奏がYoutubeにありましたので張っておきます。

彼の曲のようにブラームス節ギンギンじゃありませんけど、良い曲でしょ。
ISO9001内部監査が終わり、様々な部署で手順書や作業標準の不整合ヶ所が多数見つかりました。
そのため、改訂依頼が多数集まり、もうタイヘン。
急遽社長に今日も出勤する旨を願い出て、了承。
ネットワークで文書の訂正はできますが、それをプリントアウトして回覧して押印の依頼・・・・嗚呼。
その後サーバーに保存して・・・・コピーを各部署に配布・・・・。
ルーチンワークですが、出勤しないとできませんなぁ。
夜明けの富士
こちら、通勤途上の交差点から写した夜明け前の富士山。 
さて、夕餉のあといただく珈琲は、昨日焙煎したモカイルガチェフG1コチャレ。
柑橘系とナッツ系の鼻に抜ける香りが私の嗜好にぴったり。
元来酸味が強い豆を浅煎りしているので、爽やかこの上ない上品な酸味が楽しめます。
ブログを更新しながら聴いているのは、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィルの演奏で、ブラームスの交響曲第一番。
昔この曲を初めて知ったのは、二次大戦のヨーロッパを舞台にしたオーケストラとドイツ機甲師団との葛藤を描いた映画でした。
第4楽章が印象的に映画のフィナーレを飾っていました。

Youtubeから、カラヤン指揮ベルリンフィルのライブ演奏を貼っておきます。
やっぱり第4楽章好きです。
ベートーベンの第10交響曲と云われる事もありますが、本当にそんな気もします。
今日は、循環器科クリニックで拡張型心筋症の月例定期検診日でした。
駐車場も一杯でしたが、身障者用が空いていたので助かりました。
どうも心臓エコー検査が行われている事も要因のようですが、どうも風邪を引かれて受診される方がおおいようですねぇ。
問題は、その中にインフルエンザを罹患されていらっしゃる方が・・・・・・。
私も一応ワクチン接種をうけていますが、毎年のように罹患しているので、チョット心配。
血圧142/88と少し高めですが、冬なのでこんな処でしょうか。
ワーファリンの効果を示すPTINR値は、2.8と前回の3.0より少し低いですが管理値に納まっています。
主治医には暮れの26日に強い心房細動に襲われた事も報告しました。
鼓動、他問題ないそうで、次回2月19日に心臓エコー検査を受けるようにと云う指示が有りました。
午後からモカイルガチェフG1コチャレを200g焙煎しました。
ジェネカフェを235℃に設定し、焙煎開始14分経過後の一爆ぜが終わる寸前に冷却を開始し、ミディアムローストの少し手前辺りの少し浅煎りにしあげました。
IMG_5937.jpg
一杯いただきましたが、この豆特有の柑橘系とナッツ系の香りが漂う雰囲気に仕上がり満足。
これが喫茶きまぐれ、今週のスペシャリティ珈琲になります。
もちろん当店は、店主も常連客も私が二役を務める仮想喫茶店ですよ。
20:00を廻り、気温は-2.5℃と今日の最低気温を更新。
夕方には灯油の巡回販売車がやって来るのだが、今日は19:00を廻っていた。
3.5キロリットルのローリーが空になってしまい、急遽追加の灯油を運んでもらったそうな。
ホームセンターで購入するより遥かに割高になるが、手間を考えたら安いモノ。
全国的に寒冬なのだから、皆考える事は同じと云うわけで、暖房用の灯油を確保するため、通常より多く買うようです。
拙宅は、今期エアコンを暖房に使用しているため、灯油は風呂と給湯用ボイラーに多く使います。
省エネタイプのボイラーに更新したため、灯油の使用量は減ったはずですが、それでもこの寒さ、灯油の使用量が伸びています。

今夜もブラームスを聴いています。
チェロとピアノのためのソナタ第1番 ホ短調 作品38、いつもはロストロポービチのチェロ、ルドルフゼルキンのピアノですが、今夜はYoutubeからシュタルケルのチェロ、シェベックのピアノを聴いていますが豪快な演奏です。

今日1月13日は特別な日。
それまで、厳冬期八ヶ岳川俣川東沢に滑落して膝蓋骨他数か所骨折、自転車で車と衝突して右手首複雑骨折、その他重傷を負っても都度復活を遂げていたにも拘らず、2005年1月13日心不全を起こし、甲府の総合病院で国指定難病の「拡張型心筋症」の疑いでCCUに緊急入院した日。
当時から心移植以外助かる筈が無いと云われている重篤な心臓病ですが、幸いにもαβ遮断薬剤のカルベジロール、抗血栓薬ワーファリン、別な意味で悪名高き降圧剤ディオバン、他の内用薬を処方され、それらが功を奏したため、以来12年間生き延びております。
運動制限、水分制限、塩分制限、もちろんアルコール類のドクターストップもありますが、仕事も定年まで勤め上げ、現在も不自由ながらアルバイトも続けているわけです。
運動不足も祟り、前述の関節部骨折も影響してか、錆び付いた体となってしまいました。
それでもライフワークの環境保護活動も続けております。
そして毎年聴く曲は、ベートーベン作曲弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132に決めております。
第3楽章に「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と云う病から回復したベートーベンが神に感謝すると云った曲想が描かれているからです。
IMG_5935.jpg
アルバンベルク弦楽四重奏団の演奏をCDで聴く事にします。
途中孫達がやってきたりして、第3楽章は夕食後になりました。
夜も遅くなり、このラップトップにステレオイヤホンを繋いで聴いています。
ベートーベンのSQで、好きなのは、ラズモフスキーそして、やはりこの15番ですね。
IMG_5930.jpg
こんな可愛い孫達を授かりましたもの、また来年もこの曲を聴く事ができるように生きていなきゃね。
いつもレコードで聴いているブダペストSQの演奏がYoutubeにありましたので、張っておきます。

アルバンベルグSQも有りましたが、第3楽章は、ブダペストの勝ち。
金曜日なのでリアルなオシゴトの日。
韮崎アメダスも最低気温は、-8.7℃まで冷え込みましたが、最高気温も3.9℃までしか上がりません。
アルバイト先のラボは、コンクリ床なので底冷えの寒さです。
書類の山と作業標準の改訂依頼のメール、来週は何処かで一日出勤しないと間に合わない状況。
IMG_5926.jpg

IMG_5927.jpg
こちら、毎年春に桃の花を撮影する駐車場。
快晴で風も無く、放射冷却現象で冷え込んだようです。
南アルプスは、長野県境だけでなく静岡県境まで見渡せます。
北を仰ぐと、金峰山や乾徳山、黒金山など奥秩父の山々が見渡せます。
明日は更に寒いとの事。
今夜も湯たんぽが活躍します。
昨日水曜日は、嫁が加入している生協の商品配達日。
大量の商品カタログと一緒に新規加入宅の紹介依頼、宅配夕食、そして宅配費用の割引等が記載されたチラシも一緒。
ほほえみ割
サムネイル画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
そこで目に付いたのは、通常毎回100円掛かっている宅配費が割り引かれる制度。
「ママ割」、そして「ほほえみ割」と云った配送費が半額の50円になる制度があるとの事。
気になったのは「ほほえみ割」について、65歳以上だけの世帯、ご夫婦世帯で、一方が65歳以上の世帯、障がいをお持ちの方がいらっしゃる世帯、自治体認定の方がいらっしゃる世帯が該当するとの事。
この中、「自治体認定の方」とは???、良く判りませんよね。
そこで、生協に確認したところ、対応された方は調べてから連絡するとの事。
夕刻になって、拙宅の配送を担当されている方から連絡があり、私のような特定疾患医療受給者証を自治体より交付されている者が対象になるとの事。
受給者証のコピーと、「ほほえみ割」の申し込み書を来週の配達の折、注文書と一緒に担当者に渡す事になりました。
これで、配送料が半額になります。
僅かな金額ですが、毎週なので年間2,600円程安くなります。
現在特定疾患受給者証を提示する事で、携帯電話の通話料等が安くなる「ハーティー割引」や「おもいやり駐車区域」、インフルエンザワクチン補助、の利用ができます。
この際、綺麗事は言いません。
年金生活ですから、使える制度は何でも使います。
ブラームスのダブルコンチェルト(ムター、メネセス、カラヤン&ベルリン・フィル)を居間のCDラジオで聴きながら、確定申告用医療費控除の添付書類を作っていますが、嫁と二人、細かいのですが集計すると多額のi医療費を支払っています。
国保税も地方税も全て確定申告が基になるため、書類整理が大変です。

Youtubeから良さげな演奏を貼っておきます。
マリスヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、アンネ・ゾフィー・ムターのバイオリン、マキシミリアン・ホルヌングのチェロの演奏だそうです。


バイト先からのメールによる、手順書や作業標準の改訂依頼が多入っている。
在宅ワークと云えど、恥ずかしくて記載できない程度のお手当。
これで沢山の仕事を熟せといわれてもねぇ。
リアルなオシゴトで出勤してると時給で支払われますが、在宅ワークは月に諭吉さんが二人程。
拙宅は、Wi-Fi環境を整えていますから通信費は特に掛かりませんが、別途ラップトップの電気代が僅か。
気がのらないので、今日もブラームスに逃げましょう。
977.jpg

ブラームスボックスセット
居間で作業中なので、レコードは聴けずCDラジオを音源にピアノ協奏曲第1番
この画像、某通販サイトからお借りした物で、本当はブラームス・コンプレート・エディションなるボックスセットからの1枚。
ポリーニのピアノ、ベーム指揮ウィーンフィルと云う豪華な演奏ですが、1979年12月の録音との事。
久々に聴くこの協奏曲、1楽章は辛うじて覚えていますが、楽章が進むにつれて「ハテ、こんなフレーズがあったっけ」などと、まるで未知の曲を聴くような塩梅。
それだけ昨日の2番を聴く回数が多いわけす。
やっぱりボックスセット、とてつもなく安価なんですが、どうしても聴く事が仕事になってしまい、なかなか楽しんで聴く事ができません。
以前、このボックスの蓋を開けたのは相当前のようです。
結局、ゆっくり好きなCDだけ、再度聴き直す事になりますね。
そんなBOXセット、沢山あります(笑)。
先日焙煎した、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモを飲み終えたので、今年2回目の珈琲豆焙煎。
焙煎するのはグアテマラ・アンティグア・カペウの生豆を200g、ジェネカフェに計り入れ、235℃に設定。
今日は、シティローストを目指します。
14分後辺りから一爆ぜがはじまり、それが治まり一息ついて、二爆ぜがはじまった頃ヒーターを切り冷却。
IMG_5924.jpg
予熱で暫く二爆ぜが続いていたのが気になりますが、まあまあの煎り具合になりました。
やはり一杯当たりの豆の量をケチらずに多めにした方が美味しいようです。
IMG_5925.jpg
そして、今日も懲りずにブラームスのレコードを用意。
ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団をバックにレオン・フライシャーのピアノでブラームスピアノ協奏曲第2番。
1960年録音の昨日と同じ、米オデッセイレーベルの廉価盤です。
第一楽章冒頭の長閑なホルンの音色を聴くと、そこは既にブラームスの掌の上。
それにピアノが加わると、更に彼の巧みなオーケストレーションの虜となってゆく・・・・・・。

youtubeからバーンスタイン指揮、ウイーンフィル、そしてティンメルマンのピアノによる凄い演奏がありましたので、 張っておきます。
やはり二つ玉低気圧がやって来たそうで、すでに天候が有れてきた地域も有るそうですが、当地山梨は、うす曇りながら日も差し風も無く比較的暖かな朝。
天気予報によると、昼過ぎから雨だそうです。
たまにはブラームスのレコードを聴こうと引っ張り出しました。
そうだ!、ブラームス祭りをやらかそうなんて思い立ち、プレーヤーに掛けたレコードは、20歳ごろ初めて買ったブラームスのレコード。
米オデッセイ盤(遥か昔の米国CBSコロンビアの廉価盤シリーズ)のブラームス、交響曲第2番。
ブルーノ・ワルター指揮コロンビア響の演奏。
1960年1月下旬の録音だそうです。
IMG_5923.jpg
ブラームスの交響曲中一番好きなのがこの2番です。
ベートーベンの6番に引っかけて、ブラームスの田園などと云われますが、ゆったりとした音の流れからもそれがうかがえます。
どうしてもブラームスの交響曲と云うと、1番の4楽章辺りのような重厚な音楽、そして3番の3楽章のようなロマンチックなメロディーに象徴されるブラームス節。
全ての楽章に於いて、この2番が一番バランス良く私好みな曲。

Youtubeにムラビンスキー指揮レニングラードフィルの演奏がありましたので張っておきます。
古い録音のようですが、私好みです。
珈琲によく合う曲だと思いますが、いかがでしょうか。
今朝の最低気温、何と韮崎アメダスだけプラスR0.6と、異常に高い。
北側の大泉がマイナス7.4℃、都市型の甲府でさえマイナス2.6℃まで冷え込んだにも拘らず、この気温は高すぎます。
明日は成人の日ですが、ハッピーマンデー制度とかで、昔1月15日だったものが、どうしても月曜日を休日にしようなんてアホな決りを作っちまったようです。
祝祭日を全てハッピーマンデー化したかったようですが、さすがに天文現象たる秋分の日や春分の日、そして明治節たる文化の日や天皇誕生日、建国記念の日までは無理だったようですね。
しかし、前回の東京オリンピックを記念して制定された体育の日は、やっちまったわけです。
さて、私が成人式をお祝いしてもらった頃、今から40ねん以上昔は、もちろん1月15日でした。
この日、結構雨や雪になる事が多く、晴れ着の女性が大変だったことが、報道されていました。
明日は、天候が悪化するそうです。
18010809.png  18010909.png
サムネイル画像をクリックして大きな天気図でご確認ください。
こちら明朝9:00、そして明後日9:00、二つのの予報天気図を気象庁からお借りして張っておきます。
日本列島を二つの低気圧が挟むように通過する事が分かります。
これを「二つ玉低気圧」と呼び、初冬や晩冬に多く起こる現象だそうで、大荒れの天候が予想されるそうです。
連休中なので、冬山登山に出掛けられる方も多いのでしょうが、急激な天候悪化に伴う遭難事故も多発する事があるそうです。
ご注意ください。

北海道など、当地より遥かに冷え込む地域も多いのでしょうが、韮崎アメダスによると今朝の冷え込みは、-8.2℃と今冬一番。
やっと小寒に入ったばかりなのに・・・・・。
18010618.png
これが今夕18:00の天気図。
冬型に気圧配置のため当地北西の風が吹いてきました。
18010709.png
これが明朝9:00の予想天気図。
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな天気図をご覧いただけます。
尚、天気図は気象庁のホームページからお借りしています。
高気圧に覆われ、風が治まると・・・・・・放射冷却現象が強まって、明朝も寒そう。
韮崎アメダス、最低気温-4.3℃と、相変わらずの寒さ。
問題は最高気温が、3.5℃と5℃以下だった事。
アルバイト先は、盆地東の縁ですが、最高気温3℃がやっと。
ラボは、風通しがすこぶる良くて、半端ない寒さ。
ワッチキャップを被り、ラップトップのキーを叩く指が悴むほど。
それ程水分を摂っていないのにも関わらず、頻繁に小用に通うありさま。
手洗いは、ラボを出て片道50メートル程の距離のため、手袋を着用しないと折角暖まった指が再度悴む。
作業標準の改訂依頼にきた現場の課長さんに手洗いから戻る道すがら捕まり、寒風の中での打ち合わせは、辛いもの。
帰宅する頃は、既に-2℃以下に気温は下り、21:00には庭の不凍栓に取り付けた蛇口が凍り付いております。
22:00前、最低気温が更新され-5℃以下になりました。
明朝の冷え込み、更に厳しそうです。

Youtubeからアレンスキー作曲組曲第一番作品15を貼っておきます。
寒い夜は、こんなピアノデュオ、良いでしょ。
今朝は-7℃まで冷え込んだ韮崎アメダス、最高気温もプラス7.9℃がやっと。
でも考えてみると、日格差約15℃も有るわけで、さすが山梨県ですね。
さてさて、明日は金曜日なので、リアルなオシゴトのアルバイトで出勤します。
アルバイト先も丁度仕事始め、もちろん始業式だけなんて甘い仕事じゃありません。
ISO9001内部監査がだいたい終わって、不適合報告書が山ほど上って来ている筈。
これを処理するのが、アルバイトの仕事なんだろうか?と考える余裕もない程忙しくて憂鬱な仕事始めですなぁ。
そろそろ、確定申告の準備をするため、医療費控除の明細書と睨めっこ。
Excelで医療費を集計して記載するのですが、私だけでも4ヶ所の医療機関に支払いがあり、それだけでも10万円を軽くオーバー。
しかし、インフルエンザワクチン接種などは、医療費控除の対象外。
そして、特定疾患受給者証更新手続きに必要な「臨床調査個人票」記載に拘わる文書料は、医療費か否や。
通常診断書等文書料は、医療費控除から除外されますが、この場合はどうなのか判りません。
あと、嫁の分の医療費も集計して記載する予定。
いずれにせよ所得金額が少ないので、控除申請する意味があるのか無いのか判りませんが、一応用意しようと思います。
晴れてるけど北西風が強く、最低気温はプラスでも日中気温が上らず、おまけに体感気温は勿論低い。
そんな季節風が吹き荒れる中、長男と娘一家が新年のあいさつにやって来ました。
農林48号米
こちら長男が娘の家族に贈るために持ってきた、昨年の自信作「農林48号」の2017年産米。
まぼろしの米?農林48号「つぶら野米」と呼ぶブランド米とか。
IMG_5922.jpg
昨年生まれたばかりの外孫にもお年玉を渡しました。
孫達4人とも男の子なので、皆元気過ぎますが、可愛いですよ。
一族揃うと壮観です。

正月二日、そろそろ環境省に提出する平成29年の活動報告実績書を用意しなければなりません。
提出の締め切りは、2月末とまだ時間は有りますが、いつ何が起こるかわかりません。
拡張型心筋症を発症した年、同報告書も何とか病が悪化する前に用意し、送っておいたので事なきを得ました。
ここ数年の間にも環境カウンセラーの仲間内で、数人が報告書の提出や更新手続きを怠ったため更新できなかった事例が多く発生しています。
報告書は、環境省のHPからダウンロードした後、活動内容を記載し、メール添付で送付する事になっています。
以前は全てペーパーでしたから、ここでも経費削減が図られています。
1.jpg

002.jpg
とりあえず、昨年の活動実績報告書を作りましたので、貼っておきます。
毎年やってる事は同じですねぇ。
尚、この報告書にも書き込みましたが、この稚拙なブログ「喫茶きまぐれ」も環境カウンセラーとしての活動の一角を占めています(笑)。

Powered by FC2 Blog