FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


3人トリオの内孫達、今日はママがお仕事なので、午前中半日拙宅にやって気ました。
良く晴れて、気温もマアマアでしたから、殆ど戸外で遊ぶ孫達。
HALOのBMXを久しぶりに引っ張り出して、タイヤの空気圧を確認してから安全を確認しながら乗って遊んでいます。
IMG_6087.jpg
私の方針で、補助輪を使わせず、キックバイクでバランス感覚を覚えされば、もう一緒前のBMXライダー。
無理な練習などをさせず、彼らが自らで自転車遊びを覚えるように仕向けます。
上の二人は、3才の頃から上手に乗りこなしています。
2歳4ヶ月の一番下の子は、現在キックバイクでバランス感覚を養成中。
来年の今頃はペダル付のBMXで遊んでいる事でしょう。
孫達が昼食を食べてパパと出掛けた後、私はのんびりマンデリンG1の焙煎です。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、ハイローストに仕上げます。
一爆ぜが終わり、16分54秒辺りでヒーターを切り冷却。
IMG_6089.jpg
一杯テイスティングを行いましたが、明日辺りには相当期待が膨らむ味と香りでした。
スポンサーサイト
昨日程暖かくないようですが、最高気温も20℃オーバー、朝もジャンバーとトレーナーを抜くことができました。
そこかしこに満開の桜花。
そして山梨だからこそ誇りたい桃の花も咲き始めましたよ。
いつもの場所、朝はまだ咲いていませんでしたが、リアルなオシゴトを終えて帰宅途中に寄ってみると咲き始めたのが判ります。
IMG_6076.jpg
朝日じゃなく夕日を浴びて白っぽくなりましたが、これが今年の桃の花。
この土日からでも桃のお花見ができそうですね。
そして来週いっぱいが見頃の桃の花。
いつも投稿しているように桃の花は、桜と違い愛でるためではありません。
桃が結実してナンボのもの。
そのため、摘花摘蕾と云う作業が行われ、一本の桃の木に実る実の数を調整します。
そう、早く観に行かないと、花や蕾が採られてしまいますよ。
各峠を越えて、甲府盆地に入る時、一面がピンク色に染まる桃の花。
それこそピンクの絨毯を敷き詰めたよう。
次の土日が勝負ですね。
IMG_6075.jpg
そしてラボの入り口近くのピット脇、スミレが咲いていました。
韮崎アメダス、夏日手前の24.5℃の今春最高気温を記録。
最低気温も5.3℃と高いのですが、日格差は約20℃。
エアコンも早朝だけタイマーで稼働させるだけ。
おかげさまで、2月の電気料金はオッタマゲル様な高額でしたが、3月はそれより5,000円も安くなって一安心。
その分2月の気温が低かったわけですね。
もう一つ、春分が過ぎて嬉しい事。
夜明けが早まり、日没が遅くなる事。
特に夜明けが早くなるのは、朝型の私には好都合。
一日が長く使えますもの。
F9F08D61-4E74-4639-89E4-32FAC8BB16CF.jpeg

8F2B1A17-2262-460E-9049-076A6F512124.jpeg
こちら娘夫婦は、昨夜夜桜見物に出かけたようです。
web上の家族アルバムに投稿がありました。
孫は酒盛りをする親を恨めしそうに見ています。
さあ、明日はISO9001維持審査も終わって、リアルなオシゴトの金曜日。
通常の週一出勤に戻り一安心。
そろそろ桃の花もほころぶ頃、桃源郷が楽しみです。
気温が上り、自室のステレオで音楽を楽しめる季節がやって来ました。
オシゴトPCのイヤホンジャックからプリメインのAUXに繋ぎ、PCMデータの再生。
本腰を入れて聴くのは、先日ポチッたMP3データ。
メシアンとヒンデミットによる「ピアノとバイオリン、クラリネット、チェロのための四重奏曲」が20円と云う価格。
メシアンは、二次大戦時の収容所で自作自演により初演された、いわく付きの「世の終わりのための四重奏曲」。
これは先日投稿したように自作自演のレコードを今まで聴いていました。
それより更に音楽性が高いと、私なら勝手にそう思える程の演奏です。
ヒンデミットの方なんぞ、作曲者の得意とする各楽器の特性が際立ち、無調の曲でありながらもメロディを感じるような演奏です。
演奏者を調べてみると
バイオリン :フィリップ・グラフィン  
クラリネット:チャールズ・ナイディック 
ピアノ   :パスカル・ドゥヴァイヨン 
チェロ   :コリン・カー       
一番驚いたのは価格ですが、タワレコ通販でCDだと特売でも2,471円也ですが、このMP3データは、何と20円と云う価格設定。
これは安い買い物でした。
そして、ピエトロ・アントニオ・ロカテッリのバイオリン協奏曲集も20円也。
バイオリン独奏は、リサ・ジェイコブさん、お綺麗な方ですね。
もちろん演奏も半端なくお上手です。

こう云った若い方の演奏もyoutubeに沢山アップされています。
Youtubeならタダ、MP3なら20円。
良い演奏と音質、充分鑑賞に耐えるものだと思います。
是非、皆さまにも聴いてほしいですね。
特に第3楽章のカデンツァが素晴らしいですよ。
昨日に引き続き、朝から晴天。
こんな天気なら定番のお花見ですよね。
もちろん捻くれ者の私ですから、ソメイヨシノなんぞに興味はありません。
そこはやはりスプリングエフェメラルの代表各たるカタクリのお花見。
不思議なもので、自生地周辺のサクラの開花に同調するようにカタクリも開花します。
先日ご紹介したアズマイチゲの自生地奥にひっそりたたずむ、地域の氏神様の付近。
規模的には広くありませんが、特に管理や保護されていないため盗掘???もありそう。
でもねぇ、そんな悪さをしたら氏神様の祟りじゃーとなりかねませんから、不届き者はあまりいません。
しかし、写真を撮ろうと無理して斜面を荒らしたりする人は多いようです。
私も昔、三脚の裏側に雲台を取り付け、それにカメラボディには、ベローズと大型の接写レンズを取り付け・・・・???。
ある時、フィールドが荒れる原因が接写などの写真撮影にあると気付き、そんな装備をやめました。
今使っているのはメモ代わりの小さなコンデジ1つだけ。
IMG_60491.jpg

IMG_60481.jpg
カタクリはユリ科の多年草。
先日投稿したように片栗粉の原料となる根茎で増えるそうです。
しかし、根茎から芽を出し、花を付けるまで8年もの歳月が掛かるとか。
IMG_60741.jpg
そして、先日花弁を開いていなかったアズマイチゲも陽があたり、花を開きました。
綺麗でしょ。
カタクリに比べたら一桁以上マイナーな植物ですが、大好きです。
この自生地のカタクリとアズマイチゲが花を落とす頃、少し離れた場所でアズマイチゲと同じ、アネモネ族のイチリンソウ(猛毒だけど、滅茶苦茶可愛い)が咲き始めます。
このように自然のシーケンスは、スケジュールどおりに進んでゆきます。
今日の最高気温も20℃オーバーでしたが朝はまだ5℃以下でした。。
寒がりな私は、早く夏になって欲しいと願うばかりです。
今朝も当地は冷え込み、韮崎アメダスによると最低気温はプラス2℃だったそうです。
そして最高気温は、21.3℃と日格差は20℃弱と、盆地ならではの気候。
昨日焙煎したタンザニア・エーデルワイスは、目論見どおりハイローストに仕上がり、フルーティが香りと爽やかな酸味と後からやって来る軽やかな苦味が堪能できます。
珈琲豆と云えば、まだ僅かに残るルワンダ豆を焙煎していたのは、先日の雪の日。
それが僅かな日数で、この暖かさです。
昨日ポチッた、激安MP3データをCDRに焼けるように編集する作業が一寸面倒でした。
平均律など、各曲名が長すぎて焼き焼きソフトにダメ出しされ、100曲以上のデータに番号を振り、編集。
ダウンロードした時点で、アルバムの順番が???。
結構面倒な作業をこなし、先程から居間のCDラジオでチェック中。
自室のステレオで聴く場合、このラップトップをプリメインのAUXに繋げば済みます。
40年以上前、当時給料の四分の一程を注ぎ込んで、当時甲府のサンリンで買い込んだリヒテルの平均律全曲。
そんなレコードと同じ曲順にMP3データを並べ替え、懐かしく聴いております。
レコードをひっくり返したり、音盤を取り換える事も必要なく、ピアノの余韻に浸る事ができるなんて、当時思ってもみませんでした。
チョット上記のような作業が必要でしたが、これが20円ですもの。
もちろんこちらYoutubeにも全曲がアップされています。

これなら20円どころか、タダです。
レコードプレーヤーのターンテーブルにレコードを載せ、ネオンランプのストロボで回転数を微調整。
ワッツのクリーナーで軽く埃を取り、針を落とす。
あらかじめ絞っておいたプリメインのボリュームを静かに上げて行くと、静寂の中からリヒテルの不思議なプレリュード。
良い時代になったものです。
昨夜は拙宅に嫁した娘が、外孫を連れて泊っていった。
婿殿が飲み会に出掛けたので寂しいらしい。
IMG_6036.jpg
この子も7ヶ月を迎え、匍匐前進はできぬものの後退や回転ができるので目が離せません。某通販サイトのデジタルミュージック販売を覗いていたら、結構安価な曲がありポチってしまいました。
3つのアルバム各20円也で、計60円。
目玉は、拙宅でも昔から後生大事に聴いているレコードでもお馴染み、リヒテルが弾く平均律クラビーア曲集が全曲で20円。
昔レコードからPC-9821を使い、CDRに何枚かダビングした事がありましたが、全曲は未だできていません。
MP3データなら全曲がCDR1枚に納まるので、これ幸いとポチッた次第。
ディスクを入れ替えずに済むのでカーステレオで聴くに便利です。
クラッシックのMP3データは音質が悪いと云われますが、そりゃぁ圧縮データですから、それ相応なのですが、贅沢言わなきゃこれで充分。
どうせ前述のようにAZオフロードのカーステレオや居間のCDラジオで楽しむ程度です。
他にオリビエ・メシアンの世の終わりのための四重奏曲やパウル・ヒンデミットの同形式の四重奏曲なんて云う、私好み(笑)のMP3アルバムまで20円でした。
そしてピエトロ・アントニオ・ロカテッリのバイオリン協奏曲集、リサ・ジェイコブスさんと云う若い女性バイオリニストが弾いていますが、20円でした。
今週前半のスペシャリティ珈琲として用意したのは、タンザニア・エーデルワイス。
IMG_6039.jpg
今日はチョット趣向を変えてハイローストに仕上げました。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、一爆ぜが終わって暫くして(開始後15分)で冷却開始。
明日、テイスティングする予定。
気持ち煎りすぎたかもしれませんが、それも想定内です
何処かで、カタクリが盗掘されたそうですね。
スプリングエフェメラル(春の妖精)の代表格付たるカタクリ。
名前のとおり、近代まで栽培した、この植物の根っこから上質の澱粉「片栗粉」を生成したそうです。
現在販売されている片栗粉、上物でも北海道産のジャガイモの澱粉から作るそうです。
安いのは、あの国の澱粉でしょうか。
度々盗掘されると云うカタクリですが、関東甲信越北部や東北地方では、それ程珍しい植物ではありません。
スキー場やキャンプ場にも咲いているとか。
以前私の勤務先(現在のアルバイト先)からも眺める事ができた程。
今回盗掘されたのは、管理されていた場所だそうです。
私が毎年観に行く自生地は、韮崎市郊外の谷戸にある神社の御神域。
ここのカタクリは結構有名なのですが、それより珍しいのはキンポウゲ科のアズマイチゲ。
田圃の畔の法面に咲いていますが、その田圃の持ち主すらその存在を知らなかったという全く目立たない植物。
以前近くで農作業をされていた方にこの植物について説明したところ、その方を通じ、このアズマイチゲが咲く、この田圃を守ると確約をいただきました。
石灰質の土壌を好むようですが、過度な農薬使用や施肥があると絶えてしまう植物。
このような植物は、田圃などでも人との共生が上手く行われていないとだめ。
柔らかな陽があたると花が開き、陰ると閉じます。
まだ他の植物が芽を出す前、春一番先に柔らかい葉と短い花茎を伸ばし、白い花を一輪だけ付けます。
そして、他の植物が繁茂する前に枯れてしまい、次の春まで一休み。
このブログのプロフィール画像にも使っている可憐な白い花。
IMG_6035.jpg
ね、可愛いでしょ。
今日は朝から晴れて観察には好条件なんですが、孫達の保育があり陽が陰った午後になってしまい、折角の彼女達、花を閉じ始め半分お休みモード。
公的に保護できないかと云うお話もありますが、こう云った植物の場合、前述のカタクリのように保護した事によって皆がその珍しさを知り、かえって盗掘に遭う事も逆に考えられます。
田圃の所有者すら咲いている事を、全く知らなかったぐらいで丁度良いのです。
そうそう、先日シティローストに仕上げたルワンダの焙煎豆ですが、焙煎後3日目にしてやっと味と香味、コクも深まり美味しくいただけるようになりました。
でも品質的には焙煎後1週間程で鮮度が落ちるため、あと数日が美味しく飲める限度ですね。
来週前半には無くなるので、次の豆を焙煎する予定です。
今日は、自然保護の観点から希少野生植物について投稿しようと思っていたのですが、明日に順延??。
実は、某半国営放送局から衛星放送契約の押し売り??的書類が郵送されて来たのです。
某半国営放送局の押し売り
『すでに衛星契約がお済の場合、衛星放送が受信できない場合は、失礼ほどご容赦ください。
衛星放送が受信できない場合は、この葉書をお送りいただく必要はございません。』だそうです。
拙宅は、某半国営放送局とカラー契約を締結しています。
余計なお金を払いたくないですし、メリットも余り感じないので衛星放送の契約は結んでおりません。
ケーブルテレビとも地デジのみの契約ですから、衛星放送を視聴する場合、こちらへも契約を更新しなければなりません。
或は、BSアンテナを設置するかですが、もちろん必要ありません。
それなのに一方的に「衛星放送契約申込書」を送りつけるのは、失礼な話ですよねぇ。
定形外郵便の郵送料、この申し込み葉書兼説明書の印刷代もどうなるんでしょう。
明らかに無駄な金額を浪費しているわけです。
それも全て私達から巻き上げた受信料から支払われるに決まっています。
VHF帯が他の電波に割り当てねばならない??と実しやかに民放と半国営放送局がグルになって、衛星放送で簡単にデジタル化できるものを態々巨額の投資を行い「地上デジタル放送」なるものをでっち上げたわけです。
私自身、テレビは余り見ません(サスペンスドラマの粗捜しは好きです(笑)。)
BSナンチャラで放映している映画にしても安価にレンタルDVDを借りる事で済みます。
クラッシック音楽も流すようですが、目的は「音」ですから無料のFM放送で充分です。
暖かくなるって天気予報を信じたのが間違いの元。
東京キー局の予報じゃ当てにならないのはいつもの事。
結局天候が完全に回復したのは陽も相当傾いた後でした。
そのため最高気温は一桁どまりで、陽も殆ど入らず拙宅の居間も冷えたまま。
さて、最近気になっているのが、清酒大手メーカーのテレビCMです。
そう、登場する製品は勿論清酒なのですが、全て紙パック詰め製品なんですね。
清酒自体通常長期保存して楽しむお酒じゃありませんし、搾りたてや新酒が好まれています。
紙パック詰め製品の場合でも箱の内側に様々なラミネート加工を行う事によりある程度長期保存もできるそうです。
しかしあくまでも私自身の考え方ですが、一年以上保存するのにはむかないんじゃないかと思います。
吟醸酒、なんて高級なお酒も今や紙パック詰め・・・何となく寂しい気がするのは私だけでしょうか。
一升瓶は、重くて割れやすい・・・それも一因で紙パック詰めが多くなったようですね。
そうそう、ビールなんて更に昔からアルミ缶入りの製品が主流になってますものね。
ワインも昨今ペットボトル詰めの製品が登場しています。
ワインは比較的長期保存される場合が多いですね。
そのため、フレッシュアンドフルーティーな新酒などに使われるようです。
ボジョレーヌーボーにもペットボトル詰めの製品があるそうです。
空輸する場合、瓶の重量や破損の事を考えるとそれも時代の選択なんだろうと思う次第。
でもねぇ、何でも軽くて持ちやすくて割れなきゃ良いってもんじゃない気がするのは、元大酒飲みの遠吠えなんでしょうか。
私はドクターストップの身、紙でも缶でもペットボトルでも・・・・なんでも良いかぁ。
18746C1E-2360-4894-85E5-39B6C1F29738.jpg
こちら外孫とママ、そしてご当地キャラクターの「やはたいぬ」さん。
この子が大人になる頃、飲料容器はどうなっているんでしょうねぇ。
朝からの雨が霙から雪に代わり大雪との予報。
こちら南岸低気圧が通過している事を表す今日の天気図。
18032115.png
昼前には、拙宅近くの道路にも雪が積もりはじめ轍の痕が残ります。
IMG_6017.jpg
南岸低気圧がやって来ているそうで、郡内地方(富士北麓地域)は大変な降り方。
日中も気温が上らず寒い一日。
その後雪は弱まりましたが寒さは冬に逆戻り。
昨日ご紹介したルワンダを200g焙煎しましたが、綺麗な豆ですね。
IMG_6018.jpg
いつものようにジェネカフェを235℃に設定し、二爆ぜが始まった処で冷却を開始してシティローストを目指しました。
IMG_6022.jpg
一杯試飲してみましたが、先ず舌に感じるのは苦味の向こう側に僅かに沁みる甘味。
明日辺りには、だいぶ落ち着いた味とコクを楽しむ事ができそうです。
珈琲ベルト地帯、赤道を挟み北緯25°から南緯25°の辺りに珈琲の主な産地があります。
平均気温20℃が適しているため、標高900mから2,000mの高地が適していると云われます。
私が好きなモカイルガチェフG1コチャレを産出しているのはエチオピア。
ウィラサンアウグスティンスプレモは、コロンビア。
何れも政府軍と反政府軍とのいざこざが過去に或は今も続く、政情不安な国々が多いようです。
そして政情不安に伴い人々の暮らしは貧しいようです。
珈琲豆の栽培が主要な産業の一つになっている場合も多いらしいですね。
安価な労働力を使い珈琲豆を栽培する、珈琲プランテーションが行われ僅かな賃金で働く人々も多いとか。
最近は、珈琲栽培にもフェアトレードが浸透し始めていますが、まだまだ僅かな地域にかぎられます。
IMG_6016.jpg
これは、先日長男が私の誕生日プレゼントと称し持ってきたルワンダ産の珈琲豆。
今週後半用に焙煎しようかと思っています。
ルワンダはアフリカ大陸東部にある小さな国で、御多分に漏れず貧しい国です。
内戦で多くの方が亡くなったルワンダの虐殺もありました。
ルワンダを始め珈琲を飲む事は間接的にですが、そんな貧しい国々を支援する事にもつながります。
もちろんフェアトレードの推進が大切な事も理解できます。
でも、どんなに搾取されようが、少しは貧しい珈琲栽培農家にもお金が入る筈。
そのためにも珈琲を沢山飲んで国際貢献しましょうよ???。

エコとケチ???

エコとけち
温水洗浄便座の電源を切るのはケチ。
じゃあ、何のために温水洗浄便座にしたのかなぁ。
快適な生活を送るために必要だからだよね。
電気代が勿体ないと言ってエアコンを使わないのはケチ。
そんな人に限ってテレビが映っていないと安心できないらしい?。
テレビを見なくても死んだりしないけど、エアコン止めて凍えたり、熱中症で亡くなったりする事だってありますよ。
LED照明は電力消費量が少ないから、使っている照明器具を全て取り換えたって。
何でもかんでもLED照明に替えてもねぇ。
LED最大のメリットは、省電力だけじゃないんですよ。
一番のメリットは、長寿命だって事。
つまり、照明に使う電球部分を交換する必要が格段に減るからですよ。
そのため信号機のランプや高所に使う照明器具にぴったり。
でもね、LEDにも短所があります。
密閉型器具(グローブ型など、ケースの中に電球が入っている場合)には、それ専用のLED電球を選択しないと、極端に寿命が短くなってしまいます。
ケチって安物を使ったりすると、エコじゃありません。
玄関や居間に使う調光型ランプも専用品を使ってくださいね。
そして、短時間使う場所例えば手洗い等、LEDランプの金額と電気代を比べてみると、どちらが得か判らなくなりますよ。
次はガソリンスタンドのお話。
僅かばかり安いからって、通勤コースから酷く離れたセルフでの給油なんて無駄。
ましてや給油待ちの間、アイドリングしたりしてね。
そして、最も需要なのは給油に掛かる時間。
みなさんの時給はそんなに安いんですか。
時間と手間もコストだって事、忘れていませんか。
そんなケチな真似はしない方が良いですね。
その分ゆっくり走って、ガソリン代を節約した方がエコにもつながりますよ。
朝は少し冷えますが、もう水道が凍る事もなさそうなので止水栓を開け、夏モード。
今日3月18日は彼岸の入りですものね。
今週前半用にマンデリンG1を200g焙煎。
某珈琲屋さんで特売の豆を購入してあったものを使いました。
これでG1かい?と思わせるような豆ですが、ジェネカフェをいつものように230℃に設定し、一爆ぜが終わって直ぐに冷却を始めてミディアムローストに仕上げました。
通常この豆なら更に焙煎度合を上げるべきかもしれませんが、私は酸味のある珈琲が好きなので・・・・・・。
焙煎直後、丁度一番下の孫を連れて来た長男に飲ませましたが、フツウの人間たる彼には余り好まれない味だったようです。
私には爽やかな酸味と感じますが、一般的には酸味の強い珈琲は好まれないようです。
IMG_6011.jpg
焙煎後時間の経過と共に豆の味わいが変化しているようで、6時間程経つと結構まろやかな味になってきました。
あと二日三日は、味の変化を楽しむ事ができそうです。
珈琲豆は焙煎後1週間も過ぎると、どうしても平凡な味になってしまいがち。
我喫茶きまぐれの珈琲は、苦味より酸味を優先する個性的で偏屈な味。
次回のスペシャリティ珈琲は、常時ストックしているタンザニア・エーデルワイスにするか、長男が私の誕生日にと持ってきた、ルワンダ或はパナマ・ゲイシャにするか決めかねています。
いずれにせよ、上記のように200gの生豆を焙煎して短期間に淹れてしまわないと、自家焙煎を行うメリットが余りありません。
僅かな年金とアルバイト収入で糊口を凌ぐ年寄りには分不相応かもしれませんが、ご容赦くださいね。
朝一番、煎豆屋さんへメールを送り、モカイルガチェフG1コチャレ生豆を1
㎏発注。
記録が残るので、電話よりメールの方が確実。
環境省辺りからの連絡もメールが殆どで、ネット環境が使えない事には、商売にならない昨今。
何か事あっても「メールを見ないアンタが悪い」となる。
仲間内でも環境カウンセラ―登録証の更新をしなかったり、年一度の報告義務を怠ったがために登録を抹消されたケースが多々ありました。
昔は、ご丁寧に文書が郵送されてきたのですが、今や上記の如くメール一本でのご案内のみ。
報告書や更新関係の書式も環境省のサイトからExcelファイルをダウンロードして書き込み、メール添付で送付する事になっています。
手書きにしてもやはり同サイトからPDFフィアルをダウンロード後、プリントアウトした書式に書き込み、郵送します。
或は、分かりにくい?環境カウンセラー報告コーナーにアクセスして、内容を打ち込む形式もあります。
いずれもインターネット環境が整っていて、最低でも私程度のスキルが無いとダメっぽいですね。
さて、昨夜来の北西風が止んだため、放射冷却現象により0℃近くまで冷え込んだ当地。
ピーカンに晴れ渡り、眼科クリニックでの網膜剥離の状況を確認する眼底精密検査には最悪な天候。
花粉症の二男の眼科通院と併せ車に同乗したため、私は運転せずに済みましたが、瞳孔全開のため世の中がピカピカのホワイトアウト状態と思える程の眩しさ。
これは、眼底精密検査を受けた者でなければ理解しがたい苦痛。
夜になるまで、日陰の身として過ごしましょう。
次回の検査は3ヵ月後に予定。
唯、眼科主治医の所見によると、眼科領域ではないのですが、顔や手に心機能の低下による浮腫みが見られるとの事。
やはり先週循環器科の心臓エコー検査で指摘を受けた心拡張による心機能低下が、ここでも再度指摘を受けたわけです。
取り敢えず次回3週間後の拡張型心筋症の定期受診まで、様子を見る事にします。
暖かな朝でしたし、昼頃までは気温も上がり17℃以上をマーク。
しかし文字どおり風向きが北西に変ると一気に気温も10℃も急降下。
やはり気温の変化に体調もイマイチ。
金曜日なので、私が出勤していると思っている連中からのメールが沢山入っておりますが、今日は昨日までの維持審査とそれに伴う準備期間出勤してため、お休みモードに入っております。
珈琲を味わったりとかね。
一番上の孫が保育園を卒業して、その報告のため??ママに連れられた3人の孫がやって来て、相変わらずの大騒ぎ。
そんなこんなで、予定していた眼科眼底精密検査は明日に持ち越し。
今日が曇りだったから丁度良かったのですが、明日はおそらくメチャ晴天。
瞳孔全開の目にはキツイ事でしょう。
今日は、ISO9001維持審査最終日。
ナントカ無事に終了して人心地。
CARは、メジャー、マイナー共になしで、オブザベーションが2件だけ。
まあ、審査機関にとって、昔と違い被審査側の企業は大切なお客様。
ここでCARなんぞ出そうものなら、お出入り禁止も免れません。
明日は金曜日ですが、リアルなオシゴトはお休み。
お天気が良さそう(曇りがち)なので、3ケ月毎の眼底精密検査を受けようかと思っています。
ピーカンの日に瞳孔全開はつらいので、曇りや雨の日は上記検査に於いて、とても良い天気なのですよ(笑)。
そうそう、今日勤務先で、ウグイスの初鳴きを聴きました。
もう直ぐ桜も咲くそうですね。
ISO9001維持審査二日目終了。
ご無体なお話もありましたが、何とか切り抜けて17:00にAZオフロードに乗り込み、相変わらずの渋滞を切り抜けてやっと帰宅。
審査途中で、我心臓君もお疲れモードになったらしく、動悸と胸の不快感が・・・・。
取り敢えず、それ程重篤でもない、恐らくストレスからの心臓サボタージュ(笑)。
帰宅し軒先から懐かしい羽音と囀り。
3月14日にして、早くもツバメさん達が南の国から帰って来たようです。
通常3月下旬頃帰ってくるのですが、急に暖かくなったせいか、今年は早いですね。
先ずは、巣の補修でしょうか。
明朝からチッチッチと目覚まし代わり。
ツバメが毎年やって来る家は、繁栄するそうです。
少しぐらい汚れても我慢しなくちゃね。
ツバメと人の共生関係は続きます。



ISO9001維持審査一日目が終わりました。
今日は長野県の事業所での審査でした。
韮崎アメダス、今朝の最低気温は0.3℃まで冷え込んだため、霜が降りていました。
しかし陽が昇ると直ぐに暖かくなり、夕方でも長野との県境付近の温度計が二桁を示していた程。
今日一日、遠出のためモーニング珈琲も途中でのコンビニ珈琲も我慢して水分摂取を極力落としておりました。
そのため、帰宅して淹れたモカイルガチェフG1コチャレは、格別の味。
明日も暖かい事を願って、早めに休もうと思います。
あと二日、頑張りましょう。
韮崎アメダス最低気温、久しぶりにマイナス0.5℃まで冷え込んだ朝。
それでも最高気温は15℃越え。
オマケに風も弱く、陽射しも強くて冬装束の私でも少し汗ばむ。
今日は、3月の拡張型心筋症の予約受診日なので、甲府市にある掛かり付けの循環器科クリニックへ通院。
いつもなら早めに出掛け、早めの受診を受けたいところですが、今回は心臓エコー検査のため11:00の予約時間厳守。
血圧140/90と少し高めながら、寒いのでこんな処。
ワーファリンの効き目を表すPTINR値は、3.0と上限いっぱいに良く効いています。
今日の心臓エコー検査の結果、昨秋人間ドックで指摘されたように心臓がやはり大きくなってきているそうです。
10年以上安定していた心臓が再び拡張し始めた????。
僅かに動きも弱くなっているが、取り敢えず大丈夫だそうですが、チョット不安ですなぁ。
まあ、治らない病気だから難病に指定されているわけで、仕方がありませんねぇ。
更に塩分と水分の制限を厳しくする必要があるやなしや。
院外薬局で薬を受け取り、11:30なので、午後に予定した、膝関節症の受診のため整形甲斐市の外科クリニックまで、大急ぎ。
午前中の診療終了前に到着する事ができてリハビリ。
IMG_6010.jpg
こちら今週のスペシャリティ珈琲、大好きなモカ・イルガチェフ・G1・コチャレ。
小粒の豆ですが、その柑橘系を思わせる独特な香りが堪りません。
上記循環器科での心臓エコー検査が11:00だったため、その前に珈琲豆の焙煎。
ジェネカフェを235℃に設定し、一爆ぜが完全に終わり切らない処で冷却に切り替えて、ミディアムローストより僅かに浅煎りに仕上げます。
これで、上記この豆独特の風味と香り、そして苦味を抑えた爽やかな独特の酸味が素晴らしいのです。
帰宅して遅い昼食後聴いている音楽は、ホアキン・ロドリーゴ作曲アランフェス協奏曲と、ある貴紳のための幻想曲その他多数の曲。
37b746fa34911befe86d6a8c47043613adfaf3eae77952b49b4f19c7301d6cf9_256x256.jpg
カルロスボーネルのギター独奏、ヤツェク・カスプシク指揮ロイヤルフィルの演奏。
先日某通販サイトのデジタルミュージックサイトより超安価(¥2)で購入したアルバムに収録されておりました。
これをUSBシリコンメディアにコピーして、居間のCDラジオで再生。
久しぶりに聴くロドリーゴは、ロマンティックです。
7年前と云えば、一番上の孫がまだママのお腹の中にいた頃。
退職した今もアルバイトで勤めている会社の就業時間中の出来事。
3時の休憩時間まで間があった時刻だったと思います。
突然ゆっくりとした大きな横揺れに襲われ、社長の命令一過、ヘルメットを被り安普請の事務所から屋外に退避。
そして停電。
それまで笑い物とされていた、手回し発電式ラジオが活躍する事があろうとは、誰も思ってみなかった事。
その時は、まだ被害が実感できずにおりましたが、県内でも地域によって停電が長引くと共に復旧後は、テレビが伝える津波の映像がまるでパニック映画のワンシーンのように思えました。
その後判明した福一の事故と共に仕組まれた?計画停電。
勤務先は計画停電が行われ大変でしたが、拙宅付近は何らかの配慮があったためか、一度も停電しませんでした。
未だ早朝や夜間は冷え込むため、暖房が欠かせませんが、当時は石油ストーブで暖房していた拙宅は、灯油の確保さえしていれば、全く問題ありませんでした。
オール電化・・・この言葉は、それ以前から原発を容認するものでした。
当時のベース電力であった原発は、いつでも最高出力で運転しなけらばならず、夜間はそれだけでも余剰電力が生じ、昼の需要増に備えるため、安価な夜間電力としてオール電化が推進されていたようです。
それだけでは足らず、揚水型発電を行い昼の需要増に電池代わりとして使っていましたねぇ。
それを現野党の当時与党の泣き虫経産大臣閣下、電力不足に揚水型発電を使うなんて「アホ」な事を仰っていましたね。
あれから増えたのは、家屋の屋根に載せるヤツじゃない、発電所と云ってもいい大型の太陽光発電設備。
拙宅から見える日当たりが良さそうな山の斜面にも大きな黒いパネルが沢山増えるようになりました。
当地、フォッサマグナの縁にあたります。
そのため花崗岩質の土壌で磨かれた良質の水道水にも恵まれています。
しかし、反面大地震の危険性も多いとか。
気を付けましょう。
今日は最低気温もプラスの上、朝から晴れて風も弱く昼は二桁の気温。
内孫3人のママがお仕事なので、彼らは拙宅での保育となりました。
予てより外孫の初節句のため、実家である当家より五月人形等を送らねばなりません。
そんなわけで、外孫内孫総勢4人の子供達と一緒です。
一月程前、雛人形シーズンたけなわの頃一度下見をした、甲信地域に店舗を展開する人形専門店に出掛けました。
地域的にこの店では、武田家関係の甲冑飾りが中心になるそうですが、同じ系列店の佐久店では、真田家関係が幅を効かせているそうで、長野店だと川中島に近く、上杉家の勢力圏・・・。
シーズン初めなので、土曜日にも拘わらず、余り混んでいなかったのでゆっくり甲冑飾りや鯉幟を選ぶ事ができました。
shop_kofu_ph_sub_04.jpg
お店のHPより画像をお借りしました。
もちろん娘夫婦が甲冑飾りや鯉幟などを選び、資金繰りは私の役目(笑)。
今春学齢を迎える一番上の孫のランドセル資金は、昨年彼らの親達(長男一家)に渡してあります。
そして、来春学齢を迎える真ん中の孫のため、今年盆過ぎにランドセル資金が必要になりますなぁ。
その後二年後には一番下の孫の分も・・・・。
今年初節句の外孫もいずれ学齢に・・・・・。
もう一つ嬉しい話題は、長男宅の孫3人兄弟が、今秋には4人兄弟になるそうです。
今度こそ可愛い女の子の孫を授かりたいのですが???。
いずれにせよ、孫破産と云った某半国営放送局から伝聞した言葉が実際に身に沁みますねぇ(笑)。
それでも可愛い孫達のためにお金を使うのは、半端じゃなく嬉しい馬鹿な爺婆二人です。

やっぱり3月は春

今日は一日雨が降ったり止んだり、そして北西風が吹いて少し寒くなりました。
それでも最高気温は二桁まで上り、春の雨だったようですね。
二月三月
チョット小さいけど2月と3月の最高気温と最低気温のデータを比べてみました。
2月は殆ど毎日最低気温はマイナスでしたが、3月初旬になった途端プラスの気温。
最高気温も徐々に上り18.9℃なんて最高気温の日もありました。
春めいてきたのが、数字でも分かります。
気象庁の気温データを選び、Excelで表示した表をキャプチャしてみたのがこの画像。
あと二週もすると、春彼岸。
来週でISO9001維持審査も片付きます。
その頃にはアズマイチゲから始まるスプリングエフェメラルを捜しに出掛ける予定です。
月曜日は私達夫婦の確定申告で疲れましたが、火曜日から今日木曜日までリアルなオシゴトでISO9001の審査準備。
明日も最後の足掻きをして頑張らねばなりません。
おかげさまで疲れちゃって、昨日の更新も皆さまへの処にお邪魔する事もできませんでした。
Gmailに某通販サイトから安価なMP3音楽アルバムの紹介がありました。
計2.3G程の音楽データが700円程でした。
重複しているようなファイルもあるでしょうが、これらZIPを解凍すると相当な量のMP3ファイルになるようです。
以前も僅かなポイントを消化するためにダウンロードした事もあり、音楽的にも馬鹿にできないほど鑑賞に耐えるものでした。
そんなわけで、バッハ、ビバルディ、バイオリン協奏曲集、ギター曲などのMP3ファイルを大量に購入した次第。
余ってるUSBメディアに解凍しておいて、CDラジオで聴いたり、パソコンからプリメインのAUXに繋いで再生することもできます。
購入金額の支払いにしてもクレジットカード決済で済ませば簡単。
しかも送料も掛かりませんから、お得感も充分。
安さに釣られチョット多く購入し過ぎたかなぁと思う程。
著作権が切れたり安価な演奏ですが、それでも結構聴きごたえがあります。
いよいよ来週火曜日から維持審査が始まります。
月曜日は、拡張型心筋症の定期受診日で心臓超音波検査を受けねばなりません。
と云うわけで忙しい日々が続きます。

ニコラ・ベネデッティさんのバイオリンで、シマノフスキバイオリン協奏曲第1番を貼っておきます。
こんなマイナーなコンチェルトでさえ、Youtubeで聴く事ができる時代。
これじゃCDも売れなくなりますねぇ。

自信を持って

今日から金曜日まで、来週に迫ったISO9001維持審査の準備のため、リアルなオシゴトで毎日出勤。
そして来週火曜日から木曜日までISO9001認証機関の審査員による審査が続きます。
そんなワケで、今週一杯最後の足掻きと云う塩梅。
昨今日本株式会社を牽引してきたような超一流製造業に於ける、品質管理の偽装問題が浮上しています。
私の勤務先なんぞ、そんな大企業に比べたら塵のようなモノ。
それでも真っ当な仕事をテーゼとして、行っています。
だから、何も隠し立てなく仕事を審査して貰ってかまいません。
でも、チョットねぇ。
但し、認証機関と云えど、本来顧客は私達のような被審査側の企業はお客様。
もしも審査員がご無体な方でしたら、以後グループ内ではオシゴトできないようになります。
本当に10年程前、認証機関が派遣する審査員に対し、親会社がダメ出しして、審査員を交代させたことが本当に有りました。
私のアルバイト先なんぞ、前述のように極零細企業ですが、親会社は日本人なら知らない筈がない???というオソロシイ会社。
この会社に楯突くなんて・・・・・。

さあ、自信を持って仕事に励みましょう。
と云うわけで、サウンドオブミュージックからI Have Confidence(自信を持って)。

続きを読む »

2月の寒さが一転して春が来たらしいですね。
今日も朝から雨模様ですが、それ程寒さは感じずエアコンも早朝稼働しただけ。
さて、昨日の鹿さんとオオカミさんの続きを考えましょう。
鹿さん達が増えて農作物に被害が広がったのは1980年代以降の事。
二ホンオオカミが絶滅したとされるのは1905年。
実際は1900年以降、鹿の天敵となっていたとは考えにくい。
つまり、オオカミの絶滅と鹿の個体数が増えた事に因果関係は無いと思うわけです。
鹿が増えた原因として一番考えられるのは、積雪量が少なくなったことが一番大きいのではないでしょうか。
積雪が45から50cmで餌を摂る事が困難になり、50cm以上の積雪日数が50日を超えると死亡する鹿が増えるそうです。
これは、足の長さが関わっているようで、小鹿なら尚更少ない積雪で死んでしまうそうです。
この雪の深さについては、鹿だけでなく、猪にも当てはまるようです。
今年、各地で積雪が多くなりましたが、鹿さん達も受難の冬だったのでしょうね。
そんなわけで、オオカミさん達を再導入して鹿さん達を食べてもらうのはチョット引っかかるのです。
そして狩猟人口の激減も鹿等野生動物増加に関係があるようです。
生き物を守ろうと云うのが自然保護と考える風潮もありますが、人間にとっても農作物を栽培する事は、生活の糧を得るためでもあり、食料を得るためでもあるわけです。
皆さんどう思いますか。
そして以前投稿したように嫁と連れ立って、確定申告に合同庁舎の甲府税務署に出掛けました。
いつもは、市役所で申告するのですが、チョット事情があってこちらになりました。
etaxを使わせようと、担当の方はサポートするのですが、とても分かりにくいアプリケーションソフト。
携帯電話同様、年寄りには理解しがたい内容でした。
来年は勿論地元の市役所でやりましょう(笑)。

暖かくなりました

昨夜は湯たんぽを除けて寝ておりました。
風も吹かず晴れた朝、お決まりの放射冷却現象で、韮崎アメダスは、0.2℃まで下がったようです。
それでも居間のエアコンを8:00前には止める事ができる程、窓越しに入る朝の陽射しが暖かい。
午前中に14℃まで気温が上り春が来たと喜んでおります。
今日Googleの扉は、こんな画像。
今日のGoogle
Googleに祝ってもらいチョットだけ嬉しいかなぁ。
チョット気になったのはF.B.に友人が参加した「日米オオカミフォーラム」に付いての話題。
米国イエローストーンでのオオカミ再導入による害獣駆除の成功例を基に本邦でもオオカミを再導入して害獣駆除を行おうという考え方。
ニホンオオカミは、大正時代に人間により絶滅させられたと云う記録があるそうです。
以来、天敵が減った害獣とくにニホンジカやエゾジカが増えすぎ、農作物被害が増えてしまった。
そのために何処ぞからオオカミを再導入して鹿さん達の天敵に成ってもらう????らしい。
人間の活動が基で絶滅させてしまったコウノトリやトキを何処ぞから調達し、再導入を計った事例と似ています。
私達が生きて行くための活動に於いて、生態系が変わるのは自然淘汰が正常に機能している証拠。
確かにそれは人間が悪いのかもしれませんが、私達も生態系に組み込まれている証でしょう。
一度絶滅させてしまって、困ったら縁もゆかりも無い個体を再導入して活用しようなんて虫が良すぎませんか。
これこそ本物の自然破壊、生態系の捻じ曲げ以外ではないと思いますよ。
大体、鹿が増え過ぎたのは極近年のお話。
30年以上前、私が山梨県自然監視員になって、ご機嫌で山野を彷徨っていた頃こんな活動がありました。
「八ヶ岳山麓の赤鹿を保護しよう」って云う嘆願書を県に送った事がある程でしたもの。
今じゃそんな八ヶ岳の赤鹿さん達、大手じゃなく大角を振って山麓の田畑を荒らしているそうです。
まだまだ・・・・続きは明日に。

本日休業

喫茶きまぐれ、本日臨時休業いたします。
再来週はISO9001の維持審査。
私一人で空回りしているようで、何となくめげそうになっている。
関係者に審査予定のメールを送り、根回しの段取り。
アルバイトの身分で、社長に話を付けるのも面倒な話。
17:00きっかりにラボを出てAZオフロードを駆って帰宅の途に就きます。
拙宅と勤務先の距離は、国土地理院、甲府1/50,000地形図の西端から東端まで。
酷いラッシュに遭わず、何とか18:00前に帰宅できました。
夕餉の後、明日から使うコロンビア・ウィラ・サンアウグスティン・スプレモをジェネカフェで焙煎。
シティローストを目論見、二爆ぜが始まる処で冷却を始めました。
IMG_6005.jpg
飲んでみるのは明日にしましょう。
落ち込んでいる時、何か元気になれそうな曲???。
マイフェイバリットシングスなんていかがでしょう。
特にラストの方の歌詞が好き。
Girls in white dresses with blue satin sashes
Snowflakes that stay on my nose and eyelashes
Silver white winters that melt into springs
These are a few of my favorite things

When the dog bites
When the bee stings
When I'm feeling sad
I simply remember my favorite things
And then I don't feel so bad

だれだい?、そうだ京都行こうなんて言ってる人。
大好きなサウンドオブミュージックから、マイフェイバリットシングスを張っておきます。
春一番じゃない。
韮崎アメダス最低気温2.5℃と暖かな朝ですが、強い雨と雷。
陽が射したかと思うと再び雷と雨。
結局午前中陽が射さず、東京キー局の天気予報では春の陽気と云うが、寒くて春じゃない。
結局11:00頃までエアコンだのみ。
それでも午後からは陽が射し、15.7℃が最高気温。
しかし、春一番とは程遠く、毎度おなじみの冷たい北西風がメチャ強くちゃぁ体感気温は下るばかり。
爆弾低気圧が北に去って、更に冬型の気圧配置が強まり、さむそうです。
18030115.png
15:00の天気図をお借りしましたが、等圧線が細かく縦縞模様。
明日は、金曜日なのでリアルなオシゴトで出勤ですよ。
確定申告を来週月曜日に予定し、嫁と一緒に申告に出掛けます。
昨年は地元の市役所で済んだのですが、今回は諸般の事情があり、甲府税務署で申告を行わねばなりません。
気掛かりは、駐車場の事。
甲府税務署は、甲府市北口の合同庁舎にあり、駐車場が少ないのです。
早めに出掛ける以外対処方法はなさそうです。
取り敢えず、申告に必要な各源泉徴収票、各控除証明書類、国保税の計算も終え準備完了。

Powered by FC2 Blog