プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


皆さま、お暑うございます。
この言葉が、おはようございます、からこんばんは、にまで使える便利な季節。
今朝も韮崎アメダス、昨日同様熱帯夜寸前の24.3℃で踏ん張りました。
もちろん甲府も勝沼も連日の熱帯夜だったようです。
そして、今日も猛暑日の37℃オーバーで風邪に罹患したような気温だそうです。
この暑さも、あと一月も続かないはず。
多分盂蘭盆会が過ぎる頃には、朝夕涼しい風が吹いて来る筈。
IMG_6348.jpg
久しぶりにこんなCDを掛けました。
ノイマンチェコフィルのバルトーク作曲バイオリン協奏曲第2番、アンドレ・ジェルトレルのバイオリンです。
1965年の録音ですが、所有する音源の中で最も新しい録音。
あとはメンゲルベルクが振る作曲当時の録音やフルトベングラー指揮メニューインのバイオリンなんて、古いもの。
先日某半国営放送局のFM番組で、オケは忘れましたが、ギル・シャハムのバイオリンで最終楽章を少しだけ聴き、またいつか全曲聴こうと思っても今日になった次第。
韮崎アメダス、今日も猛暑日一歩手前の34.9℃。
遠雷は聞こえますが、今日も夕立は来そうにありません。
スポンサーサイト
韮崎アメダス、今朝の最低気温が24.8℃と辛うじて熱帯夜を免れた当地。
もちろん甲府は熱帯夜。
甲府が連日熱帯夜なんて聞いた事がない程の今年の夏です。
今朝もGoogleの扉絵が代わっていたので、何だろうと思ったら指揮者のクルト・マズアさんの生誕91周年記念だそうです。
18061803.jpg
2015年に亡くなられていたとは知りませんでした。
まだお若いと思っておりましたが、享年88歳との事。
クルト・マズアと云えば、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団長の要職ですよね。
かのフェリックス・メンデルスゾーンの頃から続く名門中の名門オーケストラの総帥。
久しぶりに奥から引っ張り出した、こちらのボックスセット30枚組。
一度全部のCDを一通り聴きましたが・・・・・・時間がたつと忘れちゃった曲もおおくて
またいつか聴き直さないとねぇ。
180618.jpg
フェリックス・メンデルスゾーンの曲を集めたものですが、やはりオーケストラ作品は、このクルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏がメインになりますね。
先日日曜日に焙煎したのは、エーデルワイスじゃない普通のキリマンジャロが200g。
温度センサーが時々トチ狂ったようで、チョット高温になり過ぎちまうジェネカフェを使って焙煎しました。
まあ、最高温度でも250℃まで使えるので、多分問題なかろうと高を括り、一応いつものように235℃に設定しました。
どうせ煎り豆の色と排気の匂い、そして重要な一爆ぜと二爆ぜのタイミングを掴むのが肝。
シティローストを目指し、二爆ぜが始まった処を捉えヒーターを切り冷却開始。
余熱で少し焙煎が進みますが、許容範囲と云う処でしょうか。
昨日辺りから良い塩梅になりましたが、3日経過した今日あたりからが一番美味しい処ですね。
18061801.jpg
メリタとマキネッタ、双方で淹れてみましたが、酸味と苦味そして香りのバランスも良く、今回の焙煎は上出来でしょう。
月末辺り、ジェネカフェを修理に出そうかと思いますが、またお金が飛んでゆきます。


今朝の韮崎アメダス、辛うじて熱帯夜手前の24.4℃が最低気温。
夜間から早朝に掛けて、雲に覆われる事が多く気温が下がりずらいようです。
晴れたら放射冷却現象が起こり、真夏でも冷え込むのですが。
午前中に30℃をオーバーし、最高気温は33.6℃。
オオムラサキを一目見ようと、ご近所里山にお邪魔しても御留守。
7月も半分過ぎ、今年は未だ「ヤマホトトギス」を見ていないことに気付き、早速韮崎アメダス観測地点に近い自生地を訪れました。
180717A.jpg
ミズヒキやヤマハッカなど、この時期の花に混じり、ヤマホトトギスも咲いています。
ヤマホトトギスは、ユリ科の多年草。
可愛らしいその姿は、一度見たら忘れられませんね。
ここ以外にも以前アルバイト先の裏手に自生地が有ったのですが、今は咲いておりません。
この事について、以前何度も投稿した事がありますように私の軽率な行動により盗掘されて全滅した苦い経験が思い出されます。
セミの声もニイニイゼミに混じりミンミンゼミも聞こえてきます。
数年前まで、甲府市に「山梨県ボランティアNPOセンター」という建物があり、そこを県内ボランティア活動の拠点として活用しておりましたが、建物の耐震性他の問題で使えないことになりました。
以来、チョット停滞気味の県内ボランティア活動です。
みなさま、ボランティア活動で一番大事なことは、何だと思いでしょうか。
以前そんなボランティア活動について皆で思いを伝えあう、ボランティア研究集会なる活動があり、その役員や実行委員長に祭り上げられた経験があります。
そこで仲間と討論したのは、以下のような当たり前のことがら。
先ず、前提としなければならないのは、援助を必要としているみなさまの負担になってはならないこと。
また、援助する側もそれを苦行としてじゃなく、活動することを楽しむ余裕が必要です。
今回の場合でも、被災された方の役に立っていると云う思いを持つことが大切。
活動に際しては、「顎・足・宿・無し」が原則。
活動日数に応じて、自前の食糧、飲料水、テントや寝袋、そして移動手段も全て自前って事。
そして、無理を絶対にしないことも原則の一つ。
例え成果が思いどおりにあがらずとも、深入りせずに予定どおり撤収して、次の機会を模索することが大事。
そして、先様地域のボランティアセンターへの登録とボランティア保険への加入も常識。
毎日暑い日々が続きます。
ボランティア活動をされる皆さま、体調変化に気を付けて、ご無理のないように頑張ってください。
被災された皆さまの顔に笑顔が戻る日を夢見ましょう。

ハザードマップ

どこまでホントなのか判りませんが、テレビのニュース番組で流されている今回の豪雨災害に遭った皆さん、異口同音に「ハザードマップ」を知らなかったと仰る事。
先日投稿したように私が住む自治体でさえ、土砂崩れ、水害、地震、はては溜池に関するハザードマップが作成されています。
今回の惨事発生場所は、全て自治体が想定するハザードマップと粗同じ範囲だと報道。
これじゃまるで、ハザードマップを調べなかった被災された皆さんが悪いと言ってるのと同じじゃないの。
特に民放に言いたいのは、ハザードマップの事をなぜ一般の皆さんに周知しなかったのかと云う事。
某半国営放送局の番組では、ハザードマップについて聴いた事がありました。
拙宅でも、住宅ローンが終わると同時に団信保険も切ますから、新たに火災保険を契約しなければなりません。
以前投稿したように「水災」を保険契約に含めると、とても高額な保険料になります。
この積み木のお家を建設した会社が代理店として勧める、安価な保険契約を締結。
予算的に20年契約の一括支払いにしたので、少しでも保険料は削りたいワケ。
そのリスクを推し計るため、参考にしたのがハザードマップ。
水害とそれに伴う土砂崩れですね。
当時、溜池決壊と云う事まで考えなかったけど、少し遠いので大丈夫と高を括りました。
まあ、幸い溜池ハザードマップからも外れていたので一安心。
ハザードマップを詳細に眺めると、そこに新しく造成された住宅地もあります。
新しく入居された皆さん、ハザードマップを確認したのでしょうか??。
我自治体の広報誌には、ハザードマップについて、事あるごとに掲載されていますが、どこまで住民の皆さんへ浸透しているんでしょうかねぇ。
今日も猛暑日だった地点が多かったようです。
被災された皆さま、またボランティアの皆さま、くれぐれも暑さ対策をお忘れなきようお願い申し上げます。
県内でも多少高冷地にある韮崎アメダスさえ、35.2℃と猛暑日を記録した今日。
甲府は、37.3℃と体温並と言うより風邪を引いたような猛暑。
更にアルバイト先に近い勝沼アメダスなんぞ37.6℃と、体温なら間違いなく風邪も重症になる程。
明日は更に40℃近い暑いらしいです。
180714.jpg

こちら今日の暑かった地点ベスト8だそうですが、前述の勝沼アメダスも8位タイにランクインですね。
もう、開き直って暑さを楽しんじゃったらいかがでしょうか。
高温が予想される地域では、日々猛暑ランキング一位を目指し、温度を記入したたて看板まで用意する熱の入れよう。
山梨の場合、他の地点と違うのは、最低気温が低い事。
都市化が進んでいる甲府は例外として、他の地点の場合最低気温が25℃を上回る熱帯夜を記録する事は滅多にありません。
韮崎アメダス今朝の最低気温は、23.3℃でしたから、日格差12℃近く有った事になります。
いつも投稿するようにこの日格差こそ、果物王国山梨を支えていると云っても過言ではありません
太陽の恵みをたっぷり浴びた果実は、夜間の冷涼さで糖度を高めますよ。
それでも地球温暖化の影響なのか、以前に比べ夜間気温があまり下がらないこともあるそうで、果物の糖度が低くなる傾向も拭えないそうです。
今日の韮崎アメダス最高気温は33.7℃だったそうです。
甲府は、ほぼ予想気温の34.9℃まで上り、明日は37℃予想と体温以上まで気温が上るとか。
ここまできちゃうと、みどりのカーテンで涼しくしようなんて甘っちょろいことは言いません。
絶対にエアコンを使うべきでしょう!。
もちろんテレビを消してね。
エアコンは電気代が勿体ないと仰り、テレビを点けっ放しにしていちゃいけませんね。
大型テレビの液晶画面だって発熱が多いんですよ。
私は好きじゃないけど、扇風機を使うのも良いですね。
先日某半国営放送局朝の連ドラのワンシーン、扇風機の風を壁に当てて柔らかくすると云う話がありました。
これ良さそうですね。
直接渦を巻いた風が体に当ると、気持ち悪いのですが、壁から跳ね返った柔らかな風なら歓迎したいところです。
小まめな水分補給も大切ですね。
余程高負荷の運動や仕事で汗を大量にかく場合を除き、スポーツ飲料より唯の水道水や麦茶などはいかがでしょうか。
余り冷たい飲み物は、体に良くないそうですから、常温の飲料が良さそうです。
でもね、寒い冬に比べたら、猛暑日の方が遥かに過ごしやすいと思います。
だって、寒くありませんものねぇ。
薄着で過ごせますし、血圧も低めに推移します。
リアルなオシゴトだった平成最後の13日の金甌日も残り2時間半程でおしまい。
明日から3連休の皆さまも多いと思います。
テレビを消してエアコンで涼みましょう(諄いですね(笑))。
昨夜半、雨音に驚き家じゅうの開け放った窓を閉めました。
犬のカイ君が施錠代わりなので、夏は玄関と犬小屋から離れた居間の一部を閉めるだけ。
その雨も暫くすると上がったようです。
それでも韮崎アメダスによると夜半頃1時間強の間に26㎜の雨が降ったようです。
この雨が一日降り続くと・・・・恐ろしい事です。
当地は雨量が少ないので農業用溜池が多く点在しています。
今朝も今回の豪雨被害で被災された瀬戸内側地方の事を報道していました。
そちらも通常雨量が少ないようで、農業用溜池が多くあり決壊が心配されているとの事。
ですから、他人事とは思えません。
当地も同様な状況ですから、市のHPからハザードマップを閲覧しました。
洪水

土砂災害
水害ハザードマップ、土砂災害ハザードマップに加え、溜池ハザードマップがありましたよ。
以前も投稿しましたように一部富士川口を除き、甲府盆地は2,000mから3,000mの山稜が連なり、雨雲の多くをブロックしているようで、年間降水量が1,200㎜程。
下手をすると1,000㎜以下なんて年も過去ありました。
特に拙宅の付近は台地なので農業用水の確保は先人からの悲願でした。
そのため、各地に多くの農業用溜池が作られてきました。
溜池
でも、このように溜池ハザードマップが用意されているとは、おもいませんでした。
とは言え溜池の直ぐ近くや、放水路の近くにも新興住宅地が整備されています。
幸い拙宅の地区はいずれのハザードマップにも該当せず、今の処安心できます。
数十年に一度と云った規模で起きる災害が、今やまるで日常的に起こっています。
ですから決して侮る事はできません。
皆さまもお住いの自治体にハザードマップが用意されていると思います。
各HPから閲覧できますのでお試しください。
そしてもしもの備えとして、水災や雨による土砂災害の場合にも適用される損害保険を準備なさることをお勧めします。
通常の損害保険(火災保険)の場合、水災適用されないことがありますのでご注意ください。
拙宅の場合、どう考えても水災に遭いそうにない地形の地域にあるため、水災保険を契約していません。
たぶん大丈夫だと思うのですが・・・・・?。
今回の豪雨災害で多くの方が亡くなられ、また家屋等の被害も相当数に上っております。
亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。
また、少しでも被害を小さくするためにも上記のようなハザードマップのご利用をお勧めします。
今日は、私が住む地域の特定疾患受給者証更新手続きの日。
全疾患の患者さん達を一日で受け付けると云った、凄いですよね。
もちろん、他の地域や中北保健所で更新を受け付けておりますが、遠出になりますし暑いさなかですから、できるだけ地元で更新したいもの。
以前は、受付予定時間前に手続きが始まっていたのですが、昨年は定刻どおりに実施され、長時間待たされる羽目になりました。
誰かがクレームを付けたものか、今年は受付時間を1時間も前倒ししたようで、楽でした。
受付会場は、拙宅から丘を越え車なら10分程の距離。
提出書類のチェックリストまで用意され、お役所的にいろいろな書類を提出しなくてはならず、年寄りには????ですなぁ。
それでも10:00頃には会場を出る事ができて一安心。
IMG_6333.jpg
あとは、認定され新しい受給者証が届くのを願うだけ。
拡張型心筋症の主治医によると、昨年の認定から対象者の選別が厳しくなったようで、多くの患者さんが認定されなかったそうですから、今年はどうなりますやら。
マイナンバーの記載やら証明やら、以前に比べ、格段に面倒な手続きになりました。
この受給者証の更新手続きには、臨床調査個人票をはじめ、多くの医療検査が必要となり、金額的にも多くの費用が掛かります。
対費用効果を考えると、私程度の自己負担率だと、余りご利益が無いのかもしれませんが、もしも病が悪化した場合を考えると、受給者証を更新せざるを得ません。
7月も既に中旬となり、例年ならば国蝶オオムラサキを愛でに行くのですが、下肢の踏ん張りが効かないので、傾斜地や不整地に足を踏み入れるのは躊躇せざるを得ません。
以前なら、MTBのアバランチェでアプローチも簡単だったのですが、自転車にも跨れないふがいなさ故、AZオフロードでご近所里山に出掛ける始末。
IMG_6329.jpg
午前中、そんなクヌギ林の入り口に車を止め、暫く空を仰ぐと懐かしいオオムラサキの舞うシルエットが浮かびますが、一頭を確認しただけ。
手近まで、かの蝶がやって来ず詳細は分からず仕舞い。
過去大発生した折は、そこかしこに目だったのですが、今年も優雅な姿には会えません。
あと暫くの間、クヌギ林詣でが続きそうですなぁ。
アバランチェで憩うオオムラサキ♂
こちら、10年近く前の古い画像ですが、アバランチェのブレーキアーチにアクセサリーのように舞い降りたオオムラサキの♂。
この頃は私も元気でしたが、今はねぇ。
無理せず一時間程クヌギの梢を仰いだ後、撤退しました。
IMG_6331.jpg
午後からは掛かり付けの眼科クリニックで予約していた、視野検査を受けて、今日の予定は終了。
視野検査は、瞳孔を開いたりしないので苦痛は余りありませんが、光点を探すために目を見開かねばならず、ストレスと目が疲れますね。
次回の眼科検診は、9月に入ってから眼底精密検査を受けなければなりません。
こちらは瞳孔全開の苦痛を伴います。
そのため曇りや雨天を選んで日程を調整する予定です。


夜半過ぎ、毛布を蹴飛ばしていたせいか、寒さで目覚めました。
未だ毛布は、ナンチャラ・ウォームと云った某量販店で販売している冬用のもの。
昨年も夏用寝具の出番がなく、上記毛布を常用。
当地、気温こそ上がろうが、風が通り抜けるため市街地に比べれば遥かに涼しい地域。
もちろんその分だけ冬の風は半端じゃありません。
韮崎アメダスによると、今朝は20℃以下まで冷え込んんだようですが、この後もちろん真夏日気温に達するのは、あたりまえ。
今週後半に使うお薦め珈琲豆は、コロンビア・ウィラ・サンアウグスティン・スプレモ。
この豆を200gシティローストに仕上げる予定です。
どうもジェネカフェの温度センサーが逝っちゃってるようで、当てにならないためチョット高温での焙煎になり、235℃設定でも240℃まで上るようになりました。
まあ、温度や時間より、豆の色と排気の匂い、そして一番重視するのは、豆が爆ぜる音。
比較的大きな音の一爆ぜが静かになり、短くチッっと二爆ぜが始まる瞬間を捉えヒーターを切りました。
余熱でその後も僅かに二爆ぜの音が続きましたが、何とか目論見どおりに仕上がった筈。
豆の表面には油がまったく滲まないため、少し浅めの焙煎度合になったかもしれません。
取り敢えずテースティングは、明朝の予定。
IMG_6328.jpg
午後から嫁が出掛け、家には私と学校から帰ってきた孫だけ。
空模様を見ると拙宅周辺上空には晴れ間が見えますが、西と東の空には、かなとこ雲・・・・・!!そして遠雷の音。
洗濯物を取り込むのは言うまでもありませんなぁ。
180709.jpg
レーダーナウキャストで、発雷傾向を調べると甲府盆地の西と東に雷雲が見られます。
家の各窓が全開のため、夕立が来ないことを祈っております。
閉めると暑いですからねぇ。
曇りがちで涼しかった午前でしたが、午後久しぶりにお日様が顔を出した当地。
甲府は、もちろん真夏日ですが、韮崎アメダスは28.5℃とチョット低いけれど蒸し暑い。
我AZオフロードの原型車種たる、スズキ自工のジムニーがフルチェンジしたようなので、スズキディーラーのお店を二男と見学。
20年ぶりのモデルチェンジだそうで、新型カッコ良いですね。
IMG_6320.jpg

IMG_6321.jpg
まあ、今乗ってるAZオフロードだって、14年目で未だ走行距離16万キロ手前ですものマダマダ現役です。
いつも投稿しているように車は、点検修理を怠らなければ、長く使えるますからね。
もちろん新しいジムニーに買い替える予算なんてありませんけどね。
サイドアンダーミラーがフェンダー上から消え、インタークーラー吸気口(昔パワーバルジと呼びませんでしたか)がボンネットから消えてスマートになりました。
マツダでは、もうAZオフロードを販売しないので、新型ジムニーをOEM販売する事は無さそうです。
IMG_6326.jpg
一抹の寂しさも覚えながらトレイに置くCDは、こちらのモツソナ。
お気に入りのKv.284を手近にあった若い頃のマリオ・ジョアオ・ピレシュさんの録音からです。
当地今日は朝から雲が厚く垂れこめていますが、雨は降っていません。
雨雲レーダーには、線状降水帯がはっきり映っています。
180707.jpg
(気象庁のHPから降水ナウキャストの画像をお借りしました。)
嫁と一緒にテレビに映る雨雲レーダー(降水ナウキャスト)による雨雲の流れを見ていると、西側は、長野県との県境付近の南アルプスを境に雨雲が除けてゆくのが判ります。
北側もやはり、八ヶ岳と関東山地に阻まれているように見えます。
同じ山梨県内でも郡内地方域(富士五湖周辺地域)は大雨警報も出ていたようです。
ここは難攻不落の要害の地、周囲を2,000mから3,000m級の山稜を連ねた甲府盆地です。
年間降水量が1,000㎜に満たない年もあります。
冬は本州でも一二を争う寒さ、そして夏は全国で最も暑い地域。
日格差20℃越えは当たり前。
昨日も投稿したように甲府盆地にもウイークポイントがあります。
それが富士川口と云って、富士川が流れる谷間。
ここだけ標高が低いので、台風がこの谷間を遡上してくると大惨事になりかねません。
昭和34年の7号台風については、当時まだ幼児だった私の脳裏にもその恐ろしさが焼き付いているほど。
この台風も富士川口を遡上して来た台風でした。
甲府盆地も何時また災害に見舞われるかわかりません。
まだまだ、大雨が続く地域もあるようです。
皆様くれぐれもお気を付けください。
IMG_6319.jpg
夕方の珈琲タイムのあと、今聴いているCDは、こんな曲集。
今日は、週一のリアルなオシゴトでしたが、何とか雨に負けずに済みました。
杖を突きながら傘を差すのは、とても疲れます。
各地で、大雨被害が継続しているようです。
皆様充分にご注意ください。
ここ何年か、線状降水帯と云う気象用語を耳にする事が多くなりました。
今回の大雨もその線状降雨帯に寄るものだそうですね。
同じ地域に次々と雨雲が掛かり続け、長い時間大雨をもたらしているのだそうです。
180706.jpg
気象庁からお借りした天気図ですが、本州中央部に梅雨前線が停滞し、南から湿った気流が流れ込むため次々と活発な雨雲がやって来るようです。
列島の遥か南から台風8号がゆっくり北上してくるようです。
まだまだ大雨が続くようです。
充分ご注意ください。
この方角からやってくる台風だと、我天然の要塞たる甲府盆地もチョット危険なルートに入りそうです。
緩いカーブを描いて富士川口から攻め込まれ、富士山の西側を北上してくると、過去凄惨な被害を蒙っているからです。
チョット濃い目の珈琲が欲しくなり、昨日辺りからマキネッタが活躍中。
マキネッタ
ホントはエスプレッソマシンが理想なのですが、キッチンの都合もあり不可。
結局直火エスプレッソと云うわけで、上記マキネッタとなります。
現在使っているのは、エスプレッソカップ3杯用ですから丁度お気に入りのカップ一杯分になります。
使う水の量を同じにして、豆をドリップと同じ量使います。
挽き豆の粒度は、マキネッタ用として、メリタより少し細かめに設定しています。
少ない豆の量ですが、気にしない気にしない。
あとは、マキネッタを火に掻けてポコポコするまで待つだけ。
抽出した珈琲の温度が高いので、カップは暖めずにそのまま注ぎ召し上がれ。
豆は、ドリップ同様キリマンジャロAAのシティローストなので、上品な苦味と酸味の後に僅かな甘みを感じます。
メリタのドリップに比べ、だいぶ手間が掛かりますが、一杯で充分満足が得られるので、コスパは高そうです。
従来マキネッタは、使用後冷めた処で洗い、片づけていましたが、昨日からは抽出後の豆を器具内に残し、使う時に棄てる事に変更。
これで、器具に豆以外の異臭が付きにくくなりました。
もちろん日を空けて使う時は、早めに清掃するのは言うまでもありません。
IMG_6316.jpg
昨日からの雨が本降りとなり時折止み間はあるものの、充分良いお湿りとなっています。
そんな雨音をバックに選んだのはこんなレコード。
宮沢明子さんのピアノを亡き菅野沖彦さんが録音したアナログ最高峰の録音。
このところ石油製品の価格上昇が激しくなりました。
特に山梨など地方での移動手段として、重要な自家用車の燃料であるガソリン価格が気になります。
毎日チェックしているWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)と云う石油先物取引価格、60ドル台からいつの間にか70ドル台後半へ上昇しています。
某国大統領閣下のTwitter砲でこれ以上価格は上昇させないようですが、高止まりの様相は崩れそうにありません。
円相場も今朝は110円台後半/1$と、安くなりました。
今月も様々な生活必需品の価格が上昇しています。
年金支給額は下るばかりで、私達貧乏人には辛い夏。
暑さをしのぐため、エアコンの稼働は必須ですが、電力料金に気兼ねしてしまいますね。
先ずできるところから省エネ省電力そして省マネーです。
エアコンを止めたり、ウォシュレットの電源を抜いたりするのは愚の骨頂。
先ず電源を落とすのはテレビです。
テレビを時計代わりにしたり、だれも視ていないのに映っていませんか。
ウルサイだけのお馬鹿番組を視ていませんか。
最近のテレビは、LEDバックライトのため、省電力になったと言われますが、大型になりましたから結構電力を消費しますよ。
あと忘れがちなのが、携帯電話などの充電器をコンセントに差し込んだままにしていませんか。
充電機トランスの一時側には常に負荷が掛っていまので、僅かですが電力を消費しています。
景気が良いのは、輸出関連の大企業さんやその関連企業さんとその労働組合さん達だけ。
食品や生活必需品の多くは輸入に頼っています。
鶏卵や食肉など、幾らコ〇プさん達が国産と言い張ったところで、その飼料の多くを輸入しているのが現状。
納豆、チーズ、小麦粉・・・・・果ては我喫茶きまぐれの生命線である珈琲豆まで値上げの嵐が続きます。
私達年金生活者は円安そしてデフレを望んでいます。
某総理大臣閣下、ナンチャラミクスおしまいにしましょうよ。
今日は、明るくなると共にニイニイゼミの鳴き声で不快な朝を迎えました。
以前も投稿したようにナチュラリストなんぞとホザイテいても、セミや秋虫の声はダメ。
河川のせせらぐ音や梢を揺らす風のそよぐ音も苦手。
私には唯ウルサイとしか聞えません。
ましてやスズムシなんぞを宅内で育てるなんて、絶対に嫌。
やっとカッコーの声が聴こえなくなったと思ったら今度はニイニイゼミ。
おそらく私には風流とか云う信条が、理解できないのですね。
おかげさまで、テント泊や山小屋泊も上記のため眠れません。
そのため山行やサイクリングは、常に日帰りでした。
ロードレーサーで高低差1,500メートル程の峠を幾つか超えて、走行距離300キロ以上を日帰りで走った事もありましたっけ。
この季節嫌いなのがヤマユリの臭い。
皆さん良い匂いお仰いますが、私にゃ悪臭。
ユリ科の花は、一般的に香りが強いのが特徴。
だから、私の葬儀にはユリを飾るなと家人たちに常日頃申しております。
まあ大昔、嫁の実家へ初めて泊まった際、カチカチと云う時計の音が嫌いなので、全ての時計の振り子を止めた事がありまして、「あいつはオカシイ」と義父から云われましたっけ。
就寝中気になるのは自身の心臓の鼓動。
以前、CCUへ入院中、モニターの音が気になり眠れなかった事がありました。
モニターの音が止まる時は、私が死んでしまうわけで、こればかりは困りましたね。
そうそう、心臓と云えばもっと嫌な音は低周波。
大きな和太鼓の音や扇風機から床や壁に伝わる振動が嫌。
体の中、特に心臓が不快になります。
ですから家人は扇風機で涼みますが、私はダメ。
花火大会も近くで見るのは避けています(笑)。
今日7月2日は、夏至から数えて11日目なので、雑節「半夏生」にあたります。
半夏生とは、半夏が生ずると云い、カラスビシャクが咲く頃を表すとか。
カラスビシャクは、サトイモ科の植物なので、仏炎苞状の花を付けますが、小さいのでカラスさんが水を汲む柄杓に例えているようです。
大好きな花なのですが、我AZオフロードを駐車している処に咲いていましたが、最近とんとご無沙汰しています。
今日以降田植をするのは良くない??のだそうですが、もうだいたい終わっちゃるね。
そして、今日は蛸を食べる日なのだそうですね。
以前近くのスーパーの鮮魚コーナーにはその旨を記載したポップがありましたが、今年はどうかな。
さて、未聴CDが山のように残ってる事は、時々このブログにも掲載済み。
ボックスセットが多いので虱潰しのように今まで聴いていました。
でもね、それじゃ楽しくありません。
そこで考えたのは、聴くべきCDを順番に聴くんじゃなく、文字どおり手当たり次第に聴くだけで良いんじゃないかというわけ。
適当に選んだのは、モーッアルトの交響曲全集からK.128から133が収録された1枚。
IMG_6315.jpg
チャールズ・マッケラス指揮プラハ室内オーケストラの一枚。
これらの交響曲は、初期の作品らしく若々しくてとても爽やかな曲。
当地今日も晴天で韮崎アメダスは、もちろん連日の真夏日を更新中。
そして、甲府アメダスは35℃オーバーの猛暑日だそうです。
気持ちだけでも涼し気なモーツアルトの交響曲もたまには良さげ。
そして、朝用意した今週後半の珈琲は、タンザニア産キリマンジャロ。
以前も投稿したようにタンザニア産の珈琲豆は、全てキリマンジャロの銘柄で、出荷できるので、本来どの地域産の豆かは不明ですよね。
IMG_6314.jpg
ジェネカフェを235℃に設定し、二爆ぜが始まった処でヒーターを切り冷却工程に入り.、。
シティーロースト辺りを目指しました。
これならマキネッタを使いアイスコーヒーにも使えそうな焙煎度合。
僅かに油分が染み出した豆も見受けられ、明日以降美味しくいただけそう。
取り敢えずテースティングしましたが、苦味と酸味のバランスが取れているような軽めの味。
早梅雨も明け7月に入り、セミの季節が到来しました。
朝カッコーの声、そして午後ニイニイゼミとハルゼミの高い鳴き声。
いよいよ夏が来た実感がします。
連日の真夏日、南寄りの風が強く湿度は低め。
おかげさまで汗は直ぐに引き爽やかな暑さ。
暑中見舞いの返信も書き終え投函するばかり。
IMG_6309.jpg
そして「バロックマスターピース」と言うボックスセットから選んだCDは、こちらの1枚。
久しぶりに聴くハープシコードの音色が良いですね。
風が少し冷たく感じるようになったので、気象庁のHPをググると、
雷注意報??
軒並み雷注意報や大雨注意報が発令中のようです。
通明け十日と云い、梅雨明け後暫くの間、天候が安定し雷雨などは余り無い筈なのですが、連日その伝承が覆っています、されど相変わらずの我甲斐の国へ雨の恵みはありません。
黄色い地域の皆さま、雷や大雨にご注意くださいね。

Powered by FC2 Blog