FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


コロンビアナリーニョを焙煎してから今日で二日目。
この豆の場合、おそらく焙煎後3日目辺りが一番美味しくなる事でしょう。
そこで、今朝もう一種類モカ・イルガチェフG1コチャレを焙煎する事にしました。
こちらの豆の場合、焙煎直後の方がフルーティーな風味がより際立つので、余りエージングしないのが私好み。
いつものように焙煎機のジェネカフェを使います。
焙煎温度を235℃で20℃に設定し、タイマーを20分にセット後、上記生豆をチャンバーに200g計り入れ、焙煎開始。
開始後8分50秒で設定温度の230℃以上に上がり、235℃を上限として焙煎温度をキープ。
焙煎後13分頃から一爆ぜが始まり、14分30秒頃まで続きました。
一爆ぜが終わって直ぐにヒーターを切り冷却を開始します。
この辺りが丁度ミディアムローストに近い浅煎の状況。
一爆ぜが始まる前から、この豆特有の香しいフルーティーな香りが漂いますが、冷却した煎り豆からは、全くそれを感じさせません。
IMG_6517.jpg
されど、テースティングをするために計量スプーンで計りミルで挽くと、更に特有の柑橘系を思わせるフルーティーで香しい香りが豆から漂います。
カップに豆が入ったドリッパーをセットして、少しだけ温めのお湯で蒸らすと、更に香りが際立ちます。
口に含むと、爽やかなモカ特有の酸味と共に芳醇な香りに包まれるのです。
これが楽しめるのは、焙煎後精々5日程まで。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog