FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


今月30日から国産ワインラベルの表示が変わったそうです。
我山梨県は国産ワイン生産量が全国一位であることは皆様ご存じの筈。
今までは、輸入原料を使用していても醸造地が日本国内であれば、国産ワインと表示できたのですが、昨日からは、日本国内で収穫された原料を用い、日本国内で製造されたワインだけが「日本ワイン」と表示できる事になりました。
ワインを含め、お酒に関する事を統括するのは、農水省じゃなく、財務省なんですね。
その財務省が新たに定めた国産ワインの表示についての変更を記したウェブページは、こちらです。→新しいワインの表示
国産ワインの品質を更に高めるため、輸入ワインとの違いや国内産地毎の差別化を図るためにも必要だそうです。
ワインの原料はブドウですが、国内で生産されるブドウは取引価格の高い生食用(食べるブドウね)が殆どで、ワイン用廻るブドウは少ないのが現状です。
いよいよ11月3日には山梨県産の新酒ワインが解禁になります。
そのラベルには、新しく導入された表示事項が記されていると思います。
尚、毎年恒例となった山梨ヌーボー祭りが山梨県内だけでなく、東京日比谷公園でも開催されます。
こちらがその内容です→山梨ヌーボー祭り
ワイン好きの皆さま、美味しくてフルーティーな山梨の新酒ワインはいかがでしょうか。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog