fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


メールの御作法?

現在、このブログ以外に別サイト「山梨環境カウンセラー協会のブログ」に付随するメールボックスの管理もしています。
この某環境〇〇◯という大手電話会社系の検索サイトの無料ブログと無料メールを使い、緑のカーテンフォーラムの申込を受け付けているのですが、このメールボックスの容量が25メガバイトと少々心もとない容量。
緑のカーテンフォーラムの申込要綱にその方法として、メールによる申込込みを推奨と記載して在り、ウエブ上にはWordの書式が添えてあります。唯、メールでの申込の場合Wordのテンプレートを使わずに必要事項をそのまま書き込む旨の但し書きが添えてあります。
それでも添付ファイルでその要項を打ち込み、お送りくださる方も多いワケ。
この場合、一通のmailが50キロバイト以上になりボックス容量を圧迫します。
一番凄まじかったのは、当方で正式に作成したカラーグラビア印刷の案内チラシのFAXでの申込要稿に手書きして、FAXでは無く、それをそのままスキャナでスキャンしてJPEGで送ってくださった方。2メガバイト以上も有ったでしょうか、勿論削除させていただき、必要事項のみ別フォルダーにテキストとして残しました。
拙宅もFAXの受信は良好なのですが送信がダメなので、このようにmailに添付ファイルでスキャンした物を送る事も在るのですが、あくまでも容量に気をつけPDFで数十キロバイトに抑える様にしています。
昨今、インターネット回線の高速化とデジタルカメラの高性能化が進み、10メガバイト以上の画像ファイルを送るのが当たり前のように行われています。
勤務先でも一昨日ラボ関係の部所で10メガバイト以上のファイルが送れないとクレームをつけるアホが居りました。
勿論絶対そんな大きい画像をmailに添付するのはヤメロと諭したのは言うまでも在りません(笑)。
添付ファイルを送る時は、精々100キロバイト程度が良い処だと思います。
どうしても数メガバイトのファイルを送らねばならぬなら、先方に相談してから送るべきでしょうね。
受信時の負荷も並大抵では在りませんから。
スポンサーサイト



コメント

インターネットを最初に使い出したのが1994年。その頃は100Kバイトでもファイルがでかいと思われていた時代です。そのときのくせからか今でもメールで画像を送るとき画像ソフトなどで画質とファイルサイズを見ながらベストな圧縮サイズを調整すべくあれこれやってしまいます。でも、今、メールで10Mでも当たり前という感覚の人もいらっしゃるのですね。隔世の感があります。

Re: タイトルなし

orthoさんへ
皆さん平気でメガ単位のファイルと送ってらっしゃいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1143-bf48009b


Powered by FC2 Blog