fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


フッフベルガー弦楽四重奏団ハイドン作品1&2

ハイドンの弦楽四重奏曲作品1を昨夜から聴いていますが、作品1ー1から1-4までを昨夜一枚目のCDで聴き、通常は1-5なるわけですが、この1-5は交響曲の編曲を誤分類されていたものだそうです。
そして、その代わり1-0(?)は、従来ディベルティメントとして誤分類されていたものを弦楽四重奏曲として扱った物のようで、呼び名も1-5とする向きも有るようです。
尚、作品3の弦楽四重奏曲は、全て「ホッフシュテッター」という方の作品だったそうです。
そのため、これはハイドンの弦楽四重奏曲ではく偽物として扱われているとの事。
それにしてもこの0番、美しい曲ではありませんか!。
次の6番の第三楽章も素敵ですね。
完全にリラックスして弦楽器の音色にのめり込むことができます。
このCDのCDDBデータでは正しくフッフベルガー弦楽四重奏団となっていますが、三枚目のCDとあります。でも2枚目のはずなんですけどね。
このCDには作品2ー1までが収められています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1161-cd508249


Powered by FC2 Blog