fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今夜のキリマンジャロ生豆

朝甲府市の『煎豆屋』さんのご主人宛へメールを入れ、キリマンジャロ生豆1㎏を発注。先程ご主人が帰宅途中に寄って届けてくださいました。
今夜は、昨夜焙煎したコロンビアを先程挽き、それを呑んでいるのでキリマンジャロの焙煎は明晩の作業です。
煎豆屋さんのホームページで、モカの入荷が有ったと知りましたのでモカの入荷量について尋ねた処、ごく僅かしかも相当な高値という話。とりあえずモカブレンドのみに使用しているそうです。
早く入荷量が増え、安価に使えるようになると良いですね。

ハイドン弦楽四重奏曲作品54と作品55

だいぶ前から聴き続けているハイドンの弦楽四重奏曲も残すところ、この作品54と55の計6曲だけとなりました。
作品54は第1トスト弦楽四重奏曲集、作品55は第2トスト弦楽四重奏曲集と呼ばれています。
いずれも1988年の作曲だそうです。
演奏は、フッフベルガー弦楽四重奏団の演奏で聴いています。

フッフベルガー弦楽四重奏団

ハイドンの場合、エルディーディセット、太陽セット、プロシャセット、等の比較的有名な弦楽四重奏曲集は多数の団体が演奏会で取り上げCD等のメディアでも販売されていますが、この第1トストや第2トスト弦楽四重奏曲集なるとほとんどその選択肢が限られてきます。
比較的体に入りやすいのは、モザイク弦楽四重奏団、コダーイ弦楽四重奏団、そしてこのフッフベルガー弦楽四重奏団のCD等、全曲セットを録音している団体に限られてしまいます。
弦楽四重奏曲を職人的作曲技術で多数作曲したハイドンの場合、有名処の曲以外も充分聞き手を満足させてくれる曲が多く、演奏団体にも多数の選択肢があっても良いと思います。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1165-b0612afa


Powered by FC2 Blog