fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


グルダのベートーベン作品2ー3

朝の通勤時間、車で勤務先まで約1時間弱のため毎度カーステレオの厄介になっています。
CDも大体一枚近く聴くことが出来ますが、某半国営放送局からのFM放送を主に聴くことが日課となり、朝のニュースの後は、クラッシクの番組です。今朝聴いて印象に残ったのはベートーベン作曲ピアノソナタ第3番ハ長調作品2ー3でした。第三楽章の途中辺りで勤務先に到着してしまったため、全曲を聴けませんでした。
この作品2の中では一番規模が大きく技法的にも優れているとか?。
当方そんな難しい話はよく解らんのですが、良い曲だと云うことは判ります。
恥ずかしながら作品2のピアノソナタの中で一番良く聴くのは第1番ヘ短調作品2ー1で、この2ー3は、ほとんどと云うか余り聴いていませんでした。
改めて聴いてみると何か凄く気になる曲でありました。
そこで、今夜はこの作品2ー3を中心に聴いております。
手持ちのレコードで、フリードリッヒ・グルダのベートーベンピアノソナタ全集の二枚目からです。1967年7月から8月ウイーンにて録音との事。
スポンサーサイト



コメント

グルダ

この全集持っていました。確かあの当時、ベートーヴェンのピアノソナタ全集で安価に買えた全集だったように記憶しています。

当時、私もヘ短調ソナタとハ長調ソナタよく聴いていました。あと15番のニ長調ソナタとか。

フリードリッヒ・グルダのベートーベンピアノソナタ全集

orthoさんへ
このグルダの全集は、当時『レコード芸術』の付録に、出谷啓氏出筆のベートーベンの推薦盤特集??の様な冊子が2号に渡り付いていまして、そのピアノソナタの項で各ソナタに渡り最も多く推奨されていたレコードでした。
廉価盤セットと言えど、おいそれと手が出る金額ではありませんでしたので、当時の薄給から少しずつ捻出した資金で購入し、今でもこうやって時々聴いています。

グルダの全集

この全集は値段が下がって再発されたのを購入しました。当時、ブレンデルの全集が欲しかったのですが、高すぎて手が出なかったのでこちらにした記憶があります。もっとも当時、全集の選択肢はそれほど多くなかった気もします。あと記憶が間違ってなければ全体的にちょっとあっさりした演奏だったような気がします。でも、今思うにベートーヴェン=古典派と考えればこの演奏がいいんでしょうね。

ちょっと調べたらこの全集、今は協奏曲つきで4000円しない値段でかえてしまうんですね。当時と比べ全集も様々なものが手に入るし、値段も下がったし、それだけ豊かになったということなんでしょうか。隔世の感があります。

Re: グルダの全集

orthoさんへ
安くなったのは良い事だと思います。
私感ですがアパッショナータなどリヒテルの凄さに比べると寂しい様な気もしますが、一般には全体として正統的な演奏と云った評価が高いようです。
ジャケットの箱も30年以上の年月でボロボロになりガムテープで補強してありますが、暫くはメインのベートーベンピアノソナタとして聴き続けようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1174-25f0976c


Powered by FC2 Blog