fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


春の眼科受診日

もう一つの病である網膜剥離の3ヶ月毎の眼底検査を受診しました。
先ずその前に、里山の春を感じようとアバランチェで一回りです。
シュンランも最近少なめですが、咲いています。

シュンラン

こちらは遊休農地を利用した菜の花畑、小高い場所にあるので我が家からもよく見える場所。
近くまで寄って見るとこんな感じ。

菜の花畑

ミラーのサングラスを用意し、坂を下り一路眼科クリニックへ。
瞳孔を広げる精密検査なので帰宅するのに車は使えません。
此処はやはり自転車通院しかありません。
10:00頃クリニックに到着し、眼圧視力等の検査の後、瞳孔を開き眼底検査で網膜の状態を調べます。
その後眼底カメラで網膜の写真を写したりして、帰宅したのは11:30頃。
こちらは、帰宅途中に咲いていたシロバナタンポポの一群から

シロバナタンポポ


診療明細書

そして先日から導入が進められている「診療明細書」ですが、改めて確認すると瞳孔を開いて調べる眼底検査は『細隙燈顕微鏡検査』と云うような凄い名前の検査です。
その結果左目網膜の一部がだいぶ薄くなっているため、注意するようにと云った指示でした。
剥離の兆候が現れ始めたら又あの恐ろしいレーザー光線による『光線凝固』の治療が待っています。
次回の検査も又3ヶ月後だそうです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1176-0889dbd3


Powered by FC2 Blog