fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


昨夜からのスクリャービン繋がり(笑)で、今夜は「黒ミサ」作品68
アレクサンドル・スクリャービンのピアノソナタ全集からピアノ独奏:ホーコン・アウストベ 1990年の録音から

ホーコン・アウストベ スクリャービンピアノソナタ全集

8分20秒程の単楽章のピアノソナタ第9番、『神秘主義』という棘々しい作風の曲。
無調音楽ですが、不思議に心休まる気がするのは何故でしょう?。
とても最近ハマっている『ピアノ協奏曲嬰ヘ短調作品20』と同じ作曲者とは信じられない掛け離れ方。
ついでにピアノソナタ第7番作品64「白ミサ」も久しぶりに聴いてみる。
慣れとは恐ろしいもので、こんな無調音楽のピアノソナタでも聴き続けていると不思議に好きに成ってしまう。
そんな事言っても第1番ヘ短調作品6のような初期のピアノソナタも捨てがたいものが・・・・・・?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1189-976cb25c


Powered by FC2 Blog