fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


ギンランを探して

休日の日課となった『キンラン、ギンラン探し』に今日もご近所里山を彷徨しました。
ギンランを探すため、アバランチェを雑木林の縁にデポして、ほとんど踏み跡が消え、完全に藪漕ぎ状態の小道を辿り丘の上に里山を造成した住宅地まで上りましたが成果無し。
そこから町道沿いに下り再びアバランチェを回収後、いつもの谷間のキンランを訪ねました。

新緑の谷間

今日のキンラン

緑が一段と濃くなった谷間の木々の下、キンランも花を一段と開きラン科特有の姿で咲いています。
しかし、やはりギンランは全く見つかりません。
まだ早いのでしょうか?
高台から望む甲府盆地を囲む山々は、残雪を頂き輝いています。

鳳凰三山から甲斐駒ケ岳

白根三山

残雪の富士

ほぼ快晴の空、日差しは強く先程までいた雑木林の中に比べ相当気温がアスファルトの輻射熱も加わり上がっています。

ハルノノゲシ

田植えの準備に忙しい田圃の則面には、ハルノノゲシが黄色い花を咲かせていました。






スポンサーサイト



コメント

キンラン!

こんばんは。
いつもありがとうございます。
やはりキンラン・ギンランは探しに行ってしまいますよね。
私も今日また行ってきました。
ギンランは以前より増えたような気がしました。
ササバギンランもみつけましたがもう少しでしょうか?
ギンランは閉鎖花というのかあまり開かないんでしたっけ。
この山並みの景色は憧れです・・・時々そちらの辺りにはお邪魔しているのですよ。
bookmarkさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。

sage55さんへ
ギンランは閉鎖花に近く、ほとんど花弁を開きません。
おまけにキンランに比べ、だいぶ小振りですよね。
キンランの鮮やかな黄色に比べ、純白ですがだいぶ地味(笑)なので損をしているような花。
だから見つけにくいのかもしれません。
こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。
当方もリンクを貼らせていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1203-bdf77a2b


Powered by FC2 Blog