fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


ヒメジョオン

春先から咲いているハルジョオンに替り、ご近所空き地にヒメジョオンが咲いています。
ハルジョオンとヒメジョオンの見分け方、判りますか?
春咲いているのがハルジョオンで、夏から秋がヒメジョオンだろうって?
それが簡単に区別できないのですよ。
こんなふうに茎を手折って、中が空洞ならばハルジョオン。
茎の中が詰まっていたらヒメジョオンだそうです。

ヒメジョオンの茎を手折ったら

つまりこの画像はヒメジョオンだってこと。
普通の人々はこのようにヒメジョオンが敷地いっぱいに咲いている光景に対し、眉をしかめ、あまり良い印象を持たれないと思いますが、天邪鬼の私としては、こういった風景が大好きなのです。
何となくドラマ『大草原の小さな家』のオープニングで主人公のローラが走ってくる光景が浮かんでくるからです。
午後からは、いつもお世話になっているパルシステム山梨さんが開催される『食の講演会』を聴きに県立文学館講堂に出掛けました。
分子生物学がご専門の福岡伸一さんが『生きることは、食べること』と題された、分子生物学の見地から遺伝子組み換え食物の危険性や狂牛病等食の安全性に関するお話をうかがいました。
スポンサーサイト



コメント

こんにちは~
ものすごいヒメジョオンの群生ですね。
私なら嬉しくなってしまいます。
野草に関心を持ち始めた頃、その違いを知ったのですが
今ではすっかり忘れてしまっていて、また再確認できました。
素朴な花ですが、群生すると詩情豊かな世界になりますよね(^^♪

ヒメジョオンだって綺麗ですよね

fumifumiさんへ
コメントありがとうございます。
遠出する気力も体力も消え失せ、ほとんどご近所散策の昨今ですが、此処は拙宅からほんの数十メートルの距離。
でも、更地に戻った一区画分の宅地いっぱいにヒメジョオンの花園が広がっています。
きっと、そのうち地主あてに苦情が入り、すっかり刈られる運命でしょうね(笑)。

野の花はいいですね。
ヒメとハルとどちらが好みかというとどちらもいい!
ハルジオンは冬もピンクの花を咲かせているしヒメは頑張って秋口まで咲いているし・・・
この花たちは小さいころ母親に摘んで帰る花だったような気がします。
懐かしい昔の花のイメージ・・・

ヒメジョオンは北アメリカ育ち

帰化植物だからって毛嫌いされてますけど、私は大好きなヒメジョオン。
淡いピンクのハルジョオンも捨てがたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1259-50966f62


Powered by FC2 Blog