fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


夏至の頃、遅くまで明るかった夕空も立秋も過ぎると次第に日没も早くなりました。
19:00前に陽は暮れ、今夕も夕映えの空を仰いでいます。

日没

勿論ヒグラシの鳴き声は、いまだ甲高く響きますが、それが秋虫の音色に変わるのも後少しですね。
今日はほぼ日中日替陰っていたせいか、韮崎の最高気温は30℃に届かなかったようです。
今週は雨の日も有るとかで、まだまだでしょうが、少しずつ初秋の風がやって来そうです。
気がついたらこの8月が過ぎると、もう一年の三分の二が終わってしまいます。
初日の出を拝んだのが、つい先日の様に思えるのですが、皆様如何でしょう。
今週末に掛けてお盆休みを迎えますが、もう一つ大きなイベントがあります。
それは8月13日明け方、ペルセウス座流星群が極大日を迎えます。
今年は新月と重なるため、絶好の観測日和?とのこと。
今夜も少しは流星が見つかるかもしれません。
先程夕空を眺め、天頂付近から東の方角に目を寄せると雲間に夏の大三角形を見つけました。
一番初めに目に付いたのは白鳥座のα星デネブ、そして鷲座のアルタイル、琴座のベガ。
流石に此処でも甲府の夜景に隠され天の川までは見えませんが、少し山の方に出掛ければこれも見えるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

ペルセウス座流星群

まだ子供が中学生だった頃、家族で旅行しました。
佐久の友人の家で満天の星の中でペルセウス座流星群を見たのを思い出しました。
そちらでも天の川は見えにくいのですか?
もう一度満天の星を見てみたいです・・・
13日は故郷に帰っていますが見るのはやはり難しいでしょうね。
でも福山の夕暮れはこちらに比べると30分は遅くなんだか得をしたような気分になります。
その分、こちらに帰ってくるとちょっと寂しい気分になります。

Re: ペルセウス座流星群

sage55さんへ
ペルセウス座流星群の観測は丁度お盆休みと重なり、夜間の活動も時間的に余裕があります。
しかし、昔に比べオトナになっちまったせいか、ボーっと何も考えずに夜空を見上げる事も苦痛に成りつつあります。
天候にもよりますが、今年は条件もよさそうなので、近隣の茅ヶ岳山麓にでも出掛けようと思います。
もっとも短時間の予定ですが(笑)。
当地でもよほど夜空が澄み切っていないと天の川を見ることはできません。
台風が近づいているので、それが通り過ぎた『台風一過』で、空の汚れを全て台風が掃除してくれた後の澄み切った夜空に期待しています。
一昔前、同様の事象があり、当地からもペルセウス座流星群が充分に堪能出来たことがあるからです。
勿論その時は、天の川も見ることができました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1295-290e12b8


Powered by FC2 Blog