fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


やっと週末

昨夜は結構涼しい風が抜け、朝方などタオルケットを羽織ろうかどうしようかと迷ったほど。
今夜は再び暑い夜のようです。
虫の声だけ秋になったのは確かなのですが。

拙宅のタカサゴユリ

拙宅の物置と化したウッドデッキの下にタカサゴユリ?が咲いています。
この季節、何処のお宅の庭先や路傍で白いこの花を見かけます。
テッポウユリなのかタカサゴユリなのか判別が余りつかないのですが、一応ピンクがかった花弁の外側で判別するとなると、タカサゴユリと言って良いと思います。
他の百合と違い、余り匂いが無いのが救いです。
間もなく収穫を迎える稲穂の周りを、取り囲むように畦や休耕田を白く覆ってるように見えます。
今年の夏を過ごしていると、まるで秋や冬が来ずにずっとこのまま夏が続くような気がする暑さを感じることさえあります。
でも、21時を過ぎ、韮崎のアメダスは25℃まで低下しています。
そろそろ寝冷えに気をつけましょう(笑)。
スポンサーサイト



コメント

タカサゴユリ

タカサゴユリとシンテッポウユリは判別するのはその花弁の薄いピンク色だけなのだそうですが、タカサゴユリとシンテッポウユリの自然交配種もあるそうですから厄介ですね。
でもそれこそどちらでもいいのかもしれません。
咲いたらうれしい花ですが・・・
余り繁殖しないで程々だともっといいのですけれど、そう都合よくはいかないかもしれませんね。

Re: タカサゴユリ

sage55さんへ
そうなんですよね。
タカサゴユリらしいのですが、自然交配も進んでいるようではっきり判りません。
毎年思うのですが、年々この百合の勢力が広がっているように感じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1321-c21063aa


Powered by FC2 Blog