fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ


今朝の朝刊

今朝の朝刊を開いたら気になる記事に目が止まりました。
県内にお住まいの19歳の男性が、私と同じ病の拡張型心筋症のため、海外で心臓移植を受ける必要があり、募金活動を行っていると云う話題です。
山梨県知事にも救う会による募金活動への支援を要請したり、チャリティーコンサート等も企画して支援を訴えるようです。
補助人工心臓を装着して居られるようですが、やはり限界が有るようです。
国外でも昨今自国民優先に臓器移植がなされているとのこと。
早期に資金の目処が付き、一日も早い移植手術が受けられるように祈っています。
幸い、私なんか取り敢えず不自由ながら仕事についてもいますし、こうやって毎夜ブログを更新することができるのは、とても凄いことらしいですね。
拡張型心筋症には、アーチストと云う特効薬があり、この薬のおかげで一命を取り留める患者も多いのですが、それでも薬が効かない皆さんも多数おられます。
健康な皆さんには判らないでしょうが、拡張型心筋症になると、心臓の最も重要な機能である血液を体内へ循環させる『ポンプ』の働きが心筋の収縮が弱まるため、弱くなってしまいます。
この状態が心不全と言って、言葉で言い表せない程苦しいのです。
そのうちに、ポンプ作用の低下により、肺に水が溜り『肺水腫』を起こします。
夜、苦しくて横になって眠る事ができません。そのため、起きて座った状態で眠ることしかできなくなります。
少し動くだけで息が苦しく、いつ倒れても不思議じゃないくらい苦しいのです。
心筋梗塞や狭心症と違い、痛みこそありませんが、眠ることもできないくらい兎に角苦しい病気です。
また、この病気で恐ろしいのは、たとえ私のように元気になっても、何時でも『心房細動』と云う激しい不整脈に見舞われることです。また、常に心不全の恐怖も付き纏います。
一番恐ろしいのは、心房細動を起こすと、心臓内部に血栓が出来やすくなり、これが血流に流されて血管の狭い部位特に脳血管に詰まると、脳梗塞を発症してしまいます。
これを防ぐために、ワーファリンという血液を凝固させないようにする薬を毎日服用しなくてはなりません。
そのため、逆に血液凝固作用が低くなるので、少しの傷でも血が止まりにくくなります。
それでもこれらの薬がよく効いているため、私は生きていられる事に感謝しております。
心臓移植しか助かる見込みの無い患者さんたちにご協力を御願いたします。
でもドナーのご家族の事を考えると少し複雑な気持ちになることもお察しください。
一番嫌なのは、このような書き込みをすると又、例の広告が載ることです。
借り物のブログページなので、文句が言えないのが難しいところ。
スポンサーサイト



コメント

病気

何か病気があるとそれに入り込んでしまいがちですがMKさんの精力的な活動にはいつも拍手です。
今日は研究会お疲れ様でした。いかがでしたか?

下の子供が小さかった頃、やはり難病で病名わかるまでに時間がかかり結局分かって手術を受けて今ではとても元気なのですが親が未熟でかわいそうなことをしたと今でも思います。
移植の問題はなかなか気持ちの整理が出来なくてコメントが出来ないままです。
今日は広告出ていませんね。

Re: 病気

私の場合、幸いにも薬が良く効いているためか、時折起こる心房細動に気をつけていれば大丈夫なようです。
この病名を宣告されたときは、それなりにオロオロしましたが、結局開き直って今までどおりの生活を続けることにしました。結局それが精神的にも良かったのではないかと思っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1328-1365140c


Powered by FC2 Blog