fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


昔から「湯水の如く」って、言葉があります。
際限なく使うとか、無駄に使う、と云った時に使ってますが、本当は湯も水も無尽蔵に有るわけが無いのです。
お湯を沸かすのには莫大な熱エネルギーが必要ですし、水だって今じゃただで手に入りませんよね。

地球の水 クリックしてネ

地球は水の星なんて言われていますが、全水量13.86億キロ立法メートルの内97.47%が海水で残り2.53%が淡水。
しかも1.76%は極地等の氷河が占め、残りもそのほとんどが地下水になっています。
湖沼や河川等に残る、私達が実際に利用出来る水は全水量の内、0.01%の0.001億キロ立法メートルに過ぎません。

安全な飲料水を手に入れられる人の割合 クリックしてネ

水道などが整備されていて、安全な水を利用出来るのは北米、オーストラリア、ロシア、ヨーロッパそして日本ぐらいなもの。

昔から水が豊富だと思っている皆さんにもう一つ警鐘を鳴らす必要があります。
それは、食料として輸入している水、これを仮想水バーチャルウォーターと呼んでいます。

日本の仮想水総輸入量 クリックしてネ

2000年頃のデータ(チョット古い)ですが、日本全国の灌漑用水の使用量より遥かに多い水を食料の形で輸入している事が判ります。

以前にも掲載したように牧畜は、特に多くの水が必要になります。
穀類を飼料として大量に食べさせるため、その分の灌漑用水も含まれてしまうからです。

牛丼

つまり、この吉◯家の牛丼一杯を食べるのに必要なバーチャルウォーターの量は2,000リットルになるわけです。


スポンサーサイト



コメント

水資源

知らないことや気が付いていないことって多いですね。
>日本全国の灌漑用水の使用量より遥かに多い水を食料の形で輸入している。
本当にそういうところまで考えがいたりませんでした。
こういうデータを見ていると食料の自給率を上げる努力も必要なんだと痛感しますね。
太陽や水の恵みをもっと大事にしたいと思います。
行政に頼るだけではなく個人がもっと行動しないといけないかも。

水シリーズ
ためになります
海外での仕事は発展途上国
それも都心でなく地方
まともなホテルがないところでは
本当に水で苦労しました
どこの家にも大瓶があり
雨水を貯めては、それを利用していました
雨水の利用
深く考える余地は十分にありますよね!

Re: 水資源

sage55さんへ
旧来、米・野菜・魚を中心とした伝統的食生活から、畜産物を多く摂取する欧米型の食生活に移行してしまった現在、その消費量に比例して仮想水としての輸入量は増加してしまいます。
遊休農地の復活、減反政策の見直しも必要でしょうね。
個人でできることは、バランスの取れた伝統的食生活の一部復権、これはメタボ解消にも貢献するとおもうのですが・・・・?
そして、特売だからって、無闇に食品を購入した後、消費期限までに消費できない。なんて事を無くすようにネ。
必要な食品を必要なだけ買い、全て食べきってしまうこと。
これだけでも相当仮想水輸入量削減に効果があると思います。

Re: 水

ソムチャイさんへ
現在の行われている水政策は、水害防止のため如何に降った雨水を安全に下流域に流す事に力点が置かれています。
都市部はもとより、農村部にしても住宅地は全てコンクリとアスファルトで固められ雨水が浸透する余地がありません。
これじゃあ、少しの雨でも洪水になっても仕方がありません。
また、夏季の豪雨も都市部がヒートアイランド現象の影響をまともに受け、都市型降雨がコンクリで固めた地表では呑みきれなくなったのも一因でしょう。
まず、雨と仲良くするために雨水を貯めて、いろいろと利用してみましょうよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1338-71c219ae


Powered by FC2 Blog