fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


午前中は、いつもの循環器科クリニックにて拡張型心筋症の月一定期受診日なのでAZオフロードで通院。
血圧、心音、異常無しPT-INR値も2.0と管理範囲内でした。
唯、先月8月29日に約24時間、昨日9月24日に6時間程の心房細動が起きたことを伝えると、主治医は「月二回ですね」と首をかしげておりました。
又、前回紹介状をいただき受診した別の病気に付いては、主治医当てに回答書が届いたという事でした。
こちらの病気については来週火曜日に又受診します。
取り敢えず、院外薬局で薬を受け取り帰宅。
次回の循環器科受診は、10月23日です.

快晴の八ヶ岳 快晴に映える八ヶ岳連峰

午後から鹿踊りさんのお招きで、北杜市にあるマンジュシャゲ群落を案内していただきました。
その最私の不注意により用水路に落ち、鹿踊りさんに助けていただくといったハプニングも発生(笑)。

マンジュシャゲの群落

マンジュシャゲのアップ

マンジュシャゲは、田畑の畦、お墓や用水路などの法面によく植えられています。
これはこの植物の性質を利用したものと云われています。
密に張った鱗茎や根が用水路等を堅固に守ったり、その有毒な鱗茎でネズミ、モグラ等を寄せ付けないようにしていたとも云われています。
そのような意味からは、この用水路沿いのマンジュシャゲ群落が残っている意味も判ろうと言うもの。
近くには道祖神等も祀られていて、集落近い里山の原風景も残っています。
この植物の鱗茎をすりおろし流水で晒して毒抜きすると良質な澱粉が得られ、これを餅状にして食べたという話も伝わっています。
このように飢饉の折などの救荒植物としても重要な役目があったそうです。
今でこそこの用水路は三面コンクリートに覆われていますが、昔は上記の如く利用されてきたとおもわれます。

鹿踊り邸琉球朝顔のみどりのカーテン

鹿踊りさんのお宅では、素晴らしいリュウキュウアサガオのみどりのカーテンが見事に栽培されていました。

雨水タンクと水位計

こちらは、地下に埋設した雨水利用タンクとその水位計だそうです。
雨傘のプレートの高さによって水位が分かるそうで、現在満水状態とのことでした。
鹿踊りさん、今日はどうもありがとうございました。









スポンサーサイト



コメント

こちらもきれいですね

曼珠沙華というと、
「花さき山」の絵本へいってしまうのですよ。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=604
花は心の花なのでしょうけど、
私は曼珠沙華だと勝手に決めています。
いろいろ言われても美しい花だと思います。

どんぐりさんみたいに、溝にはまってさあ大変?でしたね。
最近「童謡の風景」という本にはまってます。
寒くなってきたので、風邪などひかれませんように。

Re: こちらもきれいですね

ねさまさんへ
勉強不足で「花さき山」の話は知りませんでした、ごめんなさい。
仏花、幽霊花、葬式花などとも言われ、忌み嫌われることも多いマンジュシャゲの花。
しかし、用水路や畦を守ったり、飢饉の時の緊急食糧になったりしてました。
このように里山で人々と共に息づいてきたマンジュシャゲ。
今も昔同様にひっそりと咲いています。

ありがとうございました

先日はこちらに足を伸ばしていただき、また早速にブログに紹介していただきありがとうございました。

あの斜面に咲き乱れている様子、私も「はなさき山」の世界だなと思いました。あの絵本の花は私も曼珠沙華だと思うのです。

拙ブログにも写真を載せてみました。よろしかったらご覧ください。

Re: ありがとうございました

すすきさんへ
こちらこそ、ご迷惑をおかけしました。
マンジュシャゲは人々の暮らしと共に生きてきた植物です。
そんな里山の原風景が素晴らしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1344-3f42ea71


Powered by FC2 Blog