fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今朝の某半国営放送局のFM番組でモーツアルト作曲フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299を流していました。
モーツアルトさんの数ある曲の中で一番好きな曲ですよ。
帰宅後ゆっくり聴こうと思っていて結局忘れていたものだから21:00を過ぎやっと思い出したわけです。

モーツアルトのフルートとハープのための協奏曲

今夜のレコードは、カールハインツ・ツェラーのフルート、二カノール・サバレタのハープ、エルンスト・メルテェンドルファー指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の演奏。カデンッツアは、カール・ライネッケの版を使用とのこと。
特に好きなのは第三楽章ですね。
モーツアルトさんは、フルートもハープも余りお好きじゃなかったようで、この手の楽器を使った曲は少ないですよね。
有名所では、フルート四重奏曲やフルート協奏曲なんか、凄く有名で良く演奏もされているのですが。
いろんな説があるそうですが、一番有名なのはモーツアルトさんの時代には、現在の様な高度な演奏が可能なフルートもハープも存在せず、モーツアルトさんの作曲技量を発揮できなかったのではないか?とか。
このK.299いずれにせよ、何度聴いても飽きない素晴らしい曲に違いありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1353-6047ec8a


Powered by FC2 Blog