fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今夕、甲府市のCDショップ「サンリン」からメールが入り、3か月前に発注しておいた、NAXOSのスクリャービン作曲前奏曲集第二集が三ヶ月掛かって入荷したとの連絡が入りました。
作品22、作品27、作品31、作品33、作品35、作品37、作品39、作品39、作品45-3、作品48
作品49-2、作品51-2、作品56-1、作品59-2、作品67、作品74、そしてジュリアン・スクリャービン作曲4つのプレリュードが収録されています。
この内、最後のジュリアン・スクリャービンと云う方は、アレクサンダー・スクリャービンのご子息だそうで、僅か11歳で夭折してしまったそうですが、亡くなる数週間前に作曲した作品だそうです。

スクリャービン作曲前奏曲集VOL.2

この第2集も第1集同様ショパン的な前奏曲から、作品番号の数が上がるに従い、スクリャービンの真骨頂の神秘的な様相を深めて行きます。
そしてもう一つ気に入ったのがこのジャケットデザインです。
凄く内容にマッチしているんじゃないかと思います。
Tim Smithと云う方が描いたものらしのですが、この絵も気に入りました。
これでやっと、スクリャービンの前奏曲が全部そろった事になります。
何たって三ヶ月も掛かりましたから、喜びもひとしお(笑)。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1356-8213e8b1


Powered by FC2 Blog