fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


今朝の某半国営放送局のFM番組を聴いておりましたが、音楽のイントロで曲名を当てるクイズがありまして、ブラームスの3番か4番の冒頭のフレーズだったと思い、帰宅し4曲の交響曲の冒頭を各楽章毎に聴き比べました。
しかし、番組内で一度だけ聴いただけだったため、肝心のフレーズを忘れてしまい、結局わからずじまい(笑)。
結局開き直って、先日来聴いているメンゲルベルク指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウの演奏を聴いています。
番組を聴いていた時は、4番だと思っていましたが、今となってはもう分りません。
この演奏1932年5月10日の録音だそうですが、80年近く昔の演奏なんて思えない迫力あふれる演奏です。
こうやって改めて聴いてみると、このブラームスも1883年5月から8月の作曲だそうす。
つまり、ブラームスが作曲してから、この演奏までの時間は49年ですから、録音当時はまだ比較的新しい曲だったのでしょうね。
このメンゲルベルクのマエストロ・アパッショナートの中にマーラーの4番のライブ録音が収録されていますが、先ほど調べたところ、なんと欧米で録音された最初の録音だそうです。
尚、日本で1930年に近衛秀麿指揮、新星日本交響楽団の演奏が世界初録音だそうです。
因みにマーラーの4番が作曲されたのが、1900年ですから録音まで、30年も経っているわけですね。

MENGELBERG MAESTRO APPASSIONATO

尚、昨日の心房細動の影響もなく、今日一日元気に仕事に励もうと思った矢先デスクの上には、起動が途中で止まるノートやら多くの書類の山が残っており、一瞬でありましたが我テンションが相当下がったのが判りました。
ノートの修理の段取りを付け、午後には復旧まで持ち込み、親会社からの依頼文書をメールしたりし、残った仕事は、うっちゃって帰宅。
でもって、現状ブラームスにのめり込んでいる真っ最中(笑)。
スポンサーサイト



コメント

休み明けは何かと気忙しいのにノートPCが調子悪いのでは大変!
でも何とかなってよかったです。
体調も元に戻ってホッとしましたね。
ゆっくりお楽しみください。

Re: sage55さんへ

> 勤務先での仕事では、パソコン関係の雑用が一番大変なんですよ。
> 社内50台以上のパソコンを管理しています。
> これだけあると、毎日何処かのヤツが壊れます。
> 私個人のパソコンならご機嫌でバラしたりして、ご機嫌で楽しめるのですが、あくまで会社の重要なデータがいっぱい入ったパソコンです。
> 遊ぶわけにも行かず、保守業者さんのSEと協力して修理箇所を特定したり、段取りを取り持ったりと結構忙しいのです。
> 会社の皆さんは、パソコンというものを家電製品と同じように理解されており、パソコンと云う機械は凄く不安定で辛うじて稼動している事を承知してもらえません。

>某半国営放送局

ぱっと見たとき、お隣の某半島の国営放送かと思ってしまいました。北のあの国の。
でも、半国営とはいい得て妙ですね。うまい表現だと感心いたしました。
近衛秀麿さんって名前が気になって調べてみたら、
やはり近衛文麿元首相の弟になるんですね。
弟が日本のオーケストラのパイオニアだったとは
知りませんでした。勉強になるな~

Re: hanaさんへ

芋づる式に調べてゆくと結構面白いことがわかったりします。
近衛秀麿さんの演奏もyoutubeにアップされていますよね。
暫く前まで忘れられた音楽家のようでしたが、最近再び見直されてきたようです。
演奏のDVDも販売されているようですね。
シベリウスの交響曲第二番そして、ベートーベンの皇帝を園田高弘と共演した演奏が収録されているそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1474-ded34502


Powered by FC2 Blog