fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


昨夕、県立文学館からの帰路某大手リユースショップにて、1973年にリリースされたライブレコード井上陽水『もどり道』を105円で保護しました。
この手のレコードの場合、CD化されたものはイマイチ印象が薄いのですが、かたやレコードとなると話しは別。
しかも、ジャンク扱いのものは音飛び、スクラッチノイズの多さ等現在のCDしか扱ったことがない世代の皆さんには、ゴミなんでしょうね。
そう、ノイズも音飛びだって、40年前当時を偲ぶ味といったところでしょうか。

井上陽水もどり道

もどり道のレコード

CDでは味わえない、ましてやレンタルじゃねってそれは、ジャケットのデザインなんですよ。
外側はライブ会場の舞台と楽屋を表裏に載せ、見開きの中は『井上陽水うれいの年表』と題された昭和23年から同48年のライブ迄の彼の生い立ちが語られている。
特にA面の『人生が二度あれば』から『帰郷』は・・・・・。
スタジオ録音の傑作が『氷の世界』だとすれば、それと双璧を成すレコードは、この『もどり道』以外に考えられません。
「傘がない」から終曲の「星」そして「夢の中へ」・・!やっぱりこのレコードは、昭和の名盤と呼べる一枚。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは!

井上陽水さんは、随分聴きましたねぇ~!
『人生が二度あれば』『傘がない』『夢の中へ』は、もう40年前になるのですかぁ~。
今でも、鼻歌で歌えますよ~(笑)
私の部屋にも、古いステレオがあってレコードが、聴けます。
LP盤のレコードも30枚程残っています。
MKさん好みではないかも知れませんが・・・
「ザ・ビートルズ」・「クリス・ベッカーズのギター」・
「ベイ・シティ・ローラーズのメロディー」等など・・・
値段は¥2,500って書いてありますが、
40年前の¥2,500って高くないでしょうか?
今度、ブログに載せてみますねぇ~。

Re: こんばんは!

私が高校を卒業して働き始めた頃、もう40年も前になります。
当時レコードは一枚2,000円から2,500円もしましたよね。
先ほどポチった、バッハのカンタータ全集が72枚組のCDセットで8,060円でした。
一枚あたり、100円チョイってわけです。
国内盤はそうは行きませんが、廉価盤なら1,000円ぐらいですしね。
それを考えると良い時代になったものです。

こんばんは
井上陽水さんは同郷ということもあり今でもたまに聞いているんですが
これは僕が2歳の時に発売されてたんですね。。
知りませんでした。。
「傘がない」なんて最初聞いたときは軽くショックを受けました。

実は偶然にも昨日も今日も井上陽水さん聞いてたんです。
旅に出たいと思い深夜特急の主題歌になった「積荷のない船」を何回も聞いてました。

Re: タイトルなし

隊長様、m(_ _)m、勉強不足で『深夜特急の主題歌になった「積荷のない船」』って番組も曲も全く知らないのです。
テレビを余り視ませんし、視聴するのも、テレ東の『ワールドビジネスサテライト』や『モーニングサテライト』そして大河ドラマ『江』ぐらいってわけでして・・・・・。
私の年齢は陽水さんより、少し若いかな。
10代の終わりごろ、聴いていました。
車の中でも、カセットに録音した、氷の世界、センチメンタル、そしてこの、もどり道を聴いていました。
カセットテープがすり切れるようになるまで聴いていました。
なかなかレコードが高くて買えなかったからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1766-3ab2ee00


Powered by FC2 Blog