fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


一昨日ポチったCDがAmazonから届きました。
ヘルムート・リリング指揮シュトゥットガルト・バッハ・コレギウムの演奏。
全71枚組という凄まじき物。
これと他のバッハ作品が含まれる全集が172枚組ですが、そこまではとてもとても手がでませんし、手持ちのレコードやCDもあるので、今回はカンタータ全集で手を打ちました。
バッハのカンタータ、拙宅にあるものなレコードは、有名すぎるコラール、主よ人の望みの喜びよを含むBWV147番「心と口と行いと生命もて」程度なので、全曲が揃うのは楽しい限りです。
タダ、71枚という枚数が恐ろしさを募らせるのです。

バッハのカンタータ全集01

小奇麗なボックスに入ったCDですが、ジャケットはとても薄いので、先日ポチったバロックマスターピース60枚組よりだいぶ軽いようです。
そのため、曲目の紹介は全て2冊のブックレットと付属のCDロムに入っているようですが、日本語の表記はありません。
どうしてこんなセットを手に入れたかと云うと、いつもお邪魔している『はるりん』さんのブログ『日々こもごも ~Humoreske~』でバッハ全集をご紹介いただいたので、関連商品を探した処、このセットにお目にかかりました。
なんたって、価格の安さに釣られたと言って良いでしょうね。
さて、ハウマッチ?…‥‥ナント71枚組の全集が8,060円なんです。
一枚あたり、114円でお釣りがくるといった状況。
これは、凄すぎるですよ。
但し第二夜が、いつ頃になるかは不明ですし、全曲を聞き終わるまで私の命があるかどうか判りません(笑)。
取り敢えず第一枚目の 『カンタータ第1番「あしたに輝く たえなる星よ」BWV1』からBWV3までの3曲のカンタータ、女性による重唱がいいですねぇ。
当分楽しめるセット物のようですし、これは当たりです(笑)。
スポンサーサイト



コメント

ヘムルート・リリング

こんにちは。

ヘムルート・リリング。。
広島で入っていた楽団で指導をしてくれていた指揮者が、若かりし頃に指揮法を学んだ指揮者です。

なかなか日本では名前を聞くことは少ないですが、なんか嬉しいですね。

あのセンセ、ちょっと変でおもしろいお人でしたが、やっぱりリリングもそうだったのかな?とか考えてしまいます(^_^;)

楽しい気分にさせていただいて多謝です。

Re: ヘムルート・リリング

私がヘルムート・リリングさんの演奏と出会ったのは、1975年に日本コロンビアのDENONブランドで、PCM録音のサンプラーレコードが発売され、その中の第一曲目に入っていたトッカータとフーガニ短調BWV565を聴いたのが最初でした。
当時、バッハのオルガン曲の演奏と云えば、ヘルムート・バルヒャさんと相場が決まっていましたが、当時若手だったリリングさんの演奏が、デジタル初期の録音と相まって強い印象が残っています。

私もきいてます

 刺激を受けて、私も今「カンタータ1番」を聴いています。

 学生時代に2年先輩の音楽好きの方がいて、私はこの方からカセットにコピーをさせていただきました。記録はありませんが、カール・リヒター指揮かな?この方はなんとオープンのミュージックテープを持っていたのです。多分高音質と言うことでオープンのミュージックテープも発売されたのでしょうね。
 
 そんのことから私もカンタータはわずかながら聴きました。1・51・60・147・191といったところですね。

 三十年ぶりくらいかな、「あ、このへんは聞いた覚えがある。」といったところ。でも久しぶりのカンタータの雰囲気・味わい、ただいま終わりました。

書き落としました。私のところの録音の日本語訳は、

    「いとも美しい暁の星」

でした。

Re: 私もきいてます

オープンリールのミュージックテープ!、40年前カセットデッキを使い始めた頃、オープンデッキが欲しいと思っておりました。
テープスピードもトラック幅も全然勝負になりませんからね。
当時なら、アルヒーフ辺りの逸品でしょうね。
カールリヒター指揮ミュンヘンバッハあたりでしょうか。

おお~~71枚

いや~~、恐ろしいというか凄すぎるセット物ですよね。
私も172枚のすべてを聴きおわるまで自分の寿命が続くか自信がないです。
ブラームスBOXは完全に放置状態です。

Re: おお~~71枚

安い、凄い、以下2つの言葉に尽きます。
一枚目のBWV1を聴き始め、エライもんを買ってしまったと、喜びと後悔が一緒に来ちまいました。
ヘルムート・リリング一人でこれだけの仕事をしたとは、凄すぎますが、素晴らしい演奏です。
はるりんさんの方は、カンタータ以外100枚有るんですよね。
たいへんですが、楽しみもそれだけ有るってこと。
お体を労って、のんびりCDの山を一歩ずつ歩むことにしませんか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1769-e149cd7c


Powered by FC2 Blog