fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


昨日のことは、もう振り向かない!前を見据えた環境活動を考えましょう。
という訳で、今日は山梨環境カウンセラー協会として、以前掲載したように第14回甲府市環境リサイクルフェアに出展しました。

第14回甲府市環境リサイクルフェア裏
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。(以下の画像も同様です。)


ここ何年も私たちは、雨水利用の促進をテーゼの1つとして活動しておりますが、毎年このブースでは、雨水利用タンクと銘打ち、県内ワイン醸造業界から集めた輸入原料の容器をリサイクルして、雨水の利用を呼びかける目的のため極安価で頒布活動をしております。

雨水利用タンクを作ろう

約30本のプラスチック容器がリサイクルされました。
やはり3.11の影響が濃く、例年と打って変わるほど雨水利用を考える皆さんが多いようで、こちらで説明する必要が無いほど、我先に購入していただきました。

やまなし環境カウンセラー協会の出展

雨水を使う方法

雨水の集め方や利用方法、そして雨水を利用して「みどりのカーテン」を作り、その自動給水装置の実演と作り方の説明もありますよ。
ペットボトルやボトル缶の廃材を利用しただけの、優れものの自動給水装置です。

田丸さんのリサイクルクイズコーナー

こちらは、会長さんが私達環境カウンセラー協会メンバーの古紙回収業の田丸さんの出展風景。
簡単なリサイクルに関するクイズに回答すると、古紙をリサイクルした製品をいただけます。
長蛇の列で、昼過ぎには賞品がなくなっちゃうほどの盛況でした。

ソーセージもよく焼けます

こちら『NPOみどりの学校』さんも環境カウンセラー協会に属している方がおられますが、今日はソーラークッキングの実演。
大きな凹面鏡を使ったソーラークッカーでソーセージを焼いていましたよ。
今日は小春日和の青空、一日中おひさまの光に溢れ、ソーラークッカーは大活躍です。

パルシステムコーナー

こちらも私と一緒に「やまなしエコティーチャーの活動」をされているメンバーがいる『こんせんくん』で有名な「パルシステム」さんの出展風景です。
こちらも環境クイズをやってます。
だから皆さん田丸さんの袋と「こんせんくん」の袋をつるしていましたね。

美味しそう!

美味しそうな食べ物でいっぱい

会場の甲府市リサイクルセンターのフィールドは美味しそうな匂いでいっぱいになりました。
そして午後からは、皆さんお目当てのリサイクル自転車やリサイクル家具の入札抽選会が行われ大盛況です。
私達の雨水利用タンクの頒布会も午前中で全て払底するほどの盛況で、ソールドアウトとなってしまったほど。
やはり、3.11の際インフラの一部である水道が利用できなかったことも、雨水利用により多少なりとも緩和されたのを皆さん、ご存知なんでしょうね。


スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
大盛況ですね。
関心が深まってきているのでしょうね。
そういえば最近通っているクリニックで雨水用のタンク見かけました。MKさんのタンクってこれかなと思いました。こんどどんな利用法なのか聞いてみますね。

Re: あかちん さんへ

あかちん さん、コメントありがとうございます。
雨水は、天然の蒸留水と云われます。
空気中の水蒸気が天高く上り冷やされて露点以下になり凝集して水滴となって降ってくる水。
多少空気中の汚れなども入りますが、それは無視出来る程。
現在の都市では雨水も殆んど下水あるいは河川に入り、殆んど有効活用されずに海にもどります。
その一部でも貯水し、それを庭木或いは非常時の用水として利用する事により、上水の節減そして極論としては都市型洪水の緩和にも役立ちましょう。
又、上記のように非常時の水源としても先の震災の折も役立ったと聞き及んでおります。
雨水は全ての生き物にとって命の水です。
水道等インフラ整備の遅れている国々では、雨水が全ての水源となります。
私達も唯一自給できる資源として、雨水や雪などの降水を見直す必要があるように思う次第です。

ワーイ!

よかったです~sold out!
昨年はお世話になりました。思い出しながら見せていただきましたよ。
一緒に車まで運んでいただきましたm(__)m感謝です。
うちでも雨水タンクは二つとも大活躍です。
毎日水やりや掃除に使っています。
梅雨時は溜まって仕方がないので人力で水を運んでトイレに流していました。
ブドウの木も植えたいけれどこの辺りではなかなか難しいのか皆さん植えてもいつの間にかダメになってしまうようです。
毎年できるブドウの方がゴーヤよりいいのに・・・残念です。

Re: ワーイ!

こちらこそ昨年はお世話になりました。
お陰様で今年は、午前中にソールドアウトになりまして・・・・。
やはり震災の影響が色濃く残っているようです。
非常時に備え、雨水利用タンク、と思う方も多かったようです。
来年度甲府市と協働で、葡萄によるみどりのカーテン活動を行います。
葡萄の場合、収穫に目が眩み、肝心のカーテンが疎かになる傾向があります。
そこんトコロ!を気を付けましょう(笑)。

怪我の功名

震災の影響で、リサイクルという言葉の意味がもっと重いものになった気がします。
特に水に関しては人が生きていくうえで一番大切なものですから、雨水でも貴重に思えてきます。
言い方は悪いですが、取り組む人が多かったのは、怪我の功名だったのかも知れませんね。

被災して初めてリサイクルに挑戦する人もいるかもしれませんね。

Re: 怪我の功名

ほんとうですね。
今まで環境問題などに全く興味を示さなかった皆さんが、省エネルギー、4R、などについて真剣に考えるようになりました。
唯心配なのは、「怪我の功名」が長く続かず、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」になりかねない事ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1781-4b49e7e9


Powered by FC2 Blog