fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


政権与党の某大臣が言質を掴まれて更迭されそうです。
進駐軍基地問題に絡む暴行事件についての答弁で、詳しく知らないと答えたとかで、それを知らないのは、大臣としての資質に欠けるとか・・・・。
この話の元になった、某局長の発言にしても比喩が適切じゃなかったのでしょうね。
こんなことを書き込んでいると、私も袋叩きに遭いそうですが、言葉の使い方が難しいのは確かです。
ある皆さんにとっては、心地よい言葉でも別の皆さんには、耐え切れないくらい不快な言葉で有ることもあります。
そこまで極端ではなくとも、「それなりの立場に立つ者は言葉に気をつけろ!」だなんて、何か凄く怖いと思います。
ちょっとした言葉の弾みで、一国の行政府の頂点が右往左往するのは困り物。
私も時々、催事での挨拶やコミュニティFMに出させていただく際、色々な比喩を交えてお話しします。
特に自然保護関係で、細密な地名や字(あざ)、植物名、動物名等にまつわる話をする場合、現在では差別用語やセクシャルハラスメントに値する言葉を使わざるを得ない場合も結構あります。
例えば、「某沢の「◯岩」の語源が、いつも☓れているから。」(これじゃ意味不明)
そんな場合、一言断ってからお話するようにしています。
でも、逆にそれがお聴きの皆様に対し余計失礼なのかもしれませんけどね。
以前コミュニティーFMで地名についてお話ししたことがありました。
谷戸(やと)と云う地形の説明で、その放送の受信範囲に同じ名前の地名があるにも関わらず、言葉の受け取り方に拠ったら、とても失礼な言い回しを行った事に収録後気付き、訂正しようとしましたが、ディレクターさんに全く問題無いからと言われ、そのままオンエアーとなりました。
身も細る思いで苦情対応の心配しておりましたが、その番組に対する苦情は全く無かった上、逆に好評だったのか、予定外の再放送もされてびっくり。
結局不愉快だと感じたのは、その言葉を使った私本人だけだったなんて笑い話もありました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1801-46ed5f3e


Powered by FC2 Blog