fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


某半国営放送局朝のFM番組を車中にて聴いておりますが、先日気になった曲があり、甲府市のサンリンにNAXOS盤で、オーダーしました。
それを土曜日に取りにゆき、今日聴き始めた処です。

ショスタコービチ、シュニトケ、ピアノ五重奏曲
クリックして頂くと、大きな画像で御覧いただけます。
二十世紀のソビエトで活躍した二人の室内楽作品。
割りと保守的なドミトリー・ショスタコービチさんですが、第2楽章なんか、もう沈みこみたくなるような、静かで美しい曲。
第3楽章が割りと有名なようですが、元気が良くて明るくて、リズム感に溢れあんまり私好みではありません。
第4楽章もなんとも言いがたい風情を味わえる静かで、何処かに危うい感情を感じてしまう?。
第5楽章は、第4楽章では裏方に廻っていた?ピアノパートが前面に現れる舞曲風な味わいがする明るいフィナーレ。
うって替わって、アルフレット・シュニトケさん、第一楽章の美しいけど、悲しみのような響きを伴なう音楽。
第2楽章は、フランシス・レイの雨の訪問者を思わすような味わいのワルツ。
このピアノのフレーズすごく好きですね。
第4楽章の静けさ、そしてフィナーレのピアノが醸しだす雨だれのような・・・・・。
つい、こんな世界が有っても良いかな。なんて考えてしまう。
この曲好きです。
演奏は、フェルメール弦楽四重奏団とボリス・ベルマンのピアノに寄る演奏。
2000年の録音とのこと。
このCD当たりでした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1810-78f8e8d9


Powered by FC2 Blog