fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


笑い話

今日も勤務先のISO14001ネタ。
今日も勤務先のISO14001システムの内部監査を内部監査員の立場で行なっていました。
被監査部門は、製造現場です。
文書、記録、全て申し分ありません。
ここの担当課長は、真面目なので他の部署の様に多忙を言い訳に記録等を疎かにしていません。
教育訓練、緊急時対応テストもきちんと成されています。
ここは9001の方も、何箇所か文書の不備がありましたが、私一人だけで対応出来る問題だったので既にクローズしています。
後は、毒劇物や危険物の取扱いに関する監査のみとなり、『それじゃ、現場を見てみましょう』と云うわけで作業現場の保管庫の管理状況を確認しました。
MSDSや棚表、危険物表示、劇物表示もきちんと成されている上、5S3Tを実践しているので物品の保管状況も一目瞭然で先ず問題はない様子。
後は棚表と品物の数量が合っているかを確認するだけ。
施錠もキチンとされているので、鍵を開けるように要請しようとしました。
丁度扉の格子の間が空いていて、ここから手を入れて個包装された、劇物の洗剤の数量が数えられました。
『数は有ってるよね。大丈夫47個で間違いないです。』
個包装が出し入れできる程格子が広いので数えるのもすごく楽。
これじゃ鍵を開ける必要がなくて大助かり・・・・・・??????。
棚表の数とピッタリって、オイオイ、手にとって数が数えられちゃマズくない?????。
そりゃ、保管状況が一目で見えて良さそうなものだけど、これじゃ『劇物を持ってってくださいね。』だよな!。
業務終了時、建物に施錠するから大丈夫なんだろうが、もしもって事も有るわけ。
今まで誰も問題視しなかったのが不思議な保管庫。
鬼より怖い某外資系の認証機関の審査員や親会社の環境部や監査部のお偉方。
だれも気付かなかったのかな??。
そりゃ、鍵が掛かってるから大丈夫と思ったのかもしれないけど、扉の格子の隙間が広すぎる事、今まで誰も考えなかったらしい??。
勿論工務関係の部署に連絡し、直ぐに手が入らない様に扉を替える事を要請したのは言うまでもありません(笑)。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1818-063fe644


Powered by FC2 Blog