fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今夜の『なうディスク』は、アート・ファーマーのTHE TIME AND THE PLACE。

曲目は
1 The Time and the Place
2 The Shadow of Your Smile
3 One for Juan
4 Nino's Scene
5 Short Cake
6 Make Someone Happy
7 On the Trail

なうディスクは、THE TIME AND THE PLACE
クリックして頂くと、大きな画像で御覧いただけます。
タイトル曲のThe Time and the Placeが秀悦なのは勿論ですが、マイフェイバリットシングスは、3曲目A面最後のOne for Juan、冒頭のベースの弓曳が堪りません。
パーソネルは、
Art Farmer (tp)
Jimmy Heath(ts)
Cedar Walton(p)
Walter Booker(b)
Mickey Roker(ds)
1967年2月の録音

もういくつ寝るとお正月と云う理由で、お餅つきをなさる御宅も多いことと思います。
今を去ること昭和54年の暮、嫁を娶ろうと彼女の実家(農家)に始めて出掛けたのは、その餅つきの日でした。
12月30日でしたが、当時その実家では、義父の指示一喝の元、一族揃って餅つきの真っ最中でした。
この家の餅つきは凄まじく、近所でも評判の年末イベントでした。
なんたって、その後何年後に我が山梨の誇る地方紙『山梨日◯新聞』の家庭覧に掲載されたほどの規模。
彼女は6人兄弟の一番末の紅一点。
その義兄達から品定めをされるような訳でしたが・・・・。
まあ、彼女が我が嫁となっていると云うことは、一応彼等や義父の眼鏡にかなった???のでしょうね。
その義父や義兄の内一人も他界し、過去とは比べ物にならないほど簡略に行われています。
何年も経ちましたが、この暮を迎えると想い出す思い出です。


スポンサーサイト



コメント

餅つきの思い出

一度だけ、実家で餅をつくというイベントを見たことがありました。
最初で最後、いきさつも覚えている人はもういません。
父も母もみな他界しました。
思い出だけが残りました。
ありがたいことですね・・・

Re: 餅つきの思い出

嫁の実家や義兄の処では、今でも臼と杵で餅をついています。
30日の昼頃、つきたてを持ってきてくれるかもしれません。

懐かしい思い出

私が子供の頃、毎年12月30日には、父が一人でご近所の分もついていました~。
あの頃は、父も若かったし、たくましかったなぁ~。
父を尊敬してました。
その父が他界して7年になりますが
本当に懐かしい思い出です。

MKさんありがとう~今日改めて父を思い出しました。

Re: 懐かしい思い出

今も嫁の実家や義兄達の処では、おそらく今日30日に餅つきが行なわれるようです。
昔ほど派手ではありませんが、新しい年を迎えるイベントとして定着しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1825-aa1c5339


Powered by FC2 Blog