fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ


昨日の小出裕章氏の講演会でも述べられていましたが、現在運転中の原発を稼働させなくても充分電力は足りているそうです。
道理で危機感がまるでないのが判りますよね。
電気が足りなきゃ、いくらLEDに変えたところで無駄なイルミネーションも止めさせりゃ良いし、テレビ放送だって24時間放送してます。
リニア中央新幹線の実験も続けているようですね。
某国系金属球遊技場も大繁盛でしょ。
相変わらず自販機はコンビニだって24時間営業中。
ネオンサインも一晩中でもお咎めなし。
原発が無いと困るなら、自販機停めて、某国系金属球遊技場廃止、イルミネーションやネオンサインの電源落とし、テレビ放送即刻停波してラジオ放送だけ流しゃいい。
鉄道も最低限必要な本数だけ確保して運転するとかね。
エアコン使わず寒い思いするよりテレビを消そうよ。
今夜のBGMは、ハイドン作曲ピアノ・ソナタ全集からhob.16-1から6まで、ワルター・オルベルツのピアノ独奏で聴いています。
ワルターオルベルツ、ハイドン ピアノソナタ全集
今夜は省電力に徹しようと、ステレオではなく、AZオフロードで聴こうと思ってファイル形式でCDRに全曲を編集した物をパソコンに挿入して聴いております。
ベートーベンやモーツアルト、そしてこのハイドンでさえ、其々CDR一枚毎に管理できるのは便利この上なしですよ。
勿論私が個人的に使用するだけですから問題もありません。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは~
朗報です!
原発使わなくても電力足りてるなんてうれしい。
もし、少し足りなくてもあわてて稼動しないでほしいです。
慣れればいろいろ対応できるでしょうし。

Re: aaconee さんへ

原発無くても大丈夫らしいのですが、いずれ枯渇する化石燃料の代替えに自然エネルギーの活用が叫ばれています。
しかし、風力発電は騒音や落雷対応等の維持費の問題が多い上に立地的に難しいですよね。
太陽光発電は、以前このブログでも紹介したように大量の電力を必要とします。
しかも国内では採算が合わないので他国で原料を精製する始末。
その上その国の環境を悪化させるそうですしね。
いずれにせよ、今後電気を使わない生活をしなきゃ駄目みたいですよ。

こんばんは、MKさん

たしかに、「エアコン使わず寒い思いするよりテレビを消そうよ。」ですよね。
切りつめられる所はいくらでもありますよね。

でも、問題は簡単ではないのですね。
aaconeeさんへの返信にある大切な話も読ませていただきました。

また、おじゃまさせていただきます。

Re: こんばんは、MKさん

大阪の桐たんす職人さん、コメントありがとうございます。
ただ単に原発反対、即刻廃炉を訴える前にまず私達の暮らしをもう一度考えなおす必要もあります。
やっぱり無駄な電力の削減でしょうね。
原発が無くても電力不足は起こりません。
でも、テレビがついていないと寂しいなんて気持ち、忘れられませんか?。
最低限、まずテレビを消しましょう。

本当に東電と政府官僚にはいっぱい騙されてきましたね。
それでもまだ騙せると思っているのかな。
頼りにならない政治家は何とかならないのかしら・・・
出来るだけなんとか工夫して生き抜いていかないとね。

Re: sage55さんへ

地球温暖化二酸化炭素悪者説についても少し眉に唾を付ける事を考えた方が良いのかもしれません。
そんなこと書き込んでいると多分皆さんに叱られそうですけど、二酸化炭素が全て悪いって云うのは原発推進派なんですよね。
日曜日の小出さんのお話でも、そのことが触れられました。
確かに原発の利点として、発電する時は二酸化炭素を出しません。
でも、大量の二次冷却水を海に放流する際、半端じゃないくらい海水温を上場させている事も強調されました。
また、廃棄物処理やウラン濃縮の際も大量の化石燃料が必要であり、それの伴う二酸化炭素も大量に発生します。
兎に角、今使えるエネルギー源を少しずつ使って、いずれ使い尽くすであろう化石燃料等の代替えとして太陽エネルギーの活用を行う必要がありましょう。
でも、慌てて太陽光利用を推進すると、思わぬ環境破壊を伴う事が考えられます。
やっぱり、私達に課せられた義務として、省エネルギー、省電力に努める他ありません。
今年も頑張るしかありませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1839-dca6b1c4


Powered by FC2 Blog