fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


もう滅茶苦茶。

一応勤務先では総務部に所属しております。
総務ったって、経理が出来るわけもなく、唯の雑用?(俗称庶務)と云った仕事が主なこと。
パソコンのご機嫌取りがその仕事の殆どを締めるわけ。
パソコンや社内システムには、各帳票類が憑物ですが、それをプリントアウトするのはレーザープリンターのお仕事。
経費節減の折、プリンターのトナーも高価な純正品等使えるはずもなく、少しでも安い納入業者さんを選んで発注します。
このリサイクルトナーの業界も熾烈を極めているようで、年初から数社の営業さんが「見積もりを作る」とおっしゃり色々なご提案がありました。
今まで長く付き合ってきたリサイクルトナーの業者さんの半値近くで、納品出来ると云った新規業者さんまで有る始末。
状況を考えるために返事を伸ばしていたら、向から更に値段を下げる始末。
コレじゃ本邦のデフレ克服は絶対無理だと思った次第。
計算すると一番安価な業者さんに発注した場合、年間の支払金額が十数万円削減できるのですから凄いですよ。
リサイクルトナーなので、時々クレームも起こりますが、それも満足のいく解決が成されるため安心しておりました・・・・・ここまでは!。
ブルックナーの一枚目
今夜のBGMは、アントン・ブルックナー作曲交響曲第一番ハ短調。
パーテルノストロ指揮ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。
メチャ安の11枚組超廉価版ブルックナー全集です。
昨夜から聴き始めている一枚目のCDですが、安かろう悪かろうじゃなく、安心して聴くことが出来る立派な演奏。
残響も心地良い演奏です。

本題に戻ると、型番や性能こそ違っても同じトナーが使える様に考えた我が総務棟に設置したプリンターと遠い別の現場事務所のブリンター。
なんとほぼ同時にトナー切れを起こした次第。
まあ、想定内の事ですから両方に使える様に、交換用トナーもリサイクル品ながら2つ用意してあります。
先に総務のトナーを入れ替え、次に現場のトナーを入れ替えた処、そちらのカートリッジが入らないのですよ。
どうも微妙に形が違うようです。
仕方ないので、現場に大丈夫な方の新しいカートリッジを納め、総務用は僅かに残ったトナーを使うべく禁断のカートリッジを揺すりつつ使う有様。
もちろん業者さんにはクレーム処理を依頼するが、発注しておいたトナーカートリッジもダメだったら困る理由で、原因究明を求める次第。
3時間程経過してから回答が入りましたが、トナーボックスの取り付け位置を間違えて送って来たようです。
明朝一番に発注しておいた新しいカートリッジと代替えのカートリッジを送って寄越すことで、承知した次第。
一応オトナなので、コレ以上文句も言いませんが、明朝マトモなカートリッジが手に入るか否か、それが一番の問題。
その回答を得るまでの時間の長かったこと。
その間に、昨日のISO9001の品質システム会議の議事録を作り上げ、ISO14001環境システムに関わる残務整理として、新事務局さんに環境会計の手順の説明(私だって昨年一度やっただけ)したりと大忙し。
何とか段取りをつけ、帰宅途中で某珈琲屋さんでニカラグア系のスペシャルティ豆を100gハイローストにて購入しつつ、焙煎を待つ間マンデリンをいただき人心地。
嫁が風邪を引いたので慌ただしく子供らと夕餉を囲み、シティーローストしたキリマンジェロAAを大きなマグカップで飲みながら、このブルックナーの一番を聴いている次第。
良くも毎日々々イベントが続くと思うと、情けないやら楽しいやらと複雑な心境。
『皆で寄ってたかって私を虐めているのかい?』って、言いたくもなりますなぁ。
スポンサーサイト



コメント

こんばんわ。
お疲れ様です。なんだかとっても難しそうなお仕事ですね(◎o◎)

イルガチョフの件ですが、ワイルドさんはまだ在庫があるみたいなのでよかったら検討してみてはいかがでしょうか。
現在扱っているのはG2ですが、近日G1も入荷予定のようなので私たちも楽しみにしています。

残響

こんにちは。

パーテルノストロ/ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団のブルックナー全集は僕も持っています。

教会で録音されたようですが、残響が豊かながいいですね。ブルックナーにとって残響の長さというのは大事な要素なんだなと思わせる録音だと思います。

Re: タイトルなし

兎に角当方高等教育なんて洒落た学問は受けておりませんので、難しいことは苦手です。
されど齢60も近づくとソレナリに世の中見えて参ります。
一応パソコン関係にも年季のみ入っておる関係で、色々こき使われている訳です。
唯、相手が修士さんや博士さんになる事もあり、根性と勢いだけで仕事をしております(学問では絶対勝てません。)
現在ご近所の『煎豆屋』さんのご主人にお願いして、モカイルガチェフも分けていただいています。
今後の入荷見込みが立たないそうで、ご主人も困っていらっしゃいます。
とりあえずもう少し備蓄を増やそうかな。なんて悪巧みを考えておりますよ。
某珈琲問屋さんは200グラム以上モカと名の付く豆を売らないそうです。

Re: 残響

兎に角、この全集ですが、ライブとも思えない程の良い録音ですね。
おっしゃるとおり、凄い教会と云うか大聖堂で行われた演奏会の録音のようです。
唯、拍手の音が寂しいので、録音目的にライブ風に演奏しているのかもしれません。
何処かに、この録音が成された大聖堂の画像があったと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1897-e88412e3


Powered by FC2 Blog