fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


D76知ってる人、ったって多分皆無かな。
云わずと知れた、コダックのフィルム現像液の元。
イーストマン・コダック社のコーポレッドカラーたる黄色(本邦富士フィルムなら緑色)の粉末が入った袋。
これを水に溶かして(溶解温度も規定されていますよね)白黒フィルムの現像に使いました。
浸漬時間と現像薬液の濃度により色々遊べましたね。
特に天体写真を撮影するに至っては、その描写力がそのものが合成さにより、増感現像が可能と云った今では全く顧み得ない様な作業が在ります。
赤外線写真に必須な『ハイスピードインフラレッド』なんてネガフィルムもありまして、流星観測用に常時36EXが拙宅の冷蔵庫に保存されていました。
今を去る40年以上昔の事でしたが、この部屋の押し入れの奥には、D76の元となる粉末状薬品をはじめ、イーストマンコダック社や富士フィルム社の現像薬品が保存???されています。
もはや文字通り、前世紀の遺物そのものかも知れませんけどね。
でも、うわさに聞く天文ガイド等の投稿写真等には増感CCDだけでなく旧来のフィルムによる増感現像も多いようです。
ほんでもって、オマケ。
孫の食事中お邪魔してパチリ。
大人びてるけど、未だ生後9か月なんだよ。
お食事中ごめんねって今日の孫
クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
寝顔はさらに可愛いと、好々爺は言う(笑)。
オヤスミ
完全に好々爺と化しているアナログな年寄りです。
コダック社も無くなっちまったけど、コダクロームやハイスピードインフラレッドなんてフィルム、ダイジョウブだろうか??。
スポンサーサイト



コメント

赤ちゃんの寝顔って皆、撮りますね。
愛情の感じられる1枚ですね。

確かコダクローム、アメリカのコダック以外の会社が現像していたのですが、数年前、現像薬品が無くなって終了と思いましたが、、、少し残念ですが、考えてみれば自分もフィルムカメラ使ってないし、時代なんでしょうか。

Re: orthoさんへ

孫の寝顔は可愛いです。
話には聴いていましたが、孫がこんなに愛おしく思えるなんて、考えても見ませんでした。
他のポジフィルムと違い、コダクロームは特殊な処理をする関係上、もう駄目なんでしょうね。
私も以前使っていたカメラ一切合財を二男に渡しましたが、彼も銀塩からデジタル一眼に乗り換えたようです。
廃業した写真店から貰ってきたと思われるフィルター類、フード類が大量に、昨日片付けた燃えないゴミの袋に入っていました。
町の写真店が廃業に追い込まれるのも時代なんでしょうね。
使い難いですが、取り敢えずコンパクトデジカメで充分と割り切り、メモがわりに使っています。

成長速度が。。。

こんばんは。
どんどん大きくなって行くお孫さん、どれだけの細胞分裂があるのか。。。天文学的な数字と速度ですね。
コダックのフィルムなどは、どこかで作り続けられるのでしょうか?それとも在庫が無くなった時点でお終いなのでしょうか?
でも誰もコダック社が消えてしまうなって予想していなかったでしょうね、10年位前は。。。

Re: 成長速度が。。。

我が孫は、元気に成長しております。
割りと大人びている顔立ちなので、成長著しく感じますが、体重その他は平均値だそうです。
早く一緒にお散歩がしたいと思っています。
取り敢えず、コダック社は連邦破産法第11条による救済を申請したそうで、破産したけど倒産には至っていないそうです??。
どう違うのかよく判りませんが、取り敢えずフィルムの製造は続けるとの事。
しかし私が昔好きだったコダクロームは、既に製造も処理も終了しているそうです。

会社再生

こんばんは。
倒産だと消えてしまうけれど、救済申請だとこれから会社再生に取り組むと云うことでしょうか?!
時の流れに乗り遅れると怖いですね。

Re: 会社再生

コダックの場合、企業的に大きすぎたのかも知れません。
本邦の富士フィルムさんは、遠に銀塩に見切りを付け、インクジェットプリンター用インク用顔料メーカー最王手を傘下に置き、化粧品他、今までのノウハウを生かした戦略に打って出ております。
つまり、インクジェットプリンターとデジカメが、銀塩フィルムと取って代わろうとしていますが、そのタイミングを上手に抑えたようです。
方や、イーストマン・コダック社は、銀塩フィルムは無くならないと過信しすぎたのかも知れません。
但し、デジタル技術がいくら進もうとも、プロ用はやはり銀塩フィルムが未だ主流です。
コダック社を破綻させると、映画業界やプロカメラマンが困っちゃうわけ。
多分何処かが救済しなきゃなりませんね。
でも、今やコダクローム(史上最高のカラーポジフィルムだと私は思う)が使えないんじゃ、意味ないと思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1910-1352bec8


Powered by FC2 Blog