fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ


早春の谷間より

重い足を銀輪GTアバランチェに託し、久しぶりのご近所フィールドワークに出掛けました。
其処此処に新しい道路が建設中です。
そんなわけで里山もすっかり見違える様になったお陰で、我がご近所フィールドもこれじゃ視界が広がりすぎて彷徨う????事にならないよなぁ。
冬将軍が未だ頑張っちゃってる圃場整備事業で綺麗になった田圃の法面、在来種のタンポポやスミレ(根性が無いので同定しません(笑)。)が春を告げています。
スミレがいっぱい
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます(以下同様)。
タンポポ在来種
お日様からは春の日差し、でも寒いのか野草たちは背を低くして強風に耐えています。
雑木林は冬の装い
溜池の上に広がる谷間の雑木林、此処はまだ冬ざれた装いでしたが、此処は強い風が入って来ないので春の日差しが降り注ぎます。
葉を落した木々の合間には、忘れられてしまった昨年の野草達のドライフラワーが残っていました。
コウヤボウキのドライフラワー
コウヤボウキとイチヤクソウのドライフラワー。
イチヤクソウのドライフラワー
イチヤクソウのドライフラワーなんて、後二ヶ月もすると今年の花が咲くはず、それがまだ残っているとは思いませんでした。
ウスタビガの繭
北風に吹かれ落ちてしまったウスタビガの繭も緑色が綺麗ですね。
シュンランもそろそろ目を覚ます頃。
シュンランが咲いたよ
枯葉の中から緑色のシュンランの葉を探し根本をよく見つめると、小さいけれどまだ可愛らしい小さな花が咲き始めています。
やっと春が来たんだね。
スポンサーサイト



コメント

そろそろMKさんの秘密の花園には、可憐な「スプリングエフェメラル」たちが咲き出すころですね。福島は今日も小雪混じりの寒い一日でした。風も真冬のままに冷たく、今年は春の訪れが少し遅いようです。悪戯な春の陽気にお風邪など召しませんよう、どうぞお気を付けください。

Re: fragile28さんへ

我が秘密の花園は、勤務先の隣にあります。
秘密なんて言っても、結構近隣の野草好きには知られている様子。
昨年カタクリは咲きませんでしたが、アズマイチゲは見つけました。
今夜こちらも雪が舞っていて、寒い夜を迎えています。

冬と春

春と冬のせめぎ合いが続いて・・・
そろそろ冬が消えて行って春が元気を取り戻しているような、そんなきわどい時期になりましたね。
微妙なこの時期はソワソワ。
こちらもそろそろかな。

Re: 冬と春

sage55さん、コメント有難うございます。
昼頃、谷間の陽だまりは春の息吹を感じることができましたが、谷間から出たた途端、八ヶ岳颪に吹かれしっぽを巻いて退散。
日が沈んだ後、とうとう雪まで舞って来る有様。
もうすぐ4月になろうとしていますが、まだまだ冬の名残りは残りそうです。
シュンランの花も首をもたげてきましたから、来週辺りアズマイチゲの自生地を訪ねようと思っています。
でも、山梨ローカルニュースでは、まだザゼンソウが見頃だなんて言ってますから、今年の春は例年よりも相当ゆっくりやって来るようです。

春の花

こんばんは。
スミレ、タンポポ、シュンラン、、、春ですね。
森の木々もこれから緑の芽を出し始めますね!

Re: 春の花

yokoblueplanet様コメント有難うございます。
まだ葉を落したままの梢でも、冬芽がだんだん膨らんできています。
早起きのスミレ達やタンポポに混じって林床のシュンランの花芽も顔を上げました。
もうすぐ谷戸では、アズマイチゲやカタクリが可憐な花を咲かす頃。
ソメイヨシノが咲き誇り里の春は、いっぺんにやって来ます。
こちら山梨では桃の花が咲き始め、文字通り桃源郷が現れます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1915-3a05eaaf


Powered by FC2 Blog