fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


昨年6月末に購入した全60枚組のバロックマスターワークスが重く伸し掛かっています。
久しぶりにリュートなんかどうだろうと、ジュリアン・ブリームがギターで弾くバッハリュート組曲を聴くことにしました。
ジュリアン・ブリームのバッハ
先ず、リュート組曲第一番BWV996です。
プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ブーレー、ジーグと云った、バロック音楽おなじみの舞曲形式。
難しい事なしに共感するというか楽しめます。
いずれも哀愁が漂うけれど、それ以上重くならず安心して聴いていられる。
全く知らないメロディーじゃなく、何処かで聴いたことがある旋律ばかり、多分色々な楽器で演奏される機会が多いからでしょうね。
それはそれで良いと思いますね。
バッハの時代は現在程難しい事を云う音楽愛好家も居なかったでしょうから。
組曲第二番BWV997は、プレリュード、フーガ、サラバンド、ジーグと云った構成。
第一番程有名じゃないかもしれませんが、より温かみのある曲想。
フーガなんか何故か分かりませんが、心に染みるように感じてしまう気がしてきます。
これら、リュート(ギター)独奏曲の後、リュートととハープシコードによる編曲でトリオ・ソナタ第一番BWV525と第五番BWV529も収録されています。
オルガン演奏による重厚さとは比べ物になりませんし、明るいこんな演奏も有りだなって思いますよ。
スポンサーサイト



コメント

MKさん こんにちは・・・。

こちらこそ訪問ありがとうございました。
MKさんの多岐に渡る活動にびっくりです・・・。笑)

これからもたびたび訪問させていただきたいと思います・・・御迷惑かもしれませんが・・・。笑)

こんばんは!


60枚組とは、凄いですねぇ~。
10枚組でも聴くのが大変ですのに・・・。
クラシックは、さっぱり分かりません~。
ごめんなさいねぇ m(__)m

それでは、少し早いですが おやすみなさい!

Re: ひげ さんへ

やはり蝦夷鹿も、積雪量の減少が増加の一因ですか、当地の鹿さんに対しても同じと見る見方が大きいようです。
定説では、大正時代ニホンオオカミを駆逐してしまったのが、鹿が増えすぎた原因とする見解が多数をしめておりますが、私的に、やはり降雪量の減少が鹿さん増加の本命と考えています。
したがって、狼の導入には反対しております。
いずれ降雪量も増加に転じ、バンビちゃん達が困っちゃう日々の到来を待ち望む昨今。

Re: こんばんは!

バッハのカンタータだけを網羅した71枚組の全集も私に聴かれるのを待っております。
その他、シューマンの全集、ハイドンとモーツアルトの交響曲全集。
リストとシューベルトのピアノ音楽全集、他多数の箱物CDの山がうず高くそびえており、人はそれをミチョランマ(未聴の山)と名付けているとか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1943-4c459f82


Powered by FC2 Blog