fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


我が山梨県も関東甲信地方に属するため、本日めでたく梅雨入りです。
なんでめでたいかって云うと、当地で水の源たる雨がたくさん降るのは、この梅雨と台風シーズンに限られるのです。
すなわち、この季節が無いと年間の降水量が減ってしまい、ひいては農作物ばかりか、地下水まで減ってしまうわけ。
朝方まで降っていた雨が上がりどんよりとした曇り空。
脚ごしらえさえ問題なければ、ご近所フィールドに繰り出すのですよ。
今日の獲物は、イチヤクソウ。
目星をつけて置いた株を探しますが、新たに何株か花芽を付けているものを見つけ嬉しい誤算。
イチヤクソウが咲きました
クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
独特な模様の葉っぱと、長い花茎に咲くかわいらしい??花。
特殊な菌根を持つため、昨今めっきり減ってしまった里山の植物です。
変わった風情があるので、山草愛好家に狙われやすい事も減少した一因だとか。
前述のように一度覚えたら忘れないような葉と花茎の先のまるい花。
雨が降らなかったら明日もう一度探そうね。
今日も元気だよ
里山から戻ると長男一家が来ていました。
そこで孫の画像を掲載しちゃいましょう(笑)。
少しだけだけど、歩けるから雨なんかに負けないよね。
スポンサーサイト



コメント

MKさん おばんです。

イチヤクソウ・・・初見です。

ベニバナは十勝で見た事があるんですが・・・先日、タケシマランの名前が出てこずに、ネットのお世話になりました。どうやらエゾタケシマランだった様です・・・。
お孫さん めんこいですね・・・羨ましいです・・・。笑)

Re: ひげ さんへ

ひげ さん、こんばんは。
ここ山梨にもベニバナイチヤクソウの自生地が在りますが、拙宅からは一時間程掛る芦川のスズラン畑周辺にあります。
今日ご紹介したイチヤクソウは、里山に咲くのですが、ご多分にもれず昨今殆ど見つからなくなってしまいました。
この里山も新しい道路を作っている関係で、何時このような植物が消滅するのかわかりません。
特に根菌と共生するようなラン科植物やイチヤクソウ科の植物は、植え替える事も出来ず消えゆくのみとなります。
お陰さまで、初孫も一歳を過ぎ毎日一歩ずつ歩く歩数が多くなりました。

イチヤクソウ

イチヤクソウ、こちらでもそろそろです。
期待していたのは終わっていて、別の株は来週ごろかしら・・・楽しみですね。
お孫さんも楽しみですね。
とろけていますね。

Re: イチヤクソウ

イチヤクソウが咲いている里山ですが、お伝えしているように新しい道路が、その真ん中を突っ切っています。
これからどの様な変遷を辿るか心配でなりませんが、それも自然の成り行き(私達の生活も自然の一部と考えます)。
そんな里山の環境を替えるような私たちの暮らしも、又新しい意味での里山の暮らし?になります。
私達が生活している以上、その生活の場が喩え都市化しょうと静かに見守ってゆくしかありません。
声高に『環境破壊』と蔑むより、他の生き物と同じようにそれに順化すべきと考えます。
それも孫達次代を担う子孫たちにとっては『故郷』なんだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/1994-ccca1eab


Powered by FC2 Blog