fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


勤務先では、ISO9001システムの内部監査です。
私がISO9001システムの事務局を仰せつかっている関係で、管理責任者の専務さんと並んで神妙に内部監査員から監査を受けました。
内部監査員は、我社のISO9001システムと14001システム双方を構築した程の凄い人。
私は彼の部下として両システム構築の下働きを務めていましたので、まぁ、同類??の好。
無理難題の質問に対し、品質マニュアルその他の文言の正当性を主張しなくてはなりません。
9:00から昼食を挟んで13:30頃までと、専務共々完膚なきまで虐められました。
CARは2件程、オブザベーションも少しぐらいですが大したことはありません。
来月月初には、専務と同行して長野県の事業所を二人で内部監査員として監査を行います。
今夜もBGMは、ベートーベンのピアノソナタ。
第7番と8番『悲愴』そして、31番を収録した、アンネ・オランドさんのピアノ独奏。
少し硬質ですが、好きな演奏です。
今日、勤務先に近いアメダス観測地点では、最高気温28℃オーバーでしたが、仕事場の南側に大きな欅の並木が並んでいて、木陰が屋根全体を覆っています。
そのため、窓を開けておくだけで涼しい風が通り、終日寒がりな私は冬の作業服を着ていました。
ここを通りかかった工場長、「新しいエアコンは、涼しいね」なんて、先週末に新型の省エネ型エアコンに取り替えたから、その事を仰る。
「エアコンなんか使わなくても寒いくらい」って言ったら、驚いていましたよ。
やはり落葉広葉樹の威力はすごいですね。
コレじゃ『みどりのカーテン』なんて真っ青。
冬だって全ての葉が落ちるので、ガラス越しに陽が入り汗ばむほどになります。
やはり昔から、建物の南側に落葉広葉樹を植えるのは、省エネの基本中の基本。
晩秋の落ち葉掃きが少々辛いですが、それも季節の変わり目を肌で感じる良い作業。
スポンサーサイト



コメント

おはようございます。

大きな落葉樹が南側にある効果は、我が家も実感してます。
うちのマンションの南側に桜の並木があるのですが、
そのおかげで、冬は家の中に日差しがよく入り、
午後3時くらいまではポカポカとして暖房は要りませんし、
夏も、葉が生い茂り、真昼になるまでは、エアコンなしでもいられます。
緑のカーテンでは、家の中が暗くなってしまうと聞いていますから、
南側に落葉樹があるほうが、明るさという点でも効果があるのかもしれないと最近感じています。
季節の変わり目がよくわかる点でも、気に入っています。

ヴィヴァルディのチェロは、私はよく知らないので、
今度MKさんのお勧めの曲を聴いてみたいなと思いました。

Re: りーさんへ

家の南と西側に落葉広葉樹を植えるのは、四季が在る本邦では、昔からの習いでした。
落ち葉は、堆肥の元ですし全く無駄がありませんでした。
落ち葉をごみと考えるようになった都市化とアスファルト舗装が、都市温暖化強いては都市部の洪水の元凶と云っても良いのではないでしょうか。
もう一度、季節と同化した暮らし方を考えるべきではないでしょうか。
ヴィヴァルディのチェロ関係音楽がこれほど多彩とは思いませんでした。
どうしても四季のイメージから抜けきれないようです(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2012-feb32107


Powered by FC2 Blog